日本株は長期投資に向かないのか?日本株式市場の問題点

日本においても近年、政府が一体となって投資を普及させるべく、少額投資非課税制度(NISA)といった制度づくり、コーポレートガバナンス体制の強化、株式の持ち合い解消など投資環境の改善に向けた取り組みを進めています。

ただ、日本の株式市場は諸外国に比べ長期投資に向かないともいわれています。今回はその要因と問題点について考えてみます。

日本企業は景気の影響を大きく受け株価の乱高下が激しい

nikkei2251980年1月からの日経平均株価の推移(筆者作成)

日本株が長期投資に向いていないとされる一番大きい要因としては、日本株は株価の乱高下が激しく、長期的に上昇を続けている米国株に見劣りするということが考えられます。

日本はバブル崩壊後、株価の乱高下が激しく、全体的に見て右肩下がりとなって推移していました。いわゆる「失われた20年」とも言われますが、バブル崩壊後、ドットコムバブル(ITバブル)やリーマンショックなど大きく上下を繰り返すなど安定的な推移は程遠いといえます。ただ、2012年に安倍内閣が発足し、政府も長期投資を促し、経済回復を急ぐべく、少額投資非課税制度(NISA)といった制度づくり、コーポレートガバナンス体制の強化、株式の持ち合い解消など投資環境の改善に向けた取り組みを進めています。

バブルが崩壊する高度経済成長には日本が古来から得意としていたものづくりの分野を生かして、大量生産して海外に売るという事業モデルも、国外で起きたリーマンショックなど経済要因に大きく左右されるなど、外的要因に大きく左右されやすい特徴があります。



日本企業は利益水準や成長率が低い

日本企業は利益水準や成長率が低いという問題点もあります。株主から預かった資金でどれだけ稼いでいるかを示す指標である「自己資本利益率(ROE)」は、2019年1月時点において米国が16.5%、英国が14.6%、ドイツが12.2%に対して、日本は9.3%となっており、先進諸国と比べると、見劣りしていることが伺えます。

利益率が低い要因は様々ですが、前述したとおり日本企業の多くはものづくりに依存しており外的要因にさらされやすいことに加え、後述している通り、コーポレート・ガバナンス体制が不十分であること、企業がリスクを恐れて、内部留保を増やす傾向にあるなど、企業活動が保守的となっていることもあります。

また、日本企業は紙ベースでのやり取りが多い、長い打ち合わせ、残業を前提とした働き方など、事業の進め方に改善がなく非効率なやり方が多いこと、一般的な大卒を大量に採用して定年まで働いてもらうといった終身雇用や年功序列など人材育成においても多様な人材を活用するという動きに乏しいことなど、経済がグローバル化している中でこれらの慣習も成長を阻害している要因としても考えられます。

コーポレート・ガバナンス体制が不十分な部分も企業監視が曖昧になり、成長の足かせとなっているのも要因としてあります。その一つとして株式の持ち合いが多いことです。株式の持ち合いが多いと企業活動の監視が行き届かなくなる、少数株主の意見が反映されづらくなるなど企業成長にとってもマイナスの影響を与えます。

株式投資を行うに当たり、しっかりと稼ぎを得ている企業に投資することが重要ですが、それを判断できる指数として「自己資本利益率(ROE)」があります...

株主還元に消極的である

資本市場においては、投資家より資金を集め、その資金を使って事業を行い、そこで得た収益を今後の成長や投資家に還元するという形で経済成長を大きくするサイクルとなります。

ただ、日本企業は表面上資本市場を取り入れていますが、企業を長期に存続させることにコミットしており、先程述べた新卒一括採用で大量に人を雇い、給料と引き換えに、定年までその人の人生までをトータルで面倒をみる終身雇用制度など、事業を通じて商品やサービスを提供することを目的とした集団というより、人々が存続するために寄り添い、それを実現する手段として商品やサービスの提供を行っているなど、手段と目的が逆になっているように感じます。

そのため、企業が倒産などの事態などを恐れて事業で稼いだお金を内部に貯め込む(内部留保)する企業が多く、株主への還元が後回しになってしまうことにつながっています。

日本企業の内部留保額の推移(筆者作成)

日本企業の内部留保は少し古いデータですが、2015年は241兆円となっています。そのため、安定的な配当などが期待できないため、中短期の株価の売買のみしか資金回収ができず、企業の成長に期待できず、経済全体の鈍化につながることなど市場全体にとってもマイナスの影響を与えてしまいます。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

人はなぜ投資で資産を増やせないのか?その要因を解説

日本特有の親子上場の問題点とは何か?

東京証券取引所の市場再編はどうなる?再編案と株価への影響は

令和入り後の日経平均株価は週間で913円下落!7日の週の株式相場概況

2019年初取引は2万円下回ってスタート!亥年の株式相場はどうなるか?

日経平均株価が2万2,000円台を回復!15日の週の株式相場概況