航空各社のマイルが貯まる「WealthNavi for ANA」と「WealthNavi for JAL」を徹底比較

ロボアドのウェルスナビは、航空会社のANAとJALと提携して運用において各社のマイレージが貯めることができるサービスを提供しています。ANAとJALの両社のマイルを貯めている方もいらっしゃるかと思いますが、ウェルスナビの運用でどちらのサービスが良いのか検討している方に「WealthNavi for ANA」と「WealthNavi for JAL」を比較して紹介します。

ウェルスナビの運用で運用開始時と運用中にマイルが貯められる

https://www.wealthnavi.com/ana

WealthNavi for ANA」と「WealthNavi for JAL」は、両社ともにウェルスナビの運用開始時と運用中に、運用残高(評価額)におじてマイルが四半期ごとに獲得できることです。

運用開始時は「運用開始マイル」としてマイルが付与される他、運用中には「運用評価マイル」として四半期ごとにマイルが付与され、運用しながらマイルも貯められるため、一石二鳥となります。

「WealthNavi for ANA」と「WealthNavi for JAL」の詳細は、以下に解説していますので合わせてご覧ください。

ロボアドのウェルスナビは、銀行や証券会社、ポイントサービスと提携したサービスも提供しています。その中でANAマイラーに注目が高いサービスとして運...
ロボアドのウェルスナビは、銀行や証券会社、ポイントサービスと提携したサービスも提供しています。その中で、JALと提携して、ウェルスナビの運用でJ...

マイルの貯めやすさ

WealthNavi for ANA」と「WealthNavi for JAL」において、運用しながらマイルが貯められる点では共通していますが、マイルの貯めやすさについては大きな違いがあります。

Wealthnavi for ANA Wealthnavi for JAL
運用開始マイル 300マイル 200マイル
資産評価マイル 100万円毎に50マイル 1万円につき0.5マイル
マイル付与上限 200マイル なし

まず、運用開始マイルについてですが、「WealthNavi for ANA」は300マイル付与されるのに対し、「WealthNavi for JAL」は200マイル付与されます。

運用評価マイルについては、「WealthNavi for ANA」は100万円毎に50マイル付与され、年間で最大200マイルが上限となっています。一方で、「WealthNavi for JAL」については、資産評価額1万円につき毎月0.5マイル付与され、100万円の運用で年間最大600マイルが獲得できます。また、「WealthNavi for JAL」は獲得マイル数に上限がなく、運用評価額が大きくなれば大きくなるほど、獲得できるマイル数も大きくなります。

そのため、マイルの貯めやすさという観点でみると、「WealthNavi for JAL」が貯めやすいといえます。

ウェルスナビに口座開設

初期投資額

「WealthNavi for ANA」と「WealthNavi for JAL」では、投資を初められる初期投資額も異なります。

「WealthNavi for ANA」は2019年2月時点で初期投資額は30万円に設定されています。一方で、「WealthNavi for JAL」は初期投資額はたったの10万円から初められます。

初期投資額を少額で初めたいという方には、「WealthNavi for JAL」が始めやすいと言えるでしょう。

初期投資額とマイルの貯めやすさを考えると「WealthNavi for JAL」がおすすめ

https://www.wealthnavi.com/jal

初期投資額が10万円と始めやすいことと、運用評価マイルの上限がなく評価額が増えれば増えるほど獲得できるマイルが増えることを考えると「WealthNavi for JAL」の使い勝手が良いと言えます。

ウェルスナビは、運用を通じて資産額を増やしていくサービスとなりますので、運用評価額が増えれば増えるほど、マイル獲得数も増やすことができれば、資産運用だけではなく、マイルも効率的に貯めることができます。

ウェルスナビ公式サイト

おすすめロボアドサービス

ウェルスナビ

出典:ウェルスナビ公式サイト

ウェルスナビ初期投資額10万円から始められるロボアドサービスです。毎月1万円以上1円単位で積立投資もできますので余裕資金が少ない方でも気軽に資産形成が始められます。

約6問の質問に回答するだけでリスク許容度を判定し、それに合わせて自動運用を行いますので、特別な作業は不要になるほか、税金の繰り延べができる自動税金最適化機能(DeTAX)により無駄な税金の支払いが削減できるのも特徴です。

運用手数料も運用残高が3,000万円未満であれば年率1%、3,000万円超は年率0.5%(現金部分を除く、税別)で運用できます。

投資に興味はあるが難しくて一歩を踏み出せない方に最適な投資サービスとして、ロボットが自動で投資をしてくれるサービス「ロボットアドバイザー(ロボア...

ウェルスナビ公式サイト

THEO+docomo

出典:THEO+docomo公式サイト

THEO+docomoは初期投資額1万円から始められるロボアドサービスで、運用後も毎月1万円以上1000円単位で積立投資も可能です。

予め回答した5問程度の質問でリスク許容度を判定し、ETF30から40本でリスク許容度に応じてきめ細かな運用が可能です。

手数料については運用残高に応じて段階的に引き下げる手数料形態を導入しており、0.65%~1%で運用可能です。10万円以上で開始すると0.9%の手数料で運用可能で、ロボアドの中では手数料を抑えて運用できると言えます。

また、運用に応じて毎月ドコモのdポイントが付与されるのも大きな特徴です。100万円を1年間運用した場合、年間で付与されるポイント数は1800ポイントになります!

ロボットを活用して自動運用が可能なロボアドのTHEOは、NTTドコモと提携してドコモ利用者向けの運用サービスとして「THEO+docomo」を提...

THEO+docomo公式サイト

FOLIO ROBO PRO

出典:FOLIO ROBO PRO公式サイト

FOLIO ROBO PROは、テーマ投資を提供しているFOLIOが金融機関向けに人工知能(AI)技術を提供しているAlpacaJapanと共同開発をして提供しているロボアドです。

高度な人工知能(AI)技術を活用することで、40種類以上の市場データを活用し、市場動向を先読みすることで、数年という短期間でも利益追求ができるとともに、市場の急変による損失を軽減することが期待できる新たなロボアドです。

運用は他のロボアドと同様に株式や債券価格に連動する上場投資信託(ETF)活用し約8銘柄で運用を行います。初期投資額は10万円からで、運用手数料は年率1%(税抜)で運用することができます。一方で、積立投資には対応していませんので、ご自身で追加投資が必要になります。

テーマ投資を提供しているFOLIOから新たなロボアド「FOLIO ROBO PRO」を提供開始しています。人工知能(AI)を活用することで市場を...

FOLIO ROBO PRO公式サイト

関連記事

ANAのマイルが貯まる!WealthNavi for ANAの特徴と概要を解説

ウェルスナビは毎月分配金の受け取りが可能!実際に受け取れる額はいくらか?

ロボアドとは何か?話題のロボットアドバイザー(ロボアド)をわかりやすく解説!

ロボアド検討中の必見!ウェルスナビとTHEOを徹底比較

ロボアド検討中の方必見!THEOと楽ラップを徹底比較

ウェルスナビとWealthNavi for SBI証券の違いは何か?3つの違いを...