株主総会の議決権行使率はどれくらいか?行使しない場合に考えられる問題点

株主総会の時期が近づくと、株主総会の招集通知と一緒に議決権行使書が送られてきます。議決権行使書には株主総会の議案内容に対して賛否を記載する用紙となりますが、この議決権行使は行わないと何が問題になるのか気になっている方も多いかと思います。

今回は、株主総会の議決権行使を行わない場合、何が問題となるのか考えてみました。

株主総会とは

株主総会とは、株式を発行している企業が、株主に対して今後の会社の経営方針について話し合い、将来的な方向性を決めるための会議です。株主になるということは、その会社の一部を保有することになりますので、その方向性についてしっかりと検討し、ご自身の利益につなげていく必要があります。

そのため、株式会社の場合、会社の方向性について会社が勝手に決めて実行していくのではなく、株主にもしっかりとご理解頂いた上で、事業活動を行う必要があります。

そのため、株主総会においては、予め話し合われる内容として議案が提示され、その内容に賛成もしくは反対を投票するものになります。

株式投資を行うと6月ごろになると株主総会の招集通知が届きます。株主総会とは何をしている会議なのか?と疑問に思われている方も多いのではないでしょう...

日本の個人投資家の議決権行使率は54%

株主となれば、機関投資家や個人問わず議決権行使書を通じて議決権行使が可能となりますが、日本国内の個人投資家は議決権行使はどれ位の割合で行っているのかを調べてみました。

野村ホールディングスが公表している「ノムラ個人投資家サーベイ2018年9月号」に記載されているデータによると、2018年6月の株主総会における議決権行使率は54.1%としており、約半数の個人株主が議決権行使していることがわかります。そのため、2人に1人は議決権を行使していることになり、個人の間でも行使は行われていることがわかります。

一方で、議決権を行使しない理由としては、「面倒である」、「行使しても影響が無い」との回答が32.9%を占めているとしており、これは選挙に行かない理由とほぼ同じ理由となっていることがわかります。



議決権行使しなくても直接の問題は無いが長期投資であれば行使することを推奨

議決権行使については、個人投資家が行使をしなくても株主としての権利がなくなる、配当金が受け取れないなど何かしらのペナルティがあるわけではなく、あくまでも個人の意思表示であるため、強制力が及ぶものではありません

ただし、企業によっては議決権行使を行った方のみに株主優待をお送りする企業もたまにありますので、直接的にまったく問題がないわけではありません。

議決権行使については短期売買など投資目的によっては議決権行使を行わないという選択肢があっても良いと考えていますが、投資目的が長期で投資したい、企業活動を支えたいというのであれば、議決権行使を行うことをおすすめします。

ご自身の意思表示の有無で企業の今後の方向性が決まることもあります。あまりにも、議決権行使の数が揃わなかった場合、可能性は低いですが株主総会が開催できないことになります。また、これを理由にガバナンス体制が疑われ株価の下落につながる、最終的にはガバナンスが行き届かず不祥事が発生して株価が暴落し損失がでるなど、長期的な目線で見ると何かしらの形で株主にとってマイナスの影響として帰ってくることにつながります。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

貿易摩擦の懸念が再浮上で株式相場が再び下落へ!15日の貿易協議の結果に注視

2018年の大納会は2万0014円77銭で取引終了!今年の株式相場を振り返り

日本特有の親子上場の問題点とは何か?

半導体関連株の買い時の到来か?長期的には最大の買い場

2018年3月期の上場企業の純利益は35%増加、稼ぐ力高まる

自然災害が発生したときに与える株価への影響は?