ウェルスナビやTHEOで特定口座年間取引報告書の入手できるのか?入手方法を解説

確定申告の時期が近づいてきました。1年間の運用実績を元に確定申告を行う方も多いかと思いますが、ロボアドで運用した内容についても、運用収益があれば場合によって確定申告が必要になります。今回は、確定申告の際に必要となる特定口座年間取引報告書の入手方法を解説します。

ウェルスナビやTHEOでも特定口座年間取引報告書の入手は可能

ウェルスナビTHEOといったロボアドを活用して運用を行う方が増えています。ただし、毎年確定申告している場合の他、外国税額控除を適用する場合、口座そのものを解約して売却益が得られた場合、他の証券口座と損益通算を行いたい場合、繰越控除を適用したい場合など確定申告を行う必要があります。

確定申告はロボアドでの運用も例外ではなく、ロボアドで得た売却益や分配金なども確定申告を行うことで税額が控除される場合がありますので、確定申告についてもしっかりと確認しておく必要があります。

ただし、確定申告を行う場合は、通常の証券会社であれば口座種別に特定口座を選択していた場合、翌年の1月下旬頃に「特定口座年間取引報告書」が郵送されます。

ただ、ロボアドでは特定口座年間取引報告書の郵送はありませんが、「特定口座年間取引報告書」そのものの入手は可能で、確定申告を行いたい場合でも安心して利用できます。

ウェルスナビやTHEOといったロボアドを使って自動運用を行う方が増えています。この時期になると確定申告に向けて準備をし始める時期となりますが、は...

マイページより入手可能

ウェルスナビTHEOでは、特定口座年間取引報告書については郵送では行っておらず、マイページよりPDF形式でダウンロードして利用する形となっています。

ウェルスナビ

ウェルスナビの場合は、ウェルスナビのホームページよりログインを行い、メニューより「取引履歴」を開き、下部にある「電子交付サイトへ」のリンクをクリックします。

ウェルスナビは1月中旬移行に電子交付サイトにてPDF形式で交付されます。

THEO

THEOの場合は、THEO公式サイトのマイページにログインし、右上のメニューより「運用報告書類」をクリックします。THEOの特定口座年間取引報告書の交付時期は毎年第一営業日となっております。

郵送での請求も可能

確定申告を行う場合、電子申告(e-TAX)であれば申告内容によって特定口座年間取引報告書の添付が省略される場合もありますが、原則として「特定口座年間取引報告書」の原本を添付する必要があります。そのため、本来でれば郵送で原本が送られる必要がありますが、郵送で特定口座年間取引報告書の原本を希望する場合は、郵送での請求も可能となっています。

ウェルスナビ

ウェルスナビの場合は、お問い合わせフォームより、ご自身の名前と特定口座年間取引報告書の郵送を希望する旨の内容を記載して依頼を行います。依頼時期は前年の12月29日から翌年の1月18日までとなっています。1月中旬以降に登録の住所へ普通郵便にて郵送されます。

依頼時期が定められていますが、筆者が依頼したときはすでに18日過ぎていましたが、問題なく受け付けてもらえました。ただし、手続きに時間を要する場合もありますので、出来る限り余裕を持って依頼をすることをおすすめします。

ウェルスナビ公式サイト

THEO

THEOもウェルスナビ同様に、特定口座年間取引報告書の原本についてはマイページのお客様情報より請求することになります。

マイページにログイン後、右上のメニューより「設定」→「お客様情報」をクリックします。

お客様情報のページより口座種別が記載されていますので、その中にある「詳細」リンクをクリックします。年間取引報告書のページに遷移しますので「年間取引報告書を郵送請求する」ボタンをクリックします。

THEO公式サイト

口座解約後も郵送での依頼が可能

ウェルスナビTHEOの口座を解約した場合、マイページのアクセスができなくなった場合、特定口座年間取引報告書の入手が難しくなりますが、口座解約後は郵送で原本を入手することになります。

ウェルスナビ

ウェルスナビは、年間取引報告書が必要になる場合は、ご自身で請求しなければ原本が郵送されませんので、前述した手順に基づいて、ウェルスナビに直接原本を請求します。

THEO

THEOの場合は、口座を解約した場合は、特段の手続きは不要で口座を解約した翌月以降にTHEOが登録の住所に原本を郵送してくれます。

おすすめロボアドサービス

ウェルスナビ

出典:ウェルスナビ公式サイト

ウェルスナビ初期投資額10万円から始められるロボアドサービスです。毎月1万円以上1円単位で積立投資もできますので余裕資金が少ない方でも気軽に資産形成が始められます。

約6問の質問に回答するだけでリスク許容度を判定し、それに合わせて自動運用を行いますので、特別な作業は不要になるほか、税金の繰り延べができる自動税金最適化機能(DeTAX)により無駄な税金の支払いが削減できるのも特徴です。

運用手数料も運用残高が3,000万円未満であれば年率1%、3,000万円超は年率0.5%(現金部分を除く、税別)で運用できます。

投資に興味はあるが難しくて一歩を踏み出せない方に最適な投資サービスとして、ロボットが自動で投資をしてくれるサービス「ロボットアドバイザー(ロボア...

ウェルスナビ公式サイト

THEO(テオ)

出典:THEO公式サイト

THEO初期投資額10万円から始められるロボアドサービスで、運用後も毎月1万円以上1000円単位で積立投資も可能です。

予め回答した5問程度の質問でリスク許容度を判定し、ETF30から40本でリスク許容度に応じてきめ細かな運用が可能です。

手数料については運用残高に応じて段階的に引き下げる手数料形態を導入しており、運用残高が3,000万円以上であれば年率0.5%、1000万円以上3000万円以下は0.65%、100万円以上1000万円未満は0.7%、50万円以上100万円未満は0.8%、1万円以上50万円未満は0.9%、1万円未満は1%となります。

10万円以上で開始すると0.9%の手数料で運用可能で、ロボアドの中では手数料を抑えて運用できると言えます。

近年では投資の重要性が叫ばれている中、投資の運用をロボットにお任せできるロボアドに注目が集まっています。ロボアドによる投資サービスを提供している...

THEO公式サイト

楽ラップ

出典:楽天証券「楽ラップ」公式サイト

楽ラップは楽天証券が提供しているロボアドサービスで、初期投資額が10万円以上で始められます。また、毎月1万円以上1円単位で積立投資も可能です。

口座開設時に16問程度の質問に回答することでリスク許容度を判定してくれます。質問数が多いですが、リスク許容度を細かく判定できるのが特徴で、一人ひとりに見合ったリスク許容度で運用できます。

運用手数料は、1%前後に設定されています。

近年では、投資の重要性が叫ばれる中、投資の運用をロボットが自動的に運用する「ロボアド」が話題となっています。その中で、楽天証券が提供しているロボ...

楽天証券公式サイト

 

関連記事

ウェルスナビやTHEOが倒産したら、運用資産は保障されるのか?

ロボアド「楽ラップ」とは?特徴と運用実績を紹介

ウェルスナビは毎月分配金の受け取りが可能!実際に受け取れる額はいくらか?

ロボアド検討中の方必見!「THEO(テオ)」と「楽ラップ」を徹底比較

ロボアドと確定拠出年金(iDeCo)はどちらで運用すべきか?

ウェルスナビで運用中に株価が暴落したときの対応方法