過去10年で株価3倍!長期資産形成が期待できるS&P500に連動する上場投資信託(ETF)を紹介

米国を代表する株価指数「S&P500」は、上場投資信託(ETF)の連動指数としても多く活用されています。S&P500に連動するETFを活用することで分散して上で米国の成長をまるごと取り込み長期的な資産形成も期待できます。今回はS&P500に連動するETFを紹介します。

S&P 500とは

過去10年間のS&P500の値動き

S&P 500とは、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出している株価指数で、正式には「Standard & Poor’s 500 Stock Index」と呼びます。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)やナスダック取引所(NASDAQ)、NYSE American(旧アメリカン証券取引所)の3つの市場に上場している500銘柄を基に算出している、時価総額加重平均型株価指数です。

1957年3月より算出されて以降、2019年の運用総額は9兆9千億ドルを超えています。算出開始時は10で始まりましたが、2019年4月26日時点で2929.11と過去最高値となっています。近年ではリーマンショックや米中貿易摩擦の懸念で昨年12月に大きく下げましたが、過去10年間見てみると約3倍上昇しており、米国経済の成長期待は高く、今後もさらなる成長により長期資産形成にも期待できます。

S&P500は、米国を代表する株価指数であることから、複数の株式銘柄を組み入れた上で証券取引所に上場して市場価格で売買できる「上場投資信託(ETF)」の連動指数としても活用されています。個別銘柄に投資するのと比べてS&P500に組み入れている500銘柄に分散した投資が可能となっている他、米国全体の成長を取り込みことができます。

米国の著名投資家であるウォーレン・バフェット氏もS&P500への分散投資して長期保有することで確実な資産形成ができるとしており、多くの投資家から重要な指数となっています。

米国を代表する株式指数としてNYダウやナスダック総合指数についで知名度がある「S&P 500」があります。近年ではNYダウやナスダックの...

東京証券取引所では3銘柄が売買可能

国内から東京証券取引所を通じてS&P500に連動するETFが売買できる銘柄は3銘柄あります。ブラックロック社の「iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF(1655)」、ステート・ストリートの「SPDR S&P500 ETF(1557)」、日興アセットマネジメントの「上場インデックスファンド米国株式(S&P500)為替ヘッジあり(2521)」の3銘柄です。

以下の3銘柄は国内の主要な証券会社で購入できる他、サクソバンク証券SBI証券楽天証券マネックス証券などネット証券を活用することで売買手数料を抑えた取引が可能です。

iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF(1655)

iシェアーズ S&P 500 米国株 ETFの直近の値動き

iシェアーズ S&P 500 米国株 ETFは、米大手運用会社ブラックロックが運用している「iシェアーズ・コア S&P 500 ETF(IVV)」をベースに、円建てで取引が可能なETFです。米国市場でIVVとして上場しているETFの日本版という位置づけです。

2019年4月25日時点で1口あたり2335円で取引されています。取引単位は1口単位となっており、2,000円前後から取引が可能です。運用管理手数料に該当する信託報酬は0.162%に設定されています。

分配金権利日は毎年2月9日、8月9日の年2回決算を行い、余剰金を分配金として支払います。直近では1口あたり35円の支払っており、分配金利回りは1.5%前後です。

SPDR S&P500 ETF(1557)

SPDR S&P500 ETFの過去5年間の値動き

SPDR S&P500 ETFは、米大手運用会社であるステート・ストリートが運用するS&P500連動型のETFです。同社は米国市場でもティッカー「SPY」として上場していますが、国内でも東京証券取引所を通じて円建てで取引が可能です。

2019年4月25日時点で1口あたり32,650円で取引が行われています。売買単位は1口単位で、3万円前後から取引が可能です。信託報酬は0.0945%と低コストで運用が可能なのも大きな特徴です。

分配金権利日は、決算となる3月、6月、9月、12月の第3金曜日から1営業日後に設定されており、年に4回分配金が支払われます。直近では1口あたり560.23円支払われており、分配金利回りは1.7%前後となっています。

上場インデックスファンド米国株式(S&P500)為替ヘッジあり(2521)

上場S&P500米国株の直近の値動き

上場インデックスファンド米国株式(S&P500)為替ヘッジあり(以下、上場S&P500米国株)は、日興アセットマネジメントが運用する為替ヘッジありのS&P500に連動するETFです。

2019年4月25日時点で1口あたり1031円前後で取引されており、売買単位は10口単位となります。最低でも1万円前後で取引が可能です。信託報酬は0.162%に設定されています。

分配金は毎年1月20日に決算が行われた後の年1回の支払いとなります。直近の支払いは1口あたり4.9円で、分配金利回りは0.49%前後となります。現時点でやや分配金利回りが低いのがデメリットとなります。



海外市場ではバンガードETFが低コストで取引可能!

バンガードS&P500ETF(VOO)の過去5年間の値動き

海外市場では、低コストのETFで有名なバンガード社が運用している「バンガード S&P500 ETF(VOO)」があります。

同ETFは米国のNYSE Arcaに上場しており、国内の証券取引所では取り扱いはありませんが、サクソバンク証券SBI証券楽天証券マネックス証券など外国株式を取り扱っているネット証券を活用することで国内からでも取引が可能です。

2019年4月26日時点で、1口あたり269.50ドルで取引されています。売買単位は1口単位で可能で、日本円に換算すると3万円前後で取引が可能です。

分配金は毎年3月、6月、9月、12月の四半期ごとに支払われます。直近では2019年3月20日に1口あたり1.455ドル支払われました。分配金利回りは1.97%と他のETFに比べて高いのも魅力です。

同ETFは、海外市場に上場しているため、ドル建てでの決済が必要です。SBI証券であれば、SBIグループの住信SBIネット銀行の口座と連携して、日本円から米ドルに為替手数料が片道たったの4銭で利用できる他、外貨入出金サービスを利用することで同行の外貨預金口座から即時外貨を証券口座に無料で振替が可能となっており、外国株式を売買する上で為替コストと送金コストを大幅に抑えて取引することができます。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

投資信託を取引する上で発生するコスト(手数料)とは?

東証REIT指数に連動する上場投資信託(ETF)の信託報酬と分配金利回りを徹底比...

NYダウとは何か?指数の概要について徹底解説

上場投資証券(ETN)とは何か?概要と特徴について解説

日経平均株価に連動する上場投資信託(ETF)8銘柄を徹底比較!

S&P500指数とは何か?指数概要と特徴を徹底解説!