ANAのマイルが貯まる!WealthNavi for ANAの特徴と概要を解説

ロボアドのウェルスナビは、銀行や証券会社、ポイントサービスと提携したサービスも提供しています。その中でANAマイラーに注目が高いサービスとして運用でANAマイルが貯まるWealthNavi for ANAがあります。今回は、WealthNavi for ANAのサービス概要と特徴を解説しました。

ウェルスナビはロボットを活用した自動運用が可能

はじめにウェルスナビについてサービス概要と説明します。ウェルスナビはロボットを活用して運用者のリスク許容度に応じて自動運用が出来る投資サービスです。

運用開始前に、年間収入や金融資産額など6問程度の質問に回答することで、運用者のリスク許容度を判定し、その判定内容に基づいたポートフォリオを提案し、運用を行います。

上場投資信託(ETF)7銘柄を組み入れて運用しますので、リスクを分散した運用が出来るほか、運用手数料も年率1%(現金部分除く、税別)からと気軽に運用できるのが特徴です。

ウェルスナビの詳細については、ウェルスナビの公式ホームページや以下の記事で詳しく解説していますので、そちらをご覧ください。

投資に興味はあるが難しくて一歩を踏み出せない方に最適な投資サービスとして、ロボットが自動で投資をしてくれるサービス「ロボットアドバイザー(ロボア...

ウェルスナビ公式ホームページ

ウェルスナビの運用でANAマイルが貯まる!

WealthNavi for ANAの特徴としては、ウェルスナビの運用でANAマイルが貯まることです。普段出張や旅行で飛行機を利用されている方は航空会社のマイレージを貯めている方も多いかと思いますが、資産運用をしながらマイルが貯まりますので、より効率的にマイルを貯めることができるのが特徴です。

WealthNavi for ANAでは運用開始時に運用開始マイルとして300マイルが付与される他、運用評価マイルとして四半期ごとの平均運用平均額が100万円以上の方に50マイル、年間最大200マイルを付与します。

マイルを獲得するには、あらかじめANAマイレージ番号10桁を入力しておく必要がありますので注意が必要です。

初期投資額は30万円から運用可能!

通常のウェルスナビでは、初期投資額として10万円からスタートできますが、WealthNavi for ANAは初期投資額が30万円以上となっていますので注意が必要です。

前述したとおり、運用評価マイルは100万円以上が対象となっていますので、初期投資額は一定以上必要になります。そのため、普段ANAの飛行機を利用しつつ、100万円以上の運用額が確保できる方であれば、WealthNavi for ANAの運用メリットが授与できます。

初期投資額に多くの資金を充当できない場合は、通常のウェルスナビで運用することをおすすめします。運用で毎月の積立等を併用し、ある程度資金が溜まった時点でWealthNavi for ANAに変更することも可能です。

ウェルスナビに口座開設

ただし、移行する場合、ウェルスナビを解約し一旦現金化した上で、翌年にWealthNavi for ANAに口座開設することになります。ウェルスナビとWealthNavi for ANAの併用はできませんので注意が必要です。

WealthNavi for ANAについての詳細や口座開設の手続きは以下の公式ホームページよりご覧いただけます。

WealthNavi for ANA公式ホームページ

関連記事

THEOの口座種別は何を選択すべきか?運用規模や目的別に解説

ウェルスナビで運用中に株価が暴落したときの対応方法

ロボアド検討中の方必見!THEOと楽ラップを徹底比較

ウェルスナビは毎月分配金の受け取りが可能!実際に受け取れる額はいくらか?

ウェルスナビやTHEOが倒産したら運用資産は保障されるのか?

ウェルスナビやTHEOで特定口座年間取引報告書の入手できるのか?入手方法を解説