株主優待を確実に獲得するために事前に確認しておきたい4つのポイント

株主優待を得るには権利日に株主である必要がある他、保有株式数など対象の企業が定めた要件を満たしている必要があります。今回は、株主優待を確実に獲得するために確認すべきポイントをまとめましたので紹介します。

株主優待とは?

株主優待は、日本国内の株主の多くが一番楽しみにしている株主還元制度でありますが、上場企業が自社の商品やサービスへの理解を深めてもらう他、日頃の感謝の気持ちを込めて自社製品や割引券を送付することで、株主に還元を行う制度です。

株主還元といえば、株主優待以外にも配当金や自社株買いがありますが、日本の場合は特に、お歳暮やお中元といった贈り物を送る文化が根強く、それに似たような制度として人気が高いのが特徴です。

株主優待そのものは日本独自の制度で、海外の場合は配当金で株主に還元するのが一般的です。(海外でも一部実施している企業はある)

株主優待の制度の歴史は、株主優待投資家として有名な桐谷氏によると、明治32年に東武鉄道が株主に対して優待乗車証を配布したのが始まりであるとしており、歴史としてはかなり古くからあるようです。

株主優待の詳細については以下の記事で詳しく解説しますので合わせてご覧ください。

株式投資の楽しみとして株主優待制度があります。株式投資を始める理由として優待を受け取りたいという動機も多いですが、今回は株主優待制度は具体的にど...

権利付最終日の3日前までに株式を購入する必要がある

日本の上場企業の多くが3月末に決算を迎える企業が多く、新たな事業開始日は、学校でも同様ですが4月からとなります。そのため、3月期決算の場合は3月末までに株主になっておく必要があります。

例えば、3月31日が権利付最終日であった場合、その日に株式を既に保有している状況にしておく必要があります。ただし、株は購入した日にすぐに受け渡しが行われるわけではなく、購入してから3日後に引き渡しが行われます。

そのため、3月31日が権利付最終日であれば、その3日前となる29日までに購入する必要があります。

一方で、31日が土日祝などの場合は、その前営業日が権利付最終日となりますので中ウイが必要です。

日本の上場企業の多くが3月期決算ではありますが、中には3月期以外を決算日としている企業もありますので注意が必要です。3月期決算における優待銘柄についてはSBI証券楽天証券マネックス証券などネット証券の公式サイトで確認できます。



株式を購入前に優待が受けられる単元数を確認

株主優待を取得するには、企業が指定した単元数以上の株式を購入しておく必要がありますので注意が必要です。

日本の上場企業においては、1単元として100株となっています。優待の権利が得られる単元数は1単元からの企業が多いですが、中には2単元、3単元、5単元以上となっている企業もあります。

そのため、あらかじめ購入したい企業において、優待が受けられる単元数を確認したうえで、購入することが重要です。

https://www.sbisec.co.jp/

ネット証券のSBI証券では、各銘柄の優待情報も記載しており、各銘柄の「株主優待」をクリック後、優待の商品、サービス内容の他、権利確定月、権利付最終日、必要単元数を確認することができます。



受け取った株主優待をご自身で使えるか確認する

株主優待を受け取る場合、受け取った後にご自身で活用できるかも合わせて確認しておきます。

例えば、割引券であればご自身が普段出かける地域で使えるお店があるかどうかを確認します。よく発生する状況としては、割引券を受け取ったが自宅近くに使えるお店がない、関東の店舗など特定の店舗が対象で他のお店では使えないケースも稀にあります。

また、商品を受け取った場合、ご自身や家族で消費できるかも合わせて確認しておく必要があります。あまりないかとは思いますが、株主優待でお米を受け取ったが、炊飯器がなくご飯が炊けない、お酒をもらったがお酒が飲めない、女性専用の商品で男性では使えない、といったケースも考えられます。

株主優待の内容については企業のIRページを確認する他、SBI証券楽天証券マネックス証券のホームページでも検索することができますのでぜひご利用ください。



割引券の場合は使用期限や換金性についても確認すること

自社商品の購入やサービスの利用の割引に充当できる割引券をもらった場合は、使用期限を事前に確認しておきます。

割引券をもらったが使用期限が短く、期限内に使い切れなかった、もしくは、いつの間にか期限切れとなっていたということもあり、受け取ったものの、株主還元が受けられずに終わってしまっては大変もったいない事になってしまいます。

例えば、ANAホールディングス(9202)では、飛行機の普通運賃が半額となる「株主優待割引券」を提供していますが、使用期限としては1年間となっています。日本航空(9201)も同様で使用期限は1年間に設定されています。

最悪、使用期限内に使い切らない場合でも金券ショップやオークションで売りやすい(換金性が高い)割引券であるかも合わせて確認しておくと良さそうです。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

戦争が発生したとき株価はどうなる?世界情勢悪化時の投資方法

株主優待が届かない時に確認しておきたいポイントと対処方法を解説

株取引が1株単位で売買実現を検討中、制度変更の概要とその仕組を解説

株の売買高(出来高)が少ない銘柄は買いか?その利点と注意点を解説

株式投資の売却後に再び同じ銘柄を買い戻すのは危険?利益確定の最適なタイミング

こんな株主優待に要注意!改悪・廃止される3つパターンとは?