日本国内から米国に投資できる?右肩上がりを続ける米国株式市場の魅力と特徴を解説

インターネットの発達により、気軽に外国の情報を仕入れることも可能となっています。投資でも同様に国内にいても海外に投資ができます。特に、右肩上がりの成長を続けている米国株への投資に関心が高まっています。今回は、米国市場の魅力と特徴を解説します。

右肩上がりを続ける米国市場

国内でも資産形成の関心が高まっている中、株式投資へ興味を持つ方も増えています。投資をするからには、将来的にリターンが得られる可能性が高い資産を対象に投資することが重要となります。

日本国内では、多くの方が日本株を対象に投資している方が多いのが現状です。ただし、将来的にリターンを確実に確保していきたいのであれば、国内だけではなく外国市場にも目を向けて投資対象を広げていく必要があると言えます。

日経平均株価(青)と米S&P500(赤)の値動きを比較

国内ではバブル崩壊後、株価が長期に渡り低迷していたこともあり、バブル時点で日本株に投資を始めた場合、銘柄にもよりますが約30年たったいまでも大きなリターンは得ることは難しかったのが現状です。日経平均株価は1965年から2019年6月時点まで約17倍となっているのに対し、米国株は、ドットコムバブルやリーマンショックなどで一時的な下落はあるものの、1965年から2019年6月時点でS&P500は約30倍となっています。

そのため、国内のみを投資対象としていては得られるリターンも限られてしまいます。近年では国内企業においてもコーポレート・ガバナンス体制を見直すなど株主価値を重点においた企業も増えており長期的な成長は期待できますが、将来の動向は予測は難しいため、地域を分散した投資が必要になることはおわかりいただけるかと思います。


米国市場は株主主体で世界中で収益機会がある企業が多い

米国市場が右肩上がりに成長している要因としては、株主価値の向上を目指した企業経営を行っている上場企業が多いことにあります。企業は、本来であれば株主の物でありますが、企業が事業活動で稼いだ収益を株主に還元して価値の向上を目指すことを第一に考えて経営をしており、近年国内でも強化されつつある、コーポレート・ガバナンス(企業統治)など透明性の高い事業活動がなされている特徴があります。

また、米国は自由の国ということもあり、新たな挑戦がしやすい環境にあることから、シリコンバレーに代表する新たな成長性が高い企業が多く登場する特徴もあります。また、これらを支える投資家も多く、起業を支援する体制も整備されており、結果として米国のみならず世界経済を牽引しています。

米国は歴史的に多種多様な人種が暮らしており、多様性な人物が活躍しています。そのため、それぞれの価値観や能力を最大限に発揮し、世界に通用するサービスや商品の提供がしやすく、国内にとどまらず世界をターゲットとした収益機会が広げられる特徴があります。

そのため、株式投資においても長期的な視野で投資がしやすい環境であると言えます。



保護主義政策懸念はあるものの米国市場の成長は続く

2016年より米国の大統領にトランプ氏が就任したことで、保護主義政策が台頭してきており、米国経済の懸念材料となっています。特に、米中貿易摩擦で追加関税を行うなど、物の値段が上がってしまうことなど世界の経済減速まで危ぶまれています。そのため、短期的には景気の減速が考えられるものの、先進国の中では人口増加が期待されており、長期的に見ると米国経済の成長は続くものと考えられます。

米国の人口推移(総務省統計局のデータを元に筆者作成)

総務省統計局が公開している「世界の統計2018」によると、米国の人口は2020年には3.3億人、2030年には3.5億人、2040年には3.7億人。2050年には3.9億人と予想されています。

日本においては少子高齢化において、人口減少が懸念される中で日本市場のみに投資するのはもはやリスクがあると言えます。もちろん、国外からの労働者の確保など議論は行われており、今後の動向にも注視したいところです。

ネット証券の活用やETFの活用で米国市場にも簡単に投資が可能

投資を行う際は、日本だけではなく米国など投資先の地域を分散させることが重要であることがおわかりいただけたかと思いますが、近年ではネット証券の活用で、米国株への投資が低コストで可能になっている他、上場投資信託(ETF)の活用で国内にいながら米国市場全体に投資することが可能です。

ネット証券では、SBI証券楽天証券マネックス証券からであれば、米国の個別株もしくはETFに約定代金の0.45%の手数料のみで投資ができます。マネックス証券が約3000銘柄、SBI証券と楽天証券が1000銘柄以上に投資が可能です。

また、国内の証券取引所においても米国を代表する指数であるS&P500に連動するETFが上場しており、ブラックロック社の「iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF(1655)」やステート・ストリート社の「SPDR S&P500 ETF(1557)」など、海外でも人気が高いETFを国内の証券会社を通じて売買できます。

米国を代表する株価指数「S&P500」は、上場投資信託(ETF)の連動指数としても多く活用されています。S&P500に連動するE...
外国株の投資におすすめできる証券会社

サクソバンク証券

サクソバンク証券はデンマークを拠点に展開している投資銀行「サクソバンク」傘下の証券会社で、米国株が約6,000銘柄、欧州株が約2,400銘柄、中国本土と香港株合わせて約2,400銘柄と、ネット証券の中で米国株の取り扱いが豊富でかつ、国内の証券会社では取り扱いが少ない欧州株の取り扱いがあるのも特徴です。

売買手数料も米国株であれば約定代金の0.20%で最低手数料が5米ドル、上限が15米ドルと米国株を中心に取引を行う方であれば、大きくコストを抑えることが可能です。欧州株の売買手数料は約定代金の0.50%とこちらも低コストで売買可能となっています。

サクソバンク証券公式サイト

株式投資で外国市場に分散投資するにあたり、国内の証券会社であれば取扱銘柄が少ない問題があります。今回紹介するサクソバンク証券は米国と欧州を始めと...

マネックス証券

マネックス証券は、米国株約3000銘柄を扱っており、ネット証券の中では最多となっています。成長が著しいAppleやMicrosoftなども1株から購入可能で手数料も最低0ドルから最大20ドルと気軽に米国市場へ投資が可能です。

少額投資非課税制度(NISA)でも米国株の購入が可能で、NISA口座であれば買付手数料が無料となります!

マネックス証券公式サイト

マネックス証券は、国内の株式や投資信託の他、米国株や中国株といった外国市場に積極的に投資したいと考えている方におすすめできる証券会社です。今回は...

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

ネット証券で口座開設数が430口座突破したSBI証券でも米国株を取り扱っています。取扱銘柄数は1000銘柄以上で、こちらも手数料は最低0ドルから最高20ドルで購入可能です。また、上場とし信託(ETF)をNISA口座を利用すれば買付手数料が無料となります。

SBIグループの住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、日本円から米ドルに為替手数料が片道たったの4銭で利用できる他、外貨入出金サービスを利用することで同行の外貨預金口座から即時外貨を証券口座に無料で振替できます!

SBI証券公式サイト

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、インターネット証券大手のSBI証券の概要と特徴...

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券では約1000銘柄以上の米国株を取り扱っています。同社でも手数料は最低0ドルから最高20ドルで購入可能です。また、こちらもNISA口座での米国株の購入も可能で、上場投資信託(ETF)の場合、買付手数料が後日キャッシュバックされますので実質手数料は無料となります。

楽天証券公式サイト

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、楽天グループの楽天証券の概要と特徴を解説します...

関連記事

米国株に国内から投資する場合、株主総会の出席や議決権の行使はできるのか?

米国株は空売りできる?その方法と利用可能な証券会社を紹介

過去10年で株価3倍!長期資産形成が期待できるS&P500に連動する上場投資信託...

ネット証券5社の米国株の取扱銘柄数と株式売買手数料を徹底比較!

米国が利上げすると何故株価は下がるのか?その理由を解説

外国株式の売却と配当受領時に発生する税金まとめ