ダウ平均株価(NYダウ)とナスダック総合指数に違いは何か?

米国を代表する株式指数として「ダウ平均株価(NYダウ)」と「ナスダック総合指数」の2つがありますが、両者は似て異なるものです。今回は米国株式市場で用いられる2つの指標の違いを詳しく解説します。

ダウ平均株価(NYダウ)は米国の代表的な30銘柄の平均値動きを示したもの

ダウ平均株価(NYダウ)の値動き

ダウ平均株価(NYダウ)は、正式にはダウ・ジョーンズ工業株価平均と呼ばれていますが、こちらは米国の代表的な30銘柄の平均値動きを示した指数となります。

日本で言うと、日経平均株価に近い指数で、ニューヨーク証券取引所に上場している銘柄、および、ナスダック市場に上場している銘柄で構成されています。

そのため、ダウ平均株価(NYダウ)は上場市場を限定しておらず。米国のみならず世界的に大きく事業展開を行っている30銘柄を厳選し、業種のバランスを考慮して組み入れられています。




元々は、工業系の銘柄を中心にニューヨーク証券取引所に上場する12銘柄で構成されていましたが、1928年に現在の30銘柄となりました。近年では、産業構造が情報化社会へと進展したことで、工業にとどまらず、サービス業や情報通信業なども組み入れられるようになりました。

それに伴い、ナスダック市場に上場する銘柄は1999年11月より組入の対象となり、Microsoft(MSFT)やApple(APPL)、CISCO Systems(CSCO)、Intel(INTE)が組み入れられています。

NYダウについての詳細は以下の記事を合わせてご覧ください。

米国の株式市場を代表する指数として「NYダウ」があります。日本では2018年1月3日に紹介した「日経平均株価」が代表的な指数として普段のニュース...

ナスダック総合指数はナスダック市場に上場している全銘柄を指数化したもの

ナスダック総合指数の値動き

ダウ平均株価(NYダウ)は米国を代表する30銘柄の平均値動きを指数化したものに対して、ナスダック総合指数は、ナスダック市場に上場している全銘柄を対象に時価総額加重平均して算出した指数です。

そのため、ナスダック市場に上場している銘柄の動向を知る場合に用いられます。また、ナスダック市場は先程のMicrosoft(MSFT)の他、Amazon(AMZN)、Googleの持株会社Alphabet(GOOG)など、先進的なハイテク銘柄が多く上場していますので、ハイテク市場の動向を知るためにもこの指数が用いられます。

ナスダック総合指数の詳細については以下の記事で解説していますので合わせてご覧ください。

米国のハイテク銘柄の株式市場の動向をしる株価指数として「ナスダック総合指数」があります。成長性が高い情報通信(IT)関連の銘柄多く組み入れられて...

米国代表企業の動向とハイテク企業の動向で使い分け可能

ダウ平均株価(NYダウ)は、米国のニューヨーク証券取引所とナスダック市場に上場している代表的な30銘柄で構成されていることから、米国の代表的な企業の動向を知る指数として活用できます。

ナスダック総合指数は、ナスダック市場に上場するすべての銘柄で構成されており、ハイテク企業の割合も6割と多いため、ハイテク企業の動向を知る指数として活用できると言えます。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

米国株の配当はいつ支払われる?配当支払い回数と利回りを紹介

日本国内から米国に投資できる?右肩上がりを続ける米国株式市場の魅力と特徴を解説

香港を代表する株価指数「香港ハンセン指数」の概要を解説

米大統領就任3年目は株価は上がりやすい?米国大統領選挙と米国株式相場の関係性

過去10年で株価3倍!長期資産形成が期待できるS&P500に連動する上場投資信託...

ネット証券5社の米国株の取扱銘柄数と株式売買手数料を徹底比較!