S&P500指数とは何か?米国株に投資する前に知りたい指数概要と特徴を解説

米国を代表する株式指数としてダウ平均株価やナスダック総合指数についで知名度がある「S&P 500」があります。S&P 500は米国の株式市場を代表する指数として長年用いられてきました。今回は「S&P 500」の指数概要と特徴を解説します。

S&P 500とはどのような指数か?

S&P 500は、正式には「Standard & Poor’s 500 Stock Index」で、日本語では「エスアンドピー500」という名称で呼ばれています。

指数の算出はS&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが行っており、米国を代表する株価指数となっています。NYダウがニューヨーク証券取引所(NYSE)と一部ナスダック取引所に上場している30銘柄で算出されているのに対し、S&P500はニューヨーク証券取引所、ナスダック取引所、中小株やETFなどを中心に取り扱っているNYSE American(旧アメリカン証券取引所)の3つの市場に上場している500銘柄を基に算出される、時価総額加重平均型株価指数です。

算出は1957年3月4日より開始されており、2019年現在における運用資産の総額は9兆9千億米ドルを超えています。

S&P500は、米国国籍の企業のみを組み入れており、米国の経済動向を示す指数としても多く持ちられています。また、上場投資信託(ETF)のインデックスとして活用されることも多く、米国市場全体に投資したい場合においても有効な指数です。

NYダウとナスダック総合指数についての詳細は以下の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

米国の株式市場を代表する指数として「NYダウ」があります。日本では2018年1月3日に紹介した「日経平均株価」が代表的な指数として普段のニュース...
米国のハイテク銘柄の株式市場の動向をしる株価指数として「ナスダック総合指数」があります。成長性が高い情報通信(IT)関連の銘柄多く組み入れられて...

S&P500の構成銘柄

S&P500は、前述したとおり米国国籍の上場企業500銘柄を組み入れています。そのため、全ての銘柄を紹介するのは難しいですが、国内でも知名度がある代表的な企業を紹介します。(アルファベット順)

1.Apple(APPL)
2.Adobe(ADBE)
3.American Airline Group Inc.(AAL)
4.The Boeing Company(BA)
5.Bank of America Corporation(BAC)
6.Best Buy Co., Inc.(BBY)
7.Citigroup Inc.(C)
8.Caterpillar Inc.(CAT)
9.Cisco Systems, Inc.(CSCO)
10.eBay Inc.(EBAY)
11.Expedia Group, Inc.(EXPE)
12.The Gap, Inc.(GPS)
13.Keysight Technologies, Inc.(KEYS)
14.Mastercard(MA)
15.Microsoft(MSFT)
16.NVIDIA Corporation(NVDA)
17.PayPal Holdings, Inc.(PYPL)
18.QUALCOMM Incorporated(QCOM)
19.Starbucks Corporation(SBUX)
20.Texas Instruments Incorporated(TXN)
21.Visa, Inc.(V)
22.Walmart Inc.(WMT)
23.Exxon Mobil Corporation(XOM)

セクター別の構成比率は情報技術が21%と多くの割合を占めています。その他の構成比率は以下の通りです。

情報技術:21.2%、
ヘルスケア:14.6%、
金融:12.7%、
一般消費財:10.1%、
通信サービス:10.1%、
産業:9.5%、
生活必需品:7.3%、
エネルギー:5.4%、
ユーティリティ:3.3%、
不動産:3.1%、
化学:2.6%



S&P500の株価推移

S&P500の過去10年間の値動き

S&P500は1954年より算出を開始した指数ですが、1941年から1943年における平均指数を10として算出が開始されています。2019年4月時点では2905.03ポイントとなっており、過去最高値に迫る水準まで推移しています。過去最高値は2018年10月1日の2939.86となり、その後は米中貿易摩擦の関係で下落に転じますが、2019年には再び回復基調となっています。

過去10年間振り返ると、大幅に下落している場面としては大きく2回あり、2001年から2003年にかけてドットコムバブルの崩壊、2008年から2009年にリーマンショックによる下落がありますが、全体的に見るとほぼ右肩上がりで推移しているのがわかります。

S&P500は米著名投資家であるウォーレン・バフェット氏も推奨している通り、S&P500のETFを活用し、保有期間がながければ長いほど、資産形成に優位になります。例えば、リーマンショック前の2007年から2017年の10年間S&P500に投資を行った場合、配当込みのリターンは8.49%となり、日本株に比べて確実な資産形成が期待できると言えます。

S&P500に連動するETFは、ブラックロック社が運用している「iシェアーズ・コア S&P 500 ETF(IVV)」などが有名です。取引は外国株の取り扱いがあるサクソバンク証券マネックス証券SBI証券楽天証券などネット証券を活用することで、手数料を抑えて米国株式市場全体に気軽に投資できます。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

ストックス欧州600指数(STOXX Europe 600 Index)とは?指...

空売りとは何か?その仕組みと概要をわかりやすく解説

株価純資産倍率(PBR)とは何か?株価の適正を判断する指標を解説

米国株に国内から投資する場合、株主総会の出席や議決権の行使はできるのか?

米国が利上げすると何故株価は下がるのか?その理由を解説

VIX指数とは何か?VIX指数で株を買う適切な時期を知る方法を解説