世界経済は成長を続けるのか?将来の見通しと手軽に世界に分散投資する方法

運用で資産形成を行うには日本のみならず世界の経済が成長を取り込むことが重要となります。今回は、世界の成長の見通しと世界への投資で確実な資産形成を行うためのポイントをお伝えします。

中国やインドなどアジアが世界経済の牽引役として期待

中長期的に見ると世界経済を牽引するのは中国やインドなどアジア諸国となりそうです。

特に将来的に期待が高まっているITといったハイテク産業においては、中国やインドを始めとしたアジア勢の勢いがましており、ハイテク産業を牽引した米国においてもサプライヤーとしてアジアの存在は不可欠な存在となっています。目先では貿易摩擦の影響でハイテク産業への影響も懸念されつつあり、短期的にはどのような結果になるかは不明確ではあるものの、ハイテク産業を下支え役としての地位は揺らぎることは無いものと考えられます。

中国人口推移(総務省統計局のデータを元に筆者作成)

また、アジアはインドや東南アジア諸国をはじめ人口が増加しているのも経済成長として期待できる理由でもあります。中国についても日本同様に少子高齢化の懸念が取り上げられていますが、政府が一人っ子政策を廃止したことで、2030年までは人口増加が予想されています。総務省の「世界の統計2018」の予測では2020年に14.2億人、2030年に14.4億人、2040年には14.1億人と予想されています。

インド人口推移(総務省統計局のデータを元に筆者作成)

インドについては、今後の更に人口が増える見通しで、2020年には13.8億人、2030年には15.1億人、2040年には16億人と予想されています。

これまで地球規模でみると欧州の近代までは欧州の影響力が強い時代が続きましたが、産業革命以前は中国やインドなどアジアの経済規模が大半を占めていたと言われています。歴史は繰り返すと言われますが、今後はアジアにおける世界経済の影響力はますます大きくなるは確実となりそうです。


増え続ける世界の人口、2050年には95億人以上も

世界の人口推移(総務省統計局のデータを元に筆者作成)

前述したとおり、アジアを筆頭に世界の人口はまだまだ増え続けているもの無視できません。総務省の「世界の統計2018」では、世界人口は2050年までに97.7億人になると推測しています。上記グラフでおわかりの通り、10年間で約10億人程度人口が増える計算となります。

もちろん、人口増加によって経済が確実に成長するとは言い切れず、地球の気温の上昇をもたらす、食料が不足するなど、人口が増えれば増えるほど懸念事項も大きくなるもの事実です。

ただし、中期的に見るとアジアを中心に発展を続けており、人口が増えることで生産年齢人口も増加することから、その発展をさらに加速させていくことが期待できます。

世界分散投資は上場投資信託(ETF)がおすすめ

アジアを中心に世界に分散して投資するには、上場投資信託(ETF)の活用がおすすめです。

ETFは、日経平均株価や米国のダウ平均株価といった株価指数などに連動するように銘柄を組み入れて証券取引所に上場することで、個別株と同様に売買できる投資商品です。

普段耳にする「日経平均株価」や「東証株価指数(TOPIX)」といった指数は、平均的な株価の値動きや全体的な株価の値動きを把握するのに役立ちますが...

個別株に投資する場合は、対象の投資先の取り巻く業界動向や個別株固有の同様に左右されるため、得られる利益は大きい分、損失が出る可能性も高くなります。一方で、日経平均株価などに連動するETFを活用することで、日本全体に日経平均株価の運用状況に合わせた運用実績を出すことができます。

取引手数料についてもインターネット証券を活用することで、安価に売買できることも特徴です。

外国市場に上場しているETFを約2,700銘柄を取り扱っているサクソバンク証券では、米国の証券取引所に上場しているETFの売買手数料は0.025%となっています。

SBI証券楽天証券マネックス証券は、外国株式市場に上場しているETFを300銘柄超取り扱っており、世界で人気が高いバンガード社のETFやブラックロック社のETFなど対象の9銘柄で買付手数料が無料となっています。マネックス証券では、ウィズダムツリー社のETF27銘柄の売買手数料が無料で利用できます。

上場投資信託(ETF)投資におすすめな証券会社
サクソバンク証券 SBI証券 楽天証券 マネックス証券
ETF銘柄数 米国:約1000銘柄
欧州:約1700銘柄
香港:約70銘柄
国内:221銘柄
外国:約300銘柄
国内:221銘柄
外国:約300銘柄
国内:221銘柄
外国:約300銘柄
売買手数料 米国:0.025%
欧州:0.1%
香港:0.25%
国内:50円~
米国:0.45%
中国:0.26%
韓国:0.9%
国内:50円~
米国:0.45%
中国:0.26%
国内:50円~
米国:0.45%
中国:0.26%
無料ETF 9銘柄 9銘柄 27銘柄

上場投資信託(ETF)を活用して投資する場合、ETFの取扱銘柄数と売買手数料のやすさを考慮して選ぶことが重要です。

サクソバンク証券

サクソバンク証券はデンマークの投資銀行サクソバンク傘下の証券会社で外国株式の取り扱いに強みがあります。同社は海外市場に上場しているETFを約2700銘柄取り扱っています。米国市場に上場しているETFであれば、売買手数料は0.025%と安価に売買できます。

サクソバンク証券公式サイト

SBI証券

SBI証券では、東京証券取引所に上場しているETFに加え、外国市場に上場しているETF約300銘柄を扱っています。売買手数料は国内は5万円までは50円で取引できる他、米国のバンガード社やブラックロック社といった対象の9銘柄のETFを活用することで買付手数料無料で利用できます。

SBI証券公式サイト

楽天証券

楽天証券では、東京証券取引所に加え、米国と中国、シンガポール市場に上場しているETFを約300銘柄以上扱っています。売買手数料は国内であれば5万円まで50円で取引できる他、米国のバンガード社やブラックロック社、ゴールドマンサックスアセットマネジメント社が運用している合計9社のETFが無料で買付できます。

楽天証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券では、東京証券取引所に加え、米国と中国市場に上場しているETFを約300銘柄以上扱っています。売買手数料は10万円以下は100円、米国市場は約定代金の0.45%、中国市場は約定代金の0.25%で取引できます。外国ETFのウィズダムツリー社が提供しているETF、27銘柄を対象に無料で売買が可能となっています。

マネックス証券公式サイト

関連記事

原油価格で値上がり益を確保できる!原油価格に連動する上場投資信託(ETF)を紹介

日経平均株価に連動する上場投資信託(ETF)8銘柄を徹底比較!

不動産投資信託(REIT)とは何か?特徴と概要を解説

投資信託とは何か?投資信託の仕組みと特徴を徹底解説

ポイント投資サービス「マネーハッチ」の概要を徹底解説

過去10年で4倍に上昇!ナスダック指数に連動する上場投資信託(ETF)を徹底比較