つみたてNISAと確定拠出年金(iDeCo)はどちらで運用すべきか?

資産運用を始めたいと考えている場合、確定拠出年金(iDeCo)とつみたてNISAのどちらで運用すべきか考えている方も多いかと思います。今回は、運用目的別につみたてNISAとiDeCoどちらで運用すべきか考えてみます。

つみたてNISAと確定拠出年金(iDeCo)の違い

つみたてNISAと確定拠出年金(iDeCo)は、制度そのものがなんとなく似ているため、混合している方も多く見受けられますが、制度そのものの目的は全く異なるものです。

つみたてNISA

つみたてNISAは、少額投資非課税制度(NISA)のつみたて運用に特化した制度で、手数料の安さやこれまでの運用成績などを加味した上で、金融庁が厳選した投資信託を対象に、年間40万円(毎月の積立額は3.3万円)を上限に最長20年間に渡り投資で得た利益が非課税となる制度です。

株式や投資信託などで運用益が出た場合、通常であれば20.315%の所得税が課税されますが、最長20年間これが非課税となり、40万円毎月運用をしていった場合、最大で800万円の投資に対して非課税となります。

運用商品も金融庁より厳選されていますので、投資について詳しくない方が始める場合、金融機関より手数料が高い投資信託を進められる可能性もなくなり、非課税制度を合わせると、着実に将来の資産形成ができるように制度設計されています。

金融庁が選定したつみたてNISA対象の投資信託については、金融庁のホームページをご覧ください。

つみたてNISAの制度概要については、以下に詳しくまとめていますので合わせてご覧ください。

2018年1月より、投資の税優遇制度として新たに「つみたてNISA」がスタートしました。つみたてNISAでは投資信託や上場投資信託(ETF)の積...

確定拠出年金(iDeCo)

確定拠出年金(iDeCo)は、既存の年金制度に上乗せして、運用していく年金制度の一つで、老後の資金を蓄えるために設立された年金制度であります。

日本の年金制度は、3段階で構成されており、第一段階として「国民年金(基礎年金)」第二段階として「厚生年金」、「国民年金基金」、第三段階として今回紹介する「確定拠出年金(iDeCo)」の他、「確定給付企業年金」、「厚生年金基金」があります。

そのため、確定拠出年金(iDeCo)をはじめるには、最低でも国民年金を加入(保険料の納付)が必要になります。

毎月、最低5,000円から1,000円単位で拠出(積み立て)が可能で、職業によって上限が異なります。企業年金制度が無い会社員の場合は最大2万3,000円、国民年金のみ加入している自営業者であれば6万8,000円となります。

運用するにあたり、証券会社などの金融機関に確定拠出年金用の口座開設が必要となります。運用商品は、証券会社が選択した、複数の資産や銘柄を組み合わせて運用する投資信託を活用します。

運用するにあたり手数料が必要になります。手数料は金融機関にもよりますが、加入時は加入時手数料として最低2,777円、運用時は最低でも167円の口座維持手数料が必要です。

各種税優遇制度が適用可能で、確定拠出年金を拠出した分は全額所得控除が適用できる他、運用益に対して非課税、受取時も公的年金等控除、退職所得控除が適用できます。

一方で、年齢が60歳になるまで、原則として拠出したお金は引き出すことはできませんので注意が必要です。

確定拠出年金(iDeCo)の制度概要については、以下の詳しくまとめていますので合わせてご覧ください。

2017年1月より老後の資金を運用する確定拠出年金(iDeCo)の加入対象者が広がりました。普段耳にするニュースなどで年金不安が聞かれる中、老後...

将来の資産形成であればつみたてNISAを利用する

つみたてNISAか確定拠出年金(iDeCo)のどちらで運用すべきかについては、運用目的に応じて使い分け得るのが鮮明で有ると言えます。

資産運用も目的が、将来の資産形成を目的にしているのであれば、つみたてNISAを活用することをおすすめします。

つみたてNISAは前述の通り、最長20年間非課税となりますので、運用益が出た場合税金を払う必要がありませんので、その分資産を増やしやすいと言えます。また、金融庁が選定した運用商品のみでありますので、手数料を抑えながら着実に運用できるのもポイントです。

また、将来的にまとまった資金が必要になった場合、いつでも現金化できます。一方、確定拠出年金(iDeCo)の場合は、60歳になるまで引き出すことはできません。

一方で、20年以上運用する場合、途中で制度が改定しない場合は、非課税期間を延長することはできませんので、20年以内を目安とした資産形成を目的に活用することをおすすめします。

つみたてNISAを利用するには、金融機関への口座開設が必要ですが、24時間いつでも都合が良いときに取引できるネット証券がおすすめです。SBI証券楽天証券マネックス証券松井証券ではつみたてNISAの取引も可能です。

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が430万口座を誇るネット証券です。NISA口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。また、投資信託のノーロードファンドは2018年10月時点で1335本取り扱っています。

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、インターネット証券大手のSBI証券の概要と特徴...

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券で、楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!また、ノーロードの投資信託は2018年10月時点で1335本取り扱っています。

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、楽天グループの楽天証券の概要と特徴を解説します...

楽天証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、国内だけではなく、米国の個別株の取扱いが豊富であることから、国内だけではなく米国株式市場にも幅広く投資したいと考えている方におすすめです!NISA口座での買い付けにより国内のみならず海外のの売買手数料が無料で取引可能です!ノーロードの投資信託は2018年10月時点で722本から選べます。

マネックス証券は、国内の株式や投資信託の他、米国株や中国株といった外国市場に積極的に投資したいと考えている方におすすめできる証券会社です。今回は...

マネックス証券公式サイト

松井証券

https://www.matsui.co.jp/

松井証券は創業100年の歴史と実績を持つ証券会社で顧客中心主義をモットーに顧客のことを第一に考えたサービスを創業以来提供してきました。NISAでの取引手数料が無料で利用できる他、投資信託は松井証券が厳選して選んだ低コストで運用できるものに加え、ブル・ベア型の投資信託を除き556本がノーロードファンドとなっています。

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、100年以上の実績を誇る老舗証券会社の松井証券...

松井証券公式サイト

老後の資金形成であれば「確定拠出年金(iDeCo)」を活用

一方で、運用する目的が老後のための資金形成であれば「確定拠出年金(iDeCo)」を活用することをおすすめします。

運用している資金は60歳になるまで引き出すことはできませんが、運用資金を60歳になり受け取る場合、他の公的年金の受け取りと合算して公的年金等控除が受けられる他、確定拠出年金で運用した資金を一時金として受け取る場合、企業の退職金と合算して退職所得控除の適用ができ、受取時の税金を最大限に抑えられます。

つみたてNISAの場合は、非課税期間が20年までとなりますので、老後まで20年以上有る方であれば、非課税期間が終了後に受取時に課税されてしまいます。

また、運用中においても、毎年の掛金の全金額が所得控除の対象となり、所得税を抑えることも可能です。

確定拠出年金(iDeCo)を始めるには、金融機関に確定拠出年金(iDeCo)専用の口座開設が必要になります。SBI証券楽天証券マネックス証券松井証券といったネット証券を活用するといつでも口座開設手続きができる他、加入時の手数料も2,777円から、毎月167円と低コストで運用できるのも特徴です。

老後の年金が2,000万円不足するとの報道より動揺が広がり確定拠出年金(iDeCo)へ加入する方が増えています。確定拠出年金(iDeCo)は、既...
確定拠出年金(iDeCo)におすすめな金融機関

SBI証券

https://site0.sbisec.co.jp/marble/dc/

SBI証券の確定拠出年金は、運用できる運用商品として株式や債券、不動産といった資産を対象とした指数に連動するインデックスファンドの他、より多くの利回りが期待できるアクティブファンドといった35本の豊富なラインナップを用意しています。

また、運用商品をどれを選んでよいかわからない方に、ロボットアドバイザー「SBI-iDeCoロボ」を提供しており、質問内容に回答するだけで属性に合わせて最適な運用商品を提案してくれます!

加入時と運用時の手数料は、加入時に国民年金基金連合会に支払う2,777円、運用時に毎月支払う口座管理手数料は、SBI証券から請求される運営管理手数料は無料で国民年金基金連合会と事務委託金融機関へ支払う167円のみとなっており、低コストでの運用可能です!

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://dc.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券が提供する確定拠出年金は、国内外の株式と債券、不動産、バランス型投資信託といった合計35本の投資信託を取り揃えています。加入時と運用時のコストも安く、加入手数料は国民年金基金連合会からの2777円のみで、運用時に毎月支払う口座管理手数料はたった167円で運用できます!

楽天証券は、通常の証券口座と確定拠出年金口座と同一のIDで利用することが可能で手間が省けるほか、管理画面も使いやすいのが特徴です!

楽天証券公式サイト

マネックス証券

https://mst.monex.co.jp/mst/servlet/ITS/ideco/IDecoGuestTop

マネックス証券の確定拠出年金は、国内外の株式や債券、不動産などに投資する厳選した23本の投資信託から運用商品が選べます。また手数料は、加入時には国民年金基金連合会に支払う2,777円のみで、運用時は金融機関から請求する運営管理手数料が無料となっていますので、こちらも毎月支払う口座管理手数料としてはたった167円で運用できます!

更に、マネックス証券では確定拠出年金専用のロボットアドバイザーを提供しており、はじめの運用商品選びをご自身の属性などをAIを使って最適な運用プランを提案してくれますので、はじめての方でも安心して運用を開始できます!

マネックス証券公式サイト

松井証券

https://www.matsui.co.jp/ideco/

松井証券は、創業100年以上を誇る老舗の証券会社で、これまでは中小証券会社として長年展開をしていましたが、業界で初めてネット証券に参入をしています。運用商品は松井証券が厳選した12本の投資信託から選ぶことが出来ます。ラインナップは少ないですがどれも信託報酬が1%未満の低コストの投資信託を選んでおり、はじめての方でも迷うことなく目的にあった運用商品を見つけられます!また、運用時の口座管理手数料はたったの167円で毎月低コストでの運用が可能です!

松井証券公式サイト

関連記事

少額投資非課税口座(NISA口座)を他の金融機関に変更することはできる?

少額投資非課税制度(NISA)が一部改定、海外転勤でも出国後5年間まで帰国後も非...

ジュニアNISAを使って資産を構築するためにすべきことと銘柄を選ぶヒント

少額投資非課税制度(NISA)で長期投資に不向きな株式銘柄の特徴とは?

少額投資非課税制度(NISA)が2024年に改定!制度改定概要のポイントを解説

老後資金2,000万円不足問題、確定拠出年金(iDeCo)を使って資金を効率よく...