ロボアドはスマホを持っていなくても運用できるのか?

運用を検討されている方の中に、ロボアドは興味があるがスマホを持っていないという方もおられるかと思います。今回はロボアドを運用するにあたりスマホを持っていなくても運用できるのか解説します。

ロボアドとは?

近年、銀行預金の低金利状況が続いていることや、年金問題などで資産運用の関心が高まっています。国内においては預貯金で資金管理を行う方が大半でありましたが、徐々に運用のニーズは増えつつあります。

特にロボアドによる運用についても注目されています。ロボアドでは、投資者の年齡や保有金融資産などに基づいて、最適なポートフォリオの提案の他、ポートフォリオの最適化やリバランスなどを自動で運用が可能となっています。

これまで運用経験が無い方がいきなり資産運用を行うのはハードルが高い状況であることから、ロボットが自動で運用することで初心者層でも簡単に運用が可能となっています。

ロボアドサービスの代表的なサービスとしては、ウェルスナビがあります。

投資に興味はあるが難しくて一歩を踏み出せない方に最適な投資サービスとして、ロボットが自動で投資をしてくれるサービス「ロボアド」に注目が集まってい...

ロボアドを始めるにはスマホは必要ない

ロボアドはスマホで簡単に運用が行えることが売りの一つであり、各メディアにおいてもスマートフォンで簡単に運用管理している状況をアピールしています。

ロボアド各社は、専用のスマートフォンアプリを提供しており、専用アプリをダウンロードすることで簡単に運用状況を管理することができます。

ただし、ロボアドを始めるにあたり、必ずしもスマホは必要なく、インターネットに接続できるパソコン(PC)やタブレット端末があれば簡単に始めることができます。

口座開設時は、PCやスマホ、タブレットなどで、以下のロボアド各社の公式ホームページより、簡単に申し込みが可能です。また、リスク許容度の判定もアプリだけではなく、インターネット閲覧ソフトであるウェブブラウザでも利用可能です。


インターネットに接続できるPCがあれば事足りる

ロボアドの口座開設から運用を行うにあたり、スマホアプリ以外でもインターネットに接続できるPCやタブレット端末があれば、日々の運用管理が可能です。もちろん、ご自身専用のPCでなくても、家族共用のPCでも問題ありません。

ただし、インターネットカフェなど不特定多数の人が使うPCについては、金融管理を行うことからセキュリティ上好ましくありません。そのため、ロボアドで運用を行うには、ご自身や家族の範囲で使える何かしらの端末があるのが望ましいと言えます。

スマホについては、ウェブブラウザでも運用管理は可能ですが、画面が小さくなるため、情報量が限られます。そのため、専用アプリを使うことで小さい画面においても管理がしやすいメリットがあります。

おすすめロボアドサービス

FOLIO ROBO PRO

出典:FOLIO ROBO PRO公式サイト

FOLIO ROBO PROは、テーマ投資を提供しているFOLIOが金融機関向けに人工知能(AI)技術を提供しているAlpacaJapanと共同開発をして提供しているロボアドです。

高度な人工知能(AI)技術を活用することで、40種類以上の市場データを活用し、市場動向を先読みすることで、数年という短期間でも利益追求ができるとともに、市場の急変による損失を軽減することが期待できる新たなロボアドです。

運用は他のロボアドと同様に株式や債券価格に連動する上場投資信託(ETF)活用し約8銘柄で運用を行います。初期投資額は10万円からで、運用手数料は年率1.1%(税込)で運用することができます。一方で、積立投資には対応していませんので、ご自身で追加投資が必要になります。

テーマ投資を提供しているFOLIOから新たなロボアド「FOLIO ROBO PRO」を提供開始しています。人工知能(AI)を活用することで市場を...

FOLIO ROBO PRO公式サイト

THEO+docomo

出典:THEO+docomo公式サイト

THEO+docomoは初期投資額1万円から始められるロボアドサービスで、運用後も毎月1万円以上1000円単位で積立投資も可能です。

予め回答した5問程度の質問でリスク許容度を判定し、ETF30から40本でリスク許容度に応じてきめ細かな運用が可能です。

手数料については運用残高に応じて段階的に引き下げる手数料形態を導入しており、0.715%~1.1%(税込)で運用可能です。10万円以上で開始すると0.99%(税込)の手数料で運用可能で、ロボアドの中では手数料を抑えて運用できると言えます。

また、運用に応じて毎月ドコモのdポイントが付与されるのも大きな特徴です。100万円を1年間運用した場合、年間で付与されるポイント数は1800ポイントになります!

ロボットを活用して自動運用が可能なロボアドのTHEOは、NTTドコモと提携してドコモ利用者向けの運用サービスとして「THEO+docomo」を提...

THEO+docomo公式サイト

関連記事

ロボアド「FOLO ROBO PRO」の長所と短所は?運用前に知りたいポイントを...

ウェルスナビの口座開設時は一般口座と特定口座どちらを選ぶべきか?

海外転勤になった場合はウェルスナビやTHEOは引き続き運用可能か?

ロボアドでも外国税額控除の適用で節税が可能!その制度概要を解説

WealthNavi for SBI証券とWealthNavi for 住信SB...

ロボアドを運用中に死亡したら相続手続きはできる?