株式投資をする前に知っておきたい投資で得られる3つの金銭的な利益

株式投資のイメージとして、株価が上昇したタイミングで売却してその値上がり益で利益を得ることがあげられます。株式投資では値上がり益以外にも、配当金や株主優待といった利益も得られます。今回は株式投資で得られる3つの金銭的な利益について詳しく紹介します。

株価の値上がり益で利益を得る

株式投資においては、多くの方が株価が上昇し値上がり益を得る目的で投資を行っている方が多いかと思います。

ご自身が購入したタイミングにおける株価に比べて、後日株価が上昇した場合、購入価格と売却価格を差し引くと、その分値上がり益として受領することができます。

例えば、1株1,000円の株式を100株購入した場合、購入価格は10万円になります。購入後200円値上がり1株1,200円になったタイミングで100株売却した場合、12万円が手元に戻ってきます。購入時の10万円から売却時の12万円を差し引くと2万円が利益となります。

ただし、売買を行う際、ご利用の証券会社が定めた手数料を支払う必要があります。そのため、事前に手数料が安い証券会社を利用するなど取引におけるコストも低くしておくことが重要です。SBI証券楽天証券マネックス証券のネット証券を活用することで取引時のコストが抑えられます。各社の手数料については以下の記事で紹介していますので合わせてご覧ください。

株式投資を始める上では、目的に合わせて最適な手数料プランを選び、手数料を抑えて取引することが重要です。今回は、ネット証券5社の現物取引と信用取引...

もちろん、ご自身が購入したタイミングから株価が下落した場合は、マイナスとなり損が発生することになり、これが株式投資における最大のリスクとなります。株式投資のリスクについては、以下の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

株式投資は、投資としての知名度は高いですがなんとなく「怖い」というイメージが先行しています。ただ、株式投資はリスクを理解した上でそれらを制御する...

配当金を受領して利益を得る

株式投資は値上がり益だけではなく、保有株式数に応じて、決められたタイミングで配当金を支払う企業もあります。配当金は、企業が事業活動を通じて得た利益を株主に分配するもので、利益還元となります。

日本企業の場合は中間決算と期末決算の年2回支払われます。一方で、米国企業は4半期ごとの決算で毎回配当金を支払う企業もあります。

日本の場合は事業の新年度は4月に始まり翌年の3月で終了となります。そのため、中間決算は9月、期末決算は翌年3月となります。この決算のタイミングにおいて株式を保有していれば保有株式数に応じて配当金が受領できます。

配当金の支払いタイミングは決算の約3ヶ月後となり、中間決算が9月、期末決算が翌年3月に発表されれば、中間決算の配当金は12月、期末決算の配当金は翌年6月に支払われます。

配当金は1株あたり何円といった形で記載されており、1株あたり20円であれば、100株保有していれば2,000円となります。配当重視の投資であれば、事前に配当金利回りと配当性向について調べておくことが重要です。



株主優待を受け取る

株主優待は、日本独自の株主還元制度で日本の個人の投資家の間では人気の制度となっています。これまで株式投資を行ったことがない方でも株主優待については聞いたことがある方も多いかと思います。また、株主優待を目的に初めて株を購入するという方が日本には多いのも面白い事実です。

株主優待は、企業が日頃の支援を感謝して自社の製品や割引券などを配布する株主還元制度であります。

例えば、普段利用するスーパーマーケットを展開している企業の株主になれば、スーパーマーケットで使える割引券を株主優待として受領することで、日々の買い物がお得に利用することができます。

近年では、企業経営に対する監視(コーポレート・ガバナンス(企業統治))が強まっている中、経営の透明性が求められており、企業同士の株式の持ち合いが減少していることとから、その受け皿として個人に株主になってもらうべく、消費者向けの事業(BtoC)を展開している企業だけではなく、企業向けの事業(BtoB)を展開している企業もクオカードなどの株主優待を導入する企業も増えています。

株主優待の検索はSBI証券楽天証券マネックス証券のネット証券で検索できますので合わせて活用してみると良いでしょう。また、株主優待の詳細については、以下の記事で詳しく記載していますので合わせてご覧ください。

株式投資の楽しみとして株主優待制度があります。株式投資を始める理由として優待を受け取りたいという動機も多いですが、今回は株主優待制度は具体的にど...
株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

人はなぜ投資で資産を増やせないのか?その要因を解説

株式投資をする前に知っておきたい3つのリスクとその制御方法

株主提案権とは何か?株主の立場として知っておきたい内容とその事例

株式投資する前に知っておきたい、決算書に書かれている5つの利益を解説

株式投資を始めるには何を勉強すればよいのか?

投資にリスクがあるのではなく、本当のリスク源は人間にある!?