ロボアドのウェルスナビを初期投資額1万円からはじめる方法

低金利状況や将来的な年金不安などで資産運用の関心が高まりつつある中、ロボアドによる資産運用が話題となっています。ロボアドの代表的なサービスである、ウェルスナビは初期投資額は10万円となっていますが、10万円以下で始めたい方に、1万円からはじめる方法もあります。

ロボアドのウェルスナビの概要

ウェルスナビ公式サイト

ウェルスナビは、ロボットを用いて、運用者のリスク許容度を判定し、判定した許容度に応じて自動で運用するポートフォリオを最適化できる資産運用サービスです。

通常資産運用を行い場合、ご自身で運用したい銘柄を選び、常にポートフォリオを最適化していく必要がありますが、これらを行うには経済やその先の見通しを的確に判断して行う必要があります。ただし、多くの方は高度に先の見通しを判断することは難しいのが現状です。

ウェルスナビではこれらの作業を自動化しだれでも気軽に資産運用できるサービスとして登場しました。運用を行う上での手数料は預かり資産の1%(現金部分を除く、年率・税別)で運用可能で初期投資額は10万円から運用が可能です。

予め指定された海外の証券取引所に上場している7銘柄の上場投資信託(ETF)を用いて運用が行われます。上場投資信託(ETF)とは、株式や債券など対象の資産に対する指数に連動した値動きを行うように複数の銘柄を組み入れた上で証券取引所を通じて売買される有価証券です。

ウェルスナビ公式サイト

投資に興味はあるが難しくて一歩を踏み出せない方に最適な投資サービスとして、ロボットが自動で投資をしてくれるサービス「ロボットアドバイザー(ロボア...

SBIネオモバイル経由であれば1万円からウェルスナビが始められる!

SBIネオモバイル証券公式サイト

前述したとおり、ウェルスナビを利用するには初期投資額として10万円が必要になりますが、SBIネオモバイル証券経由でウェルスナビを利用した場合、初期投資額は1万円から可能となっています。

SBIがTポイントを運営しているカルチャーコンビニエンスクラス(CCC)と提携して、Tポイントで株式投資ができるサービスとして「SBIネオモバイル証券」を設立しています。

SBIネオモバイル証券では、Tポイントを使って数百円程度から株を購入することができるサービスです。また売買手数料は月額50万円未満であれば200円で取引し放題となり、活用方法によっては低コストで売買することができます。

また、SBIネオモバイル証券はウェルスナビとも提携しており、SBIネオモバイルの証券口座を開設した方に「WealthNavi for ネオモバ」を提供しています。SBIネオモバイルの利用者限定で初期投資額が1万円から可能で、初期投資額以外はウェルスナビと同様に運用可能となっています。

ただし、Tポイントを使ってウェルスナビの運用は現時点ではできませんのでご注意ください。

SBIネオモバイル証券公式サイト

近年ではポイントを使った投資サービスが増えている中、SBI証券とカルチャーコンビニエンスクラブ(CCC)が提携してTポイントを利用した株式投資サ...

ウェルスナビのおつり投資サービス「マメタス」を利用する

マメタス公式サイト

ウェルスナビでは、おつり投資サービスとして「マメタス」を提供しています。マメタスは家計簿アプリと連携することで普段のお買い物をした金額データを活用して、あらかじめ決めていた金額からお買い物金額を差し引いて、その端数を投資資金として運用するサービスです。

例えば、800円のお買い物をした場合、あらかじめ1,000円からお買い物の金額を差し引くと決めていれば、200円を投資として回すことができます。

お釣りとして判定させるために、家計簿アプリとして「MoneyTree」と連携させておく必要があります。ここで取得したおつりのデータを毎月1回26日に集約し、ウェルスナビのアルゴリズムを活用して自動で運用が行われます。

マメタスのおつり投資を行う場合は初期投資額として1万円が必要になります。1万円で始めたい場合は、マメタスを活用してはじめるのも一つの方法です。マメタスをはじめるには、ウェルスナビへの口座開設が必要となります。

ウェルスナビに口座開設

https://www.wealthnavi.com/mametas 近年では普段のお買い物で投資ができるサービスが話題となっています。あ...
おすすめロボアドサービス

ウェルスナビ

出典:ウェルスナビ公式サイト

ウェルスナビ初期投資額10万円から始められるロボアドサービスです。毎月1万円以上1円単位で積立投資もできますので余裕資金が少ない方でも気軽に資産形成が始められます。

約6問の質問に回答するだけでリスク許容度を判定し、それに合わせて自動運用を行いますので、特別な作業は不要になるほか、税金の繰り延べができる自動税金最適化機能(DeTAX)により無駄な税金の支払いが削減できるのも特徴です。

運用手数料も運用残高が3,000万円未満であれば年率1%、3,000万円超は年率0.5%(現金部分を除く、税別)で運用できます。

投資に興味はあるが難しくて一歩を踏み出せない方に最適な投資サービスとして、ロボットが自動で投資をしてくれるサービス「ロボットアドバイザー(ロボア...

ウェルスナビ公式サイト

THEO+docomo

出典:THEO+docomo公式サイト

THEO+docomoは初期投資額1万円から始められるロボアドサービスで、運用後も毎月1万円以上1000円単位で積立投資も可能です。

予め回答した5問程度の質問でリスク許容度を判定し、ETF30から40本でリスク許容度に応じてきめ細かな運用が可能です。

手数料については運用残高に応じて段階的に引き下げる手数料形態を導入しており、0.65%~1%で運用可能です。10万円以上で開始すると0.9%の手数料で運用可能で、ロボアドの中では手数料を抑えて運用できると言えます。

また、運用に応じて毎月ドコモのdポイントが付与されるのも大きな特徴です。100万円を1年間運用した場合、年間で付与されるポイント数は1800ポイントになります!

ロボットを活用して自動運用が可能なロボアドのTHEOは、NTTドコモと提携してドコモ利用者向けの運用サービスとして「THEO+docomo」を提...

THEO+docomo公式サイト

関連記事

ウェルスナビは毎月分配金の受け取りが可能!実際に受け取れる額はいくらか?

THEO(テオ)の口座開設から運用までの手順を徹底解説!

ロボアドでも外国税額控除の適用で節税が可能!その制度概要を解説

ドコモの「dカード」を使って投資運用が可能!おつり積立の詳細と運用方法を解説

ANAのマイルが貯まる!WealthNavi for ANAの特徴と概要を解説

ロボアド運用はTHEO+docomoがお得になる4つのポイントを紹介!