ドコモユーザーがロボアドで運用するなら「THEO(テオ)+docomo」がお得!

ロボアドのTHEOはNTTドコモ(ドコモ)と提携し「THEO+docomo」を提供しています。ドコモユーザーの場合、直接提供されている通常のTHEOとドコモと提携した「THEO+docomo」のどちらが良いか気になる方も多いかと思いますが、ドコモユーザーであれば「THEO+docomo」がお得に運用できます。

THEO+docomo公式サイト

THEO(テオ)とは?

THEOは、お金のデザインが提供してているロボットを活用して運用ポートフォリオを自動で最適化して運用してくれるロボアドサービスです。

年齢や年間収入など5問の質問に回答するだけで、運用者のリスク許容度をAIが判定し、最適なポートフォリオを提案します。初期投資額はたったの1万円からはじめることができます。さらに毎月1万円から積立投資も可能で、コツコツと資産を増やしていくことも可能です。

運用手数料は年率1%で、海外の証券取引所に上場している上場投資信託(ETF)約30銘柄を活用して運用を行います。

THEOでは、自社で直接サービスを提供している他、今回のドコモや銀行や証券会社と提携してサービスを提供しています。

THEOについての詳細はTHEO公式サイトの他、以下の記事で詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。

近年では投資の重要性が叫ばれている中、投資の運用をロボットにお任せできる「ロボットアドバイザー(ロボアド)」に注目が集まっています。ロボアドによ...

また、THEO+docomoの詳細については、以下の記事でも解説していますので合わせてご覧ください。

ロボットを活用して自動で資産運用が可能なロボットアドバイザー(ロボアド)が話題となっていますが、THEO(テオ)やウェルスナビでは、各社と提携し...

運用残高に応じてdポイントが貯められる!

ドコモユーザーであれば、通常のTHEOとTHEO+docomoのどちらが良いのか考える方も多いかと思いますが、ドコモユーザーであれば「THEO+docomo」を選ぶことで、ドコモのポイントサービスである「dポイント」が運用額に応じて貯められることにあります。

預かり資産額が1万円につき、ドコモ利用者であれば毎月1.5ポイント付与されます。仮に100万円運用していれば毎月150ポイントのdポイントが得られることになります。

dポイントは、ドコモの通信量に応じてポイントが付与されるものですが、現在実店舗でも加盟店を広げており、加盟店での買い物の支払いでポイントを貯めることができます。また、たまったポイントはドコモの通信料金の支払いや各サービスの支払いに充当できる他、加盟店において買い物時の支払いに利用することができます。

例えば、身近なお店であれば、コンビニエンスストアのローソン、ファミリーマートの他、ファーストフードのマクドナルド、ドラッグストアのマツモトキヨシなど、身近な多くのお店で利用できます。

そのため、運用で貯めたポイントでこれまで欲しかった商品の支払いに充当するなど、ご自身の好みに合わせて活用できます。

dポイントの加盟店についてはdポイントの公式サイトをご覧ください。

THEO+docomo公式サイト

dカードと連携することでおつり投資も可能

THEO+docomoではドコモと三井住友カードが提携して発行している「dカード」と連携させることでおつり投資も可能となります。

おつり投資も近年話題となっていますが、予め設定していた金額範囲において端数が生じた場合、その端数をおつりとして運用に回す投資サービスです。

例えば、あらかじめ500円と金額を設定していた場合、クレジットカードで300円のお買い物をした場合は、その端数である200がおつりとして投資資金として充当されます。

THEO+docomoでは100円と500円の2つの金額範囲から選ぶことが可能で、おつり額を毎月合算した上で、登録されている銀行口座より引き落とされ運用に回します。そのため、普段貯蓄がなかなかできない方でも効率的に運用できる仕組みとして注目が集まっています。

THEO+docomo公式サイト

THEO+docomoとdカードの利用で効率的なポイント獲得と運用が両立できる!

ドコモの通信サービスに加え、今回紹介した「THEO+docomo」、クレジットカードの「dカード」をあわせて活用することで、運用と普段の買い物で効率的にdポイントが貯められる他、おつり投資を組み合わせることで毎月の積立投資も両立できます。

ドコモユーザーで、もっと効率よくdポイントを貯めたい、資産運用を効率的に行いたいと考えている方は、ぜひ「THEO+docomo」の利用を検討してみても良いでしょう。

THEO+docomo公式サイト

関連記事

ロボアドはスマホを持っていなくても運用できるのか?

自然災害時における投資運用資産のリスク管理方法

世界経済は成長を続けるのか?将来の見通しと手軽に世界に分散投資する方法

ロボアドとは何か?話題のロボットアドバイザー(ロボアド)をわかりやすく解説!

近年話題となっているロボアドのメリットとデメリットは何がある?

ロボアド「THEO(テオ)」のメリットとデメリットを解説