つみたてNISAのポートフォリオの決め方を徹底解説

毎月の積立投資で年間40万円までの運用で得た収益が最長20年間非課税となるつみたてNISAが2018年1月より開始してから、2019年1月で約1年となりました。つみたてNISAは貯蓄と同様に一定額を積立て運用できますが、多数の運用商品がある中、どのようにして銘柄を選べばよいかわかりづらいと感じている方もいらっしゃいます。今回はつみたてNISAで運用する場合のポートフォリオの決め方を解説します。

積立の運用に特化した「つみたてNISA」

つみたてNISAとは、投資信託や上場投資信託(ETF)を毎月一定額積み立てて運用する場合において、年間40万円までの収益が最長20年間非課税となる制度です。

通常のNISAにおいても投資信託の積立投資は可能ですが、毎月3.3万円までの運用であれば、つみたてNISAを活用したほうが非課税期間も長く、非課税となる金額も最高800万円までとなりお得に運用が可能です。

さらに、つみたてNISAは金融庁が定めた一定の要件を満たす投資信託もしくはETFのみが対象となっており、購入手数料が無料であることや、毎月の運用手数料である信託報酬が一定以下であることなど満たす必要がありますので、長期的な運用を行う上で最適な運用商品が選べるのもメリットとなっています。

対象のつみたてNISA運用商品については以下の金融庁が公開している資料を御覧ください。

つみたてNISAの対象商品

つみたてNISAの詳細については以下の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

2018年1月より、投資の税優遇制度として新たに「つみたてNISA」がスタートしました。つみたてNISAでは投資信託や上場投資信託(ETF)の積...

まずはご自身のリスク許容度を考える

つみたてNISAの運用においてポートフォリオを決める場合、はじめにご自身のリスク許容度を考える必要があります。

例えば、高いリターンを求めたい場合は、高いリスクを取る必要がありますので、株式に占める割合を高くすることができます。そのため、ひふみ投信といった一定以上のリターンを求めて運用を行っているアクティブ型の投資信託を選ぶことができます。

一方で、収益はそこそこで良く着実に運用していきたいという場合は、リスク許容度が中程度となりますので、株式と債券の比率をバランスよく組み入れることができます。そのため、複数の資産をバランスよく組み入れているバランス型の投資信託が選択肢となります。

一方で、リスクはほとんど取れないといった場合はリスク許容度は低くなりますので債券の割合が高い投資信託での運用が中心となります。

リスク許容度の判断の仕方

一概にリスク許容度と言われてもあまりわからない方も多いかと思いますが、リスク許容度を判定する上では、ご自身の年齢や金融資産の状況、生活状況などによってリスク許容度を判断できます。

1.年齢

リスク許容度を判断する上では、年齢が重要な要素となります。運用開始時の年齢が若ければ若いほど、生きている時間が長くなりますのでより多くのリスクを取ることができます。そのため、長期的な視野で考えると、年齢が若い場合は株式を中心に運用している投資信託を選ぶことができます。

逆に、年齢が高く定年も近いといった場合は、リスクを多く取ることができませんので、債券や不動産を中心に運用している投資信託を選び、安定的な現金を生む資産を中心に運用がおすすめであると言えます。

2.金融資産の状況

手持ちの金融資産がどれくらいあるのかによってもリスク許容度は変わってきます。預貯金が多くある方は、多少の資産の変動によってのダメージは少なくなりますのでリスク許容度は高く取ることができます。

一方で、預貯金が少なければ、資産価値の変動によるダメージは大きくなるほか、万が一、多額の資金が必要になった場合、運用中の投資信託を現金化する可能性も出てきますので、価値の変動が激しい運用商品は避け、債券などを中心とした運用が向いているといえます。

3.生活状況

生活状況についても十分に考慮する必要があります。まず、仕事をしているかしていない(定年退職などで引退している)か、結婚しているか独身か、住宅ローンの返済があるか無いか、お子さんが居るのか居ないのか、など他にも考えられる要素はありそうですが、これらがリスク許容度を判断する上での生活状況であると言えます。

仕事の有無については、仕事で定期的な収入があればその分資産価値の変動リスクを固定収入で補えますのでリスク許容度は高くできます。一方、定年退職などで収入が下がった場合は大きなリスクは確保できません。

また、結婚の有無についても同様で、独身であればある程度のリスクは取れますが結婚後は生活などにお金を使う機会が増えますのでリスク許容度は少し低めとなります。また、住宅ローンの支払いがある、子供の教育費が必要になるなど、お金を使う機会が増える場合は、リスク許容度を少し下げて中程度の運用がおすすめであると言えます。

NISAにおすすめな証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が430万口座を誇るネット証券です。NISA口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。また、投資信託のノーロードファンドは2018年10月時点で1335本取り扱っています。

近年では、低金利状況が続いていることや将来に向けた向けた運用の重要性が叫ばれている中、株式や投資信託を活用した運用ニーズが高まっています。株式や...

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券で、楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!また、ノーロードの投資信託は2018年10月時点で1335本取り扱っています。

近年では投資の重要性が叫ばれている中、投資を始めたいと考え証券会社への口座開設を検討している方も多いかと思います。証券会社の中でも楽天グループの...

楽天証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、国内だけではなく、米国の個別株の取扱いが豊富であることから、国内だけではなく米国株式市場にも幅広く投資したいと考えている方におすすめです!NISA口座での買い付けにより国内のみならず海外のの売買手数料が無料で取引可能です!ノーロードの投資信託は2018年10月時点で722本から選べます。

マネックス証券は、インターネットでサービスを展開しているネット証券です。国内の株式や投資信託はもちろん、米国や中国など海外市場に積極的に投資した...

マネックス証券公式サイト

松井証券

https://www.matsui.co.jp/

松井証券は創業100年の歴史と実績を持つ証券会社で顧客中心主義をモットーに顧客のことを第一に考えたサービスを創業以来提供してきました。NISAでの取引手数料が無料で利用できる他、投資信託は松井証券が厳選して選んだ低コストで運用できるものに加え、ブル・ベア型の投資信託を除き556本がノーロードファンドとなっています。

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要になります。今回紹介する「松井証券」は、派手な宣伝はしていませんが実績が100年以上と長く、インターネ...

松井証券公式サイト

関連記事

子供の将来の教育資金はどうする?ジュニアNISAでの運用がおすすめ!

少額投資非課税制度(NISA)で長期投資に不向きな株式銘柄の特徴とは?

少額投資非課税制度(NISA)を活用した投資で金融機関の選び方を解説

つみたてNISAと確定拠出年金(iDeCo)はどちらで運用すべきか?

2019年よりNISA口座開設と取引がすぐに出来る「簡易NISA口座開設」がスタ...

2018年1月よりスタートした「つみたてNISA」とは何か?制度概要を徹底解説