株の売買高(出来高)が少ない銘柄は買いか?その利点と注意点を解説

株式投資は、銘柄ごとに売買高(出来高)が異なり、世界中に名が知れた大手企業であれば売買高は大きく、中小企業などであれば知売買高低いケースもあります。今回は、株式投資を行うに当たり、売買高が少ない銘柄を売買するにあたりその利点と注意点を解説します。

株の売買高(出来高)は売買が行われた数量

売買高は株式が証券取引所などにおいて売買が行われた数量のことです。売買高の他に出来高という言葉も使われますが、基本的には同じ意味になります。

例えば、とある銘柄で買いが1,000株、売りが1,000株の売買取引が成立すれば、売買高は1,000株となります。

売買高は、数が多くなればなるほど活発に取引が行われている事となり、数が低ければ売買は閑散としているということになります。

株の売買高は、SBI証券楽天証券マネックス証券ライブスター証券松井証券といったネット証券に口座開設後、毎日の売買を確認することができます。

売買高が少ない場合に意味していること

株式投資において、特に個人の場合、売買高が少ない銘柄に先回りして投資して、後々急騰を狙うという考えて投資する方も見受けられます。

まず、売買高が少ないことを意味していることとしては、機関投資家や外国人投資家などに気づかれていない、事業内容に期待できない、業績が思わしくない状況が続いている、ガバナンスに問題があるなどが考えられます。

もし、事業内容に将来性が高く、業績も良好な状態が続いていおり、株主構成としても機関投資家や外国人投資家が少なければ、将来的に知名度が高まるにつれて、売買高が増え、長期的に株価が上昇することも考えられ、先手して投資した場合は大きな利益が確保できる可能性も高まります。

ただし、売買高が少ない銘柄に投資することは、得られるリターンは高い反面、その分、リスクも高い投資になることを承知しておく必要があります。



売買高が少ない銘柄は流動性低く株価が上昇しづらい

売買高が少ない銘柄は、売り買いが少ないため、流動性が低いというデメリットがあります。

流動性が低いことは、ご自身が買いたいもしくは売りたい値段で売買がしづらいということになります。もちろん、成行注文で注文を出せばよいのですが、流動性が少ないため、ご自身が想定していない価格で約定する場合も多いです。

また、株式相場が全体的に大きく売られる局面において、リスク回避のために、売り注文を入れたとしても、売買高が少ない銘柄の場合、買い手が少ないため、いつまで立っても売ることができないこともあります。

また、売買高が少ない銘柄は機関投資家や外国人投資家にとっては、想定した価格での注文がしづらいことから、投資の対象外となることも多く、余程注目すべき出来事がなければ、株価の大きな上昇を狙いづらいともいえます。



売買高が少ない銘柄は株価の変動が激しい

意外にも売買高が少ない銘柄は株価の変動が激しい傾向にあります。

売買高が多い銘柄のほうが変動が激しいという印象を持たれる方も多いかと思いますが、大手企業でも製造業など景気の影響を受けやすい銘柄であればその傾向もありますが、売買高が少ない銘柄は、売り手と買い手のバランスが一定に確保しづらいため、特段の理由がなくても大きく下落しているケースもありますし、その逆もあります。

そのため、数量が少なくても株価が大きく動くことも多く、多額の金額を投資している場合、全体的な相場に比べて、数パーセントも大きく変動しているということはめずらしくありません。

前述していますが、売買高が少ないため、多くの注文を出すことも難しく、機関投資家や外国人投資家が疎遠する理由にもなっています。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

景気後退が来た時に備えて株式投資家が備えておくべきこととは?

ANAホールディングスと日本航空(JAL)の株主優待制度を徹底比較

経営者の持分比率が高い上場企業へ投資する利点と短所とは?

日本株は長期投資に向かないのか?日本市場の問題点

個人株主が多い銘柄は買いか?その利点と注意点を解説

戦争が発生したとき株価はどうなる?世界情勢悪化時の投資方法