香港を代表する株価指数「香港ハンセン指数」の概要を解説

香港を代表する株価指数として「香港ハンセン指数」があります。香港は中国本土と外国の金融の窓口として中国本土の企業も香港証券取引所に上場することで外国から資金調達を行っています。。今回は香港ハンセン指数の概要を解説します。

香港ハンセン指数は香港を代表する株価指数

香港ハンセン指数(香港恒生指数)は、香港の株式市場全体を代表する株価指数であると同時に、中国市場を代表する株価指数としても使われています。

同指数は、香港の銀行である恒生銀行(はんせんぎんこう)傘下の指数提供サービス会社である「恒生服務有限公司」により算出されています。

香港証券取引所に上場する銘柄ののうち、時価総額など流動性が高い銘柄を選出して構成される、時価総額加重平均型株価指数です。日本では東証株価指数(TOPIX)などが時価総額加重平均型株価指数を採用しています。

香港証券取引所は、香港の地元企業だけではなく、中国本土に国籍を構える企業も多数上場しており、中国企業が外国から資金調達を行う手段として活用している他、中国のみならずアジアを代表する株価指数としても機能しています。

メインボード GEM
香港H株 レッドチップ その他
中国本土企業 中国企業香港法人 現地企業 新興企業

香港証券取引所では、東京証券取引所の東証1部に該当する「メインボード」と、マザーズに近い新興企業の「GEM」に別れます。メインボードは、中国本土に籍を置いている企業は「香港H株」と中国企業の香港法人が上場する「レッドチップ」、香港地元企業の「その他」に分けられます。

株式投資において分散投資を行うことは重要ですが、分散する方法の一つとして投資先の国を分散する方法があります。日本に加え投資先として将来的な人口増...

香港ハンセン指数の株価推移

香港ハンセン指数は、1964年7月31日を起点として指数を100として算出を開始しています。算出を始めた時点における銘柄数は33銘柄となっていますが、2019年9月現在では50銘柄程度となっています。

香港ハンセン指数の場合は組み入れられる銘柄数は一定ではなく状況などに応じて変動します。

これまでの株価の推移を見てみると、1987年時点では2500ポイント前後で推移していましたが、2019年9月時点では26,000ポイント前後で推移しており、30年間で約10倍程度まで上昇しています。

2008年のリーマンショック前までは30,000ポイントを超えましたが、その後は大きく下落し、10,000ポイント台まで下落後、再び上昇基調となっており、2018年1月に33,000ポイントを突破し、リーマンショック前の最高値を更新しました。

2019年9月時点では、米中貿易摩擦の影響や香港の逃亡犯条例をめぐるデモの影響などにより軟調に推移しています。


香港ハンセン指数の組み入れ銘柄

証券コード 銘柄名 業種

0101

恒隆地産 不動産

1038

長江基建集団 建設

1044

恒安國際集団 日用品

1088

中國神華能源 エネルギー

1093

石薬集団 製薬

1109

華潤置地 不動産

1113

長江実業集団 不動産

1177

中國生物製薬 製薬

0011

恒生銀行 金融

1299

友邦保険控股 金融

0012

恒基兆業地産 不動産

1398

中國工商銀行 金融

0151

中國旺旺控股 食品

0016

新鴻基地産発展 不動産

0175

吉利汽車控股 自動車

0017

新世界發展 不動産

1928

金沙中國 娯楽

1997

九龍倉置業地産投資 不動産

0019

太古(スワイヤーグループ) 金融

0001

長江和記実業 不動産
2007 碧桂園控股 不動産

2018

瑞声科技 電子機器

2313

申洲國際集団控股 衣料

2318

中國平安保檢(集団) 金融

2319

中國蒙牛乳業 食品

2382

舜宇光学科技(集団) 電子機器

2388

中國銀行(香港) 金融

2628

中國人寿保檢 金融

0267

中國中信 金融

0027

銀河娯楽 娯楽

0288

万洲國際 食品

0002

中電控股 電力

3328

交通銀行 金融

0386

中國石油化工 石油

0388

香港交易及結算所 金融

3988

中國銀行 金融

0003

香港中華煤氣 ガス

0005

HSBCホールディングス 金融

0669

創科実業 機械

0066

香港鐵路(MTR) 陸運

0688

中國海外發展 不動産

0006

電能実業 電力

0700

騰訊控股(テンセント) 情報通信

0762

中國聯通 (チャイナユニコム) 情報通信

0823

領展房地産投資信託基金 金融

0083

信和置業 不動産

0857

中國石油天然氣 (ペトロチャイナ) 石油

0883

中國海洋石油 (CNOOC) 石油

0939

中國建設銀行 金融

0941

中國移動 (チャイナモバイル) 情報通信

香港ハンセン指数に組み入れられている銘柄は2019年9月時点で50銘柄となっています。中国企業が多いほか、金融や不動産の組み入れ割合が多いのが特徴です。

香港証券取引所上場銘柄の売買方法

香港証券取引所に上場している銘柄を売買を行う場合は、国内の証券会社のうち、中国株の取り扱いがある証券会社を選ぶ必要があります。

国内のネット証券で中国株の取り扱いが豊富なのは、デンマークの投資銀行サクソバンク傘下のサクソバンク証券の他、マネックス証券SBI証券楽天証券がおすすめです。

サクソバンク証券 楽天証券 SBI証券 マネックス証券
手数料 0.25% 0.5% 0.26% 0.25%
上海証券取引所 161銘柄 235銘柄 取扱なし 取扱なし
深圳証券取引所 97銘柄 取扱なし 取扱なし 取扱なし
香港証券取引所 1733銘柄 719銘柄 1500銘柄 2058銘柄

サクソバンク証券は香港証券取引所のみならず上海証券取引所、深圳証券取引所に上場している銘柄の取引が可能で取扱銘柄数は1733銘柄となります。香港証券取引所に限っては、マネックス証券が2058銘柄と国内の証券会社では取扱数は首位となります。

ネット証券における中国株の取扱銘柄数と手数料についての詳細は以下の記事でまとめていますので合わせてご覧ください。

世界一の人口を有しており、今後も世界を牽引する経済成長が期待できる中国市場は長期的に株式投資においても有望な市場です。今回は国内で展開しているネ...
外国株の投資におすすめできる証券会社

サクソバンク証券

サクソバンク証券はデンマークを拠点に展開している投資銀行「サクソバンク」傘下の証券会社で、米国株が約6,000銘柄、欧州株が約2,400銘柄、中国本土と香港株合わせて約2,400銘柄と、ネット証券の中で米国株の取り扱いが豊富でかつ、国内の証券会社では取り扱いが少ない欧州株の取り扱いがあるのも特徴です。

売買手数料も米国株であれば約定代金の0.20%で最低手数料が5米ドル、上限が15米ドルと米国株を中心に取引を行う方であれば、大きくコストを抑えることが可能です。欧州株の売買手数料は約定代金の0.50%とこちらも低コストで売買可能となっています。

サクソバンク証券公式サイト

株式投資で外国市場に分散投資するにあたり、国内の証券会社であれば取扱銘柄が少ない問題があります。今回紹介するサクソバンク証券は米国と欧州を始めと...

マネックス証券

マネックス証券は、米国株約3000銘柄を扱っており、ネット証券の中では最多となっています。成長が著しいAppleやMicrosoftなども1株から購入可能で手数料も最低0ドルから最大20ドルと気軽に米国市場へ投資が可能です。

少額投資非課税制度(NISA)でも米国株の購入が可能で、NISA口座であれば買付手数料が無料となります!

マネックス証券公式サイト

マネックス証券は、国内の株式や投資信託の他、米国株や中国株といった外国市場に積極的に投資したいと考えている方におすすめできる証券会社です。今回は...

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

ネット証券で口座開設数が430口座突破したSBI証券でも米国株を取り扱っています。取扱銘柄数は1000銘柄以上で、こちらも手数料は最低0ドルから最高20ドルで購入可能です。また、上場とし信託(ETF)をNISA口座を利用すれば買付手数料が無料となります。

SBIグループの住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、日本円から米ドルに為替手数料が片道たったの4銭で利用できる他、外貨入出金サービスを利用することで同行の外貨預金口座から即時外貨を証券口座に無料で振替できます!

SBI証券公式サイト

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、インターネット証券大手のSBI証券の概要と特徴...

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券では約1000銘柄以上の米国株を取り扱っています。同社でも手数料は最低0ドルから最高20ドルで購入可能です。また、こちらもNISA口座での米国株の購入も可能で、上場投資信託(ETF)の場合、買付手数料が後日キャッシュバックされますので実質手数料は無料となります。

楽天証券公式サイト

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、楽天グループの楽天証券の概要と特徴を解説します...

関連記事

中国で急速に発展する深圳を代表する株価指数「深圳総合指数」の概要を解説

中国株を売却して利益が得た場合は譲渡所得として課税されるのか?

IPOとは何か?新規株式公開の仕組みを徹底解説

投下資本利益率(ROIC)とは何か?投資前に確認しておきたい経営指標を解説

JPX日経インデックス400とは何か?指数の概要について徹底解説

ドイツを代表する株価指数「ドイツ株価指数(DAX指数)」の概要を徹底解説