少額投資非課税制度(NISA)で長期投資に不向きな株式銘柄の特徴とは?

18日に少額投資非課税制度(NISA)を活用して株式投資を行う上で、長期投資に最適な銘柄の特徴についてお伝えしました。長期投資を行うには業績が伸びておりその恩恵を株主還元などで受けられる銘柄に投資することが重要となります。今回は、逆にNISAなどで長期投資を行う上で不向きとなる銘柄の特徴を見ていきます。

景気の変動に業績が大きく左右される景気敏感株

長期投資を行う上で、不向きな銘柄としては景気の変動に業績が大きく左右されてしまう景気敏感株です。

これは日本の景気だけではく、世界の景気も同様で、経済は世界的につながっている昨今では外部環境が悪化すると日本の景気にも影響します。日本の企業は物を作って世界中に売る「製造業」が多く、物を作ってそれを売らなければ業績は向上しません。

世界でリーマンショックのように景気が低迷する場面があると、個人や企業を問わず物を購入する設備の導入を控える傾向が増えてしまいます。そのため、製造業が多い日本においてもその影響を大きく受けやすい特徴があります。

景気の変動に業績が左右されやす業種としては、自動車製造業や電気機器・半導体、化学、鉄鋼などがあります。

近年では、日本国内においても投資の重要性が叫ばれる中、株主還元を積極的に行う企業も増えており長期保有で資産形成しやすい環境になりつつあります。個...

金利や為替の変動に業績が大きく左右される銘柄

金利や為替の変動に大きく業績が左右される銘柄も長期投資には向いていないと言えます。

金利については金融株が該当します。特に銀行の場合、顧客に貸し出した際に得られる金利と顧客からの預かり資産に応じて支払う金利差で収益を得ていますので、金利が低下した場合、銀行が得られる収益が減少してしまいます。2016年2月に日銀がマイナス金利政策を導入したことで、銀行各社の経営は厳しくなっています。

為替については、前述した景気敏感株と同様ですが、作った物を世界に販売する場合、必ず為替の影響を受けます。もちろん、海外から日本へ輸入する場合も同様です。特に製造業の場合、為替が円高になると日本円に換算した場合、円安のときと比べて収益が減少します。

例えば、自動車を1ドル110円のときに1万ドルで販売した場合、日本円で110万円となりますが、これが円高となり1ドル100ドルになった場合、日本円に換算すると100万円となり、ここで10万円収益が減ることになります。円高になると業績に影響を受けるのは自動車や電気機器、半導体が多いですが、逆に、円安に影響を受けやすいのは海外から物を輸入して販売する小売業や材料を海外から仕入れる食品などが該当します。

為替の変動要因については以下の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

外国株など、外貨建の資産に投資している場合、単純に資産価値だけではなく為替レートを加味して投資判断を行う必要があります。そもそも何故為替レートは...

商品価格の変動に業績が大きく左右される銘柄

石油価格など商品価格の変動に業績が大きく左右されやすい銘柄も長期投資には不向きな銘柄であると言えます。

例えば、石油を活用して事業を行う空輸や運輸、電気、ガス、製造業な幅広いですが、原油価格が上昇すると調達コストが上昇しますのでその分利益を圧迫する要因となります。一方で、ガソリンスタンドなどを経営している石油株や資源を取り扱っている商社など石油を調達して販売している企業であれば、原油高は業績向上に繋がります。

また、その他、金属やとうもろこし、小麦など商品も幅広いですが、事業でこれらを原材料として取り扱っているのであれば、それらの価格に業績が左右されやすいと言えます。

原油価格が高騰すると、ガソリン代が高くなり足元の日常生活に影響を受けます。そのため、経済全体としても影響も無視できず株価への影響も見られます。今...

電気・ガス・通信などディフェンシブ銘柄

電気やガス、通信など景気の動向に左右されにくいディフェンシブ銘柄も長期投資には向いていないと言えます。

ディフェンシブ銘柄となっていますので長期投資には最適であると考える方も多いですが、電気やガスは前述したとおり、石油などの燃料を調達してサービスを提供しますので、価格に左右されやすい特徴があり、必ずしもディフェンシブ銘柄とは言えません。

また、ディフェンシブ銘柄の多くは人々の生活に欠かせないインフラを担っていますので、事故や障害を起こしてしまうと、規模にもよりますが、人々の生活や経済活動に大きく影響を及ぼしてしまい、場合によっては多額の損害賠償のリスクもあり、収益低下の要因にもなります。2011年3月に発生した東日本大震災の津波を起因とした福島第一原発の事故で、東京電力の株価は大幅に下落しました。

人々の生活に欠かせないものである故、値下げ要請などがあれば収益低下に繋がってしまうリスクもあります。最近では携帯電話料金の値下げを要請したことで、通信株全体が下落したのは記憶に新しい出来事です。

政府や親会社などが株の保有割合が多い銘柄

政府や親会社など特定の組織が多く株を保有していいる銘柄についても長期投資には不向きであると言えます。

日本は政府が株を保有している銘柄も多いですが、株を多く保有していることは、大株主の意向に経営が反映されやすく、少数の株主の意見が通りにくい問題があります。そのため、収益が低下してしまっても、経営改善の判断が大株主の意向に委ねられるデメリットがあります。

日本では親子上場も多いですが、この問題については別途取り上げたいと思いますが、大株主に利益が多く行き渡り少数の株主の利益が小さくなるなど利益相反の問題があります。企業統治の改善が更に求められる中、親子上場についても今後厳格化していくべきであると考えています。

NISAにおすすめな証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が430万口座を誇るネット証券です。NISA口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。また、投資信託のノーロードファンドは2018年10月時点で1335本取り扱っています。

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、インターネット証券大手のSBI証券の概要と特徴...

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券で、楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!また、ノーロードの投資信託は2018年10月時点で1335本取り扱っています。

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、楽天グループの楽天証券の概要と特徴を解説します...

楽天証券公式サイト

マネックス証券

https://info.monex.co.jp/nisa/index.html

マネックス証券は、国内だけではなく、米国の個別株の取扱いが豊富であることから、国内だけではなく米国株式市場にも幅広く投資したいと考えている方におすすめです!NISA口座での買い付けにより国内のみならず海外のの売買手数料が無料で取引可能です!ノーロードの投資信託は2018年10月時点で722本から選べます。

マネックス証券は、国内の株式や投資信託の他、米国株や中国株といった外国市場に積極的に投資したいと考えている方におすすめできる証券会社です。今回は...

マネックス証券公式サイト

松井証券

https://www.matsui.co.jp/

松井証券は創業100年の歴史と実績を持つ証券会社で顧客中心主義をモットーに顧客のことを第一に考えたサービスを創業以来提供してきました。NISAでの取引手数料が無料で利用できる他、投資信託は松井証券が厳選して選んだ低コストで運用できるものに加え、ブル・ベア型の投資信託を除き556本がノーロードファンドとなっています。

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、100年以上の実績を誇る老舗証券会社の松井証券...

松井証券公式サイト

関連記事

2019年よりNISA口座開設と取引がすぐに出来る「簡易NISA口座開設」がスタ...

株式投資を始める場合、NISA口座と特定口座はどちらを選択して運用すべきか?

2018年1月よりスタートした「つみたてNISA」とは何か?制度概要を徹底解説

通常のNISAからつみたてNISAへ口座種別の変更は可能?

ジュニアNISAを使って資産を構築するためにすべきことと銘柄を選ぶヒント

少額投資非課税制度(NISA)とは何か?制度概要を徹底解説