THEOの手数料はどれくらい?運用状況に応じて手数料が決まる「THEO Color Palette」制度の概要を解説

ロボットを活用した自動運用サービスを提供しているTHEOが、運用状況に応じて手数料を割り引く「THEO Color Palette」という制度を導入しました。運用状況に応じて、手数料を最大0.65%割り引くことができ、長期的な運用が可能となります。

THEO公式サイト

運用評価額に応じて手数料を割り引き!

今回新たに導入した「THEO Color Palette」は、THEOで運用している運用残高(評価額)に応じて、手数料を割り引く制度です。

THEOは年間の運用手数料として資産残高が3,000万円以下であれば1%、3,000万円を超えた場合は0.5%で運用可能(現金部分除く)となっています。

今回新たな制度を導入したことで、資産残高が3000万円以下の場合においても、それぞれの残高に応じてステータス表記として「カラー」分けされ、ホワイト、ブルー、グリーン、イエロー、レッドの5色に分けてステータスが評価されます。

カラー 手数料 運用残高
ホワイト 1% 1万円未満
ブルー 0.9% 1万円以上50万円未満
グリーン 0.8% 50万円以上100万円未満
イエロー 0.7% 100万円以上1000万円未満
レッド 0.65% 1000万円以上3000万円以下

3000万円を超える金額については、これまで通り0.5%で運用ができます。

THEOの手数料水準についての詳細は以下公式サイト及び記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

THEO公式サイト

近年では投資の重要性が叫ばれている中、投資の運用をロボットにお任せできるロボアドに注目が集まっています。ロボアドによる投資サービスを提供している...

カラーの適用条件

カラーが判定に伴い予め以下の適用条件を満たしている必要があります。

1.毎月積立を行っていること

カラーの適用を受けるには、毎月の積立投資を行っている必要があります。一括投資の場合は手数料水準は1%のままになりますので注意が必要です。

2.出金を行っていないこと

後述する判定期間内において出金が行われた場合、判定の適用外となり、手数料水準は1%となります。

THEO公式サイト

カラーの判定期間と判定基準

カラーが判定される期間として1年間に四半期ごと(3ヶ月毎)の運用残高の平均額を運用残高として判定し、手数料水準が確定します。

対象期間A:4月、5月、6月(第1四半期)
対象期間B:7月、8月、9月(第2四半期)
対象期間C:10月、11月、12月(第3四半期)
対象期間D:1月、2月、3月(第4四半期)

判定基準額は3ヶ月毎の運用残高をプラスして3で割った数となります。例えば、4月に23万円、5月に26万円、6月に29万円だった場合、判定額の計算方法は以下のとおりです。

(23万円+26万円+29万円)÷3ヶ月=26万円

この場合は、判定額が26万円となりますので、ステータスカラーとしては「ブルー」となり、運用手数料は0.9%となります。手数料水準の確定は、判定期間の最終月の翌月に確定され、判定期間の最終月の翌々月から適用となります。

上記の例で言えば、7月にステータスカラーと手数料水準が確定します。8月に確定した手数料水準が適用できます。

注意点としては、判定期間中に一回でも積立を止めた場合は、カラーステータスが「ホワイト」となってしまいますので注意が必要です。また、今回の「THEO Color Palette」は、「TEHO」のみが対象で「THEO+」は対象外となっていますので注意が必要です。

口座開設と詳しい内容については、THEO公式サイトよりご確認ください。

THEOの口座開設はこちら!

関連記事

ウェルスナビが毎月の積立投資が4つのコースから選択可能に!

THEO(テオ)の口座開設から運用までの手順を徹底解説!

ロボアド検討中の必見!「ウェルスナビ」と「THEO(テオ)」を徹底比較

確定申告でウェルスナビやTHEOの外国税額控除を適用する方法を解説

海外転勤になった場合はウェルスナビやTHEOは引き続き運用可能か?

ロボアド検討中の必見!「ウェルスナビ」と「楽ラップ」を徹底比較