東京証券取引所が市場再編、プライム市場を主に3市場に集約

東京証券取引所において市場再編を行い、2022年4月よりプライム市場を主に3市場へ集約する方針を発表しています。特に東証1部において上場企業数が2,100を超えるなど肥大化が進んでいることに加え、時価総額が大きい企業と小さい企業が混在しているなど市場としての健全性の見直しが迫られていることにあります。東証市場再編について詳しく解説します。

東証1部への内部昇格が増えたことで肥大化進む

東京証券取引所において上位の市場である東証1部において上場企業数が多くなり、市場の優位性が低下していることが指摘されています。近年では景気回復などで上場を目指す企業が増えたことで、マザーズなどへの新興市場に上場する企業も増えています。

ただ、新興市場に上場した企業の多くは、東証1部への昇格を目指している企業が大半で、マザーズや東証2部などから東証1部へ内部昇格する企業が増えていることに要因があります。

2019年3月10日付の日本経済新聞朝刊の記事によると、「1部企業の増加ペースが高まった2011年以降では内部昇格が7割超にのぼる。」としています。

マザーズや東証2部からであれば、直接東証1部へ昇格するのと比べて、上場基準が緩くなってしまう現状があります。



東証2部から東証1部へ昇格する企業が最も多い

2015年から2018年までマザーズから東証1部、東証2部から東証1部へ昇格した企業の数を日本取引所グループのホームページで調べてみると、最も多いのは東証2部から東証1部への昇格が多いことがわかります。

2015年 2016年 2017年 2018年
東証2部から1部 47社 43社 46社 48社
マザーズから1部 20社 29社 23社 28社
JASDAQから1部 17社 6社 1社 3社



東京証券取引所はプライム市場を主に3市場へ再編

東京証券取引所では2020年12月25日にこれまで検討していた再編案をまとめ、プライム市場とスタンダード市場、グロース市場の3市場に集約することを明らかにしました。

1.プライム市場

プライム市場は、東京証券取引所の主となる市場で東証1部に該当する市場となります。

ただし、これまでの東証1部とは異なり、上場基準を厳しくし東京証券取引所が定める企業統治指針に基づいた基準を満たしていることが要件となります。海外市場と同様の基準を定めることで市場の質を高め、年々増加している外国人投資家にとっても安心して投資できる環境を提供します。

上場できる時価総額としては、時価総額100億円以上に引き上げ、この基準を満たさなかった企業は、段階的に除外していく方針です。

また、これまでマザーズ市場に10年以上上場していれば、時価総額が少なくても東証1部に上場できていましたが、この緩い上場基準を廃止します。

2.スタンダード市場

スタンダード市場は、主に中堅企業を対象に構成される市場になります。現在の東証2部に該当する位置づけとなります。上場基準としては時価総額10億円以上となります。

上場企業として一定の流動性を保ち、基本的な企業統治指針に基づいて事業活動を実施し、持続的な成長と、企業価値向上に取り組む企業を対象とします。

3.グロース市場

グロース市場は、新興企業向けの市場です。新興市場と言えば、これまでマザーズ市場とジャスダック市場に分かれていましたが、今後はグロース市場に集約します。

前述したスタンダード市場は中堅企業を対象としていましたが、マザーズ市場やジャスダック市場では、その境界が曖昧な部分も合ったことから、新興市場と中堅市場を的確に分けます。

時価総額は5億円以上を目安として、今後高い成長が期待できる事業計画を有していることが条件となります。上場後もその事業計画に対して進捗に対して適時開示を行うことを義務付けます。


株式投資におすすめしたい証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

円高になると日本株は何故下がる?為替と株価の関係を解説

株主優待を確実に獲得するために事前に確認しておきたい4つのポイント

株主優待制度導入企業の収益性は低い?優待の原資は何かを徹底解説

社外取締役の義務付けなど企業統治が強化!2019年10月の会社法改正案のポイント

世界で感染症が拡大した時における株式市場への影響とは?

決算で株価はどう動く?企業決算から投資のヒントを得るポイントを解説