ネット証券5社の米国株の取扱銘柄数と株式売買手数料を徹底比較!

株式投資を行う場合、国内だけではなく外国市場など国や地域を分散した投資も重要となります。近年ではネット証券を通じて、手数料を抑えて外国に投資することも可能となってきています。今回は、ネット証券各社の米国株の売買手数料を比較してみました。

インターネットの普及で外国市場への投資が容易に

これまで株式投資を行う場合、証券会社の窓口に出向いて口座開設を行い、国内に上場している企業を中心に売買を行うというパターンが一般的でしたが、近年では、インターネットの普及で世界中の情報がリアルタイムで入手できるようになった今、株式投資においても外国市場に簡単に投資ができるようになりつつあります。

米S&P500と日経平均株価の値動き比較

特に、日本の株式市場の場合、バブル崩壊後株価が右肩下がりに推移するなど、長年運用環境は厳しいものであったことから、外国市場への分散投資の重要性も増しているのも事実です。


ネット証券各社の米国株取扱銘柄数を比較

サクソバンク証券 SBI証券 楽天証券 マネックス証券 DMM.com証券
取扱銘柄数 約6000銘柄 約5000銘柄 約4,600銘柄 約4,500銘柄 約900銘柄

ネット証券各社の米国株取扱銘柄数(2022年2月時点)

国内のネット証券においては米国株を取り扱っている証券会社として、デンマークの投資銀行であるサクソバンク傘下の証券会社である「サクソバンク証券」、「SBI証券」、「マネックス証券」、「楽天証券」、「DMM.com証券」において取り扱いがあります。

各社ごとの取扱銘柄数を見てみると、米国株の取り扱い銘柄数が一番多いのがサクソバンク証券の約6000銘柄となっています。つづいて、マネックス証券の約3000銘柄、SBI証券と楽天証券が約1300銘柄、DMM.com証券が約900銘柄となっています。


米国株の売買手数料を比較

サクソバンク証券SBI証券マネックス証券楽天証券DMM.com証券の5社の売買手数料を比較してみました。

サクソバンク証券 SBI証券 楽天証券 マネックス証券 DMM.com証券
売買手数料 0.20% 0.45% 0.45% 0.45% 0%
最低手数料 5米ドル 0米ドル 0米ドル 0米ドル 0米ドル
上限手数料 15米ドル 20米ドル 20米ドル 20米ドル 0米ドル

1回の約定代金における売買手数料として一番安いのはサクソバンク証券で、0.20%となっています。残りの4社は0.45%に設定されています。

一方で、最低手数料については、サクソバンク証券とDMM.com証券が5米ドルになるのに対して、SBI証券とマネックス証券、楽天証券は0米ドルに設定されています。つまり、約定代金が低く0.45%に満たない場合は無料で売買できることになります。

最大手数料としては、サクソバンク証券が15米ドルなのに対し、残りの4社は20米ドルに設定されています。つまり、約定代金の金額が大きくなるのであればサクソバンク証券がお得に売買できることになります。


米国株の取扱銘柄数と売買コストはサクソバンク証券が一番!

出典:サクソバンク証券公式サイト

今回比較してみた結果、米国株の取扱銘柄数が多く、売買コストが安い証券会社はサクソバンク証券が1位となりました。

同社は米国株約6,000銘柄取り扱っていることに加え、現在ネット証券では取り扱いが無い欧州株が約2400銘柄、中国本土株と香港株合わせて約1,700銘柄取り扱っており、米国だけではなく、欧州や中国などグローバル規模に投資したい方にはおすすめしたい証券会社です。

サクソバンク証券についての詳細は以下の記事または同社公式サイトをご覧ください。

株式投資で外国市場に分散投資するにあたり、国内の証券会社であれば取扱銘柄が少ない問題があります。今回紹介するサクソバンク証券は米国と欧州を始めと...

サクソバンク証券公式サイト



関連記事

米国株でオプション取引は利用できる?国内から取引する方法

ナスダック100指数とは?指数概要とナスダック総合指数との違いについて解説

SBI証券のクレカ積立の登録方法と積立設定方法を徹底解説

米国株は空売りできる?その方法と利用可能な証券会社を紹介

米国企業決算で見かけるEBITDA(利払い・税引前、償却前利益)とは何か?

楽天証券は取引手数料が安くポイントも貯まる!サービス概要と特徴を解説