個人株主が多い銘柄は買いか?その利点と注意点を解説

株式投資を行うとき、企業の成長性を重視して投資する方は多いかと思いますが、意外と株主構成を気にする方は少ないのが事実です。ただし、株主構成によって株価の推移にも影響することもある他、企業の事業活動においても全く影響がないというわけではありません。

有価証券報告書で株主構成で個人株主の比率を確認

上場企業の株主構成は、上場企業に発行が義務付けられている有価証券報告書に記載されています。そこで、金融機関や機関投資家、外国人投資家、個人株主の比率が確認可能です。

近年では、株主総会招集通知や株主通知においてもカラーでわかりやすく記載する企業も増えており、そちらの書類をあわせて確認できます。

株式投資を行う場合、企業の成長性ももちろん重要ではありますが、株主構成についても重要な判断をで有ると考えています。個人株主が多いから良い悪いの話ではなく、現在の株主構成がなぜその構成になっているのかを理解した上で客観的に判断することが重要です。

SBI証券楽天証券マネックス証券松井証券ライブスター証券といった、ネット証券でも口座開設すると四季報といった会社情報を無料で提供している場合もありあます。ネット証券は売買手数料もお得になるだけではなく、会社情報についても豊富に情報が記載されていますので合わせて活用すると良いでしょう。

大手企業で消費者向け事業を行っている場合は安定株主が多い

株主構成が個人株主が多い銘柄の特徴としては、消費者向けの事業を行っている企業が挙げられます。

例えば、普段利用するスーパーマーケットなどで見かける食品や日用品を製造しているメーカーや飲食店を展開している企業などが該当します。

企業の規模が大きく消費者向けに事業を展開している場合は、個人株主も多いですが、機関投資家も一定の割合います。そのため、相場環境が悪くなり外国人投資家が資金を引き上げた局面においても個人が下支えする場合も多くあります。

カゴメ(2811)の過去10年間の株価の推移

例えば、トマトジュースやケチャップで有名なカゴメ(2811)は、2018年12月期の株主総会招集通知に記載されているデータによると、個人株主の比率が99.54%を占めています。スーパーマーケットなどで見かけるため、消費者に身近で有ることや、個人向けの説明会や工場見学などIR活動も積極的に行うことで、個人への理解を深めてもらうための活動を行っている成果が出ているといえます。

株式数で見ると、個人が大量の株式数を保有するのは限界がありますので、個人の株式数の比率は54%と半分になりますが、残りの半分は、金融機関や機関投資家、外国人投資家となっており、株式数の比率ではバランスが取れているといえます。※銘柄の推奨ではありませんのでご了承ください。



中小企業で個人株主比率が多い銘柄はガバナンスに懸念あり

一方で、消費者向けに事業を展開しておらず企業規模も中規模もしくは小規模の企業の場合において個人株主が多い銘柄は注意が必要な場合も多くあります。

個人の場合、大型株は機関投資家や外国人投資家が多いことから、株価変動を避けたい、もしくは、将来的な急騰狙いなどで、中小企業などの小型株に投資する方も多く見受けられます。もちろん、上記の様なシナリオ通りになるケースもありますが、大きな懸念点としてはガバナンスにあります。

中小株の場合、時価総額も低く東証1部への上場ラインをギリギリのケースも見受けられます。そこで、単純に優待で個人をひきつけているケースも見受けられます。

また、機関投資家や外国人投資家が多くなると、企業への監視が強くなることから、個人を焦点にアプローチすることで、極力経営者の株式の持ち分を高い状態を維持し企業への監視を緩和し、できるだけ自由な経営を維持する目的も考えられます。

自由な経営をしたいのであれば、上場すること自体がおかしいのですが、個人から簡単に資金調達できることに加え、経営について無知な人が多い個人を利用しているという構図です。

個人株主が多い中小企業に投資する場合は、IR活動において機関投資家や外国人投資家へのアプローチも適切に行っているか、ガバナンスに関する意地悪な質問を経営者やIR担当者に対して行い適切な回答が帰ってくるかなども調査することが重要となります。

個人株主が多くても企業の努力で、機関投資家や外国人投資家が増えればその分株価も上昇し、将来的に大きな利益を得ることも期待できます。

SBI証券楽天証券マネックス証券松井証券ライブスター証券といったネット証券では、企業情報の他にアナリストの分析など客観的な情報も多く記載されています。各証券会社の詳細については、下記の公式サイトをご覧ください。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

株主総会の議決権行使率はどれくらいか?行使しない場合に考えられる問題点

株式投資で値上がり益を多く得るために削減すべきコスト

日本特有の親子上場の問題点とは何か?

株式投資を行う上で確認したい6つの経済指標と情報収集のポイント

自然災害時における投資運用資産のリスク管理方法

保有株を他の証券会社に移管できる?手続き方法と注意点を解説!