株式投資の売却後に再び同じ銘柄を買い戻すのは危険?利益確定の最適なタイミング

株式投資において利益確定を判断するタイミングが一番難しいと言われています。利益確定を行ったが、まだまだ株価が上昇すると考えたことがある経験も多いかと思います。

今回は利益確定を行った後に、再び買い戻した場合のリスクと、利益確定のタイミングについて考えてみます。

利益確定のタイミングを判断するのは一番難しい

株式投資を行うにあたり、一番むずかしいのは株を買うより売るのが一番難しいと言われています。

もちろん、株を購入するにあたり、適切なタイミングを判断して底値で買うことで、その後の値上がり益は期待できますので、そのタイミングを判断するのも重要です。

一方で、売却して利益確定を行う場合は、利益確定を判断するタイミングは人によってその判断基準は異なりますので、どのタイミングで売却すべきかというのは一概には言えません。

後述している通り、投資の目的に応じて利益確定のタイミングを考えておき、そのタイミングが来た時に売却を行えば良いことになります。

ただし、売却の作業は人の心理が絡んでしまうことから、心の中の囁きが邪魔をして、結局冷静な判断がしづらくなり、後々になって、利益確定のタイミングを間違ったと考えてしまう大きな要因であると考えます。

特に、近年ではSBI証券楽天証券マネックス証券ライブスター証券松井証券といったネット証券が普及し、インターネットでいつでも気軽に取引できるようになり、過去の店頭取引に比べると気持ちが高ぶっている状態で取引できる環境となっているのも大きいです。

利益確定が早すぎてその後の値上がり益が受益できなくなる

利益確定が早すぎる場合において、考えられることとしては、その後、株価が上昇した場合、その後の値上がり益を受けられなくなることです。

株価がこれ以上上がらないタイミングで売却できれば良いですが、売却は人の心理に一番左右されやすいタイミングでもある他、売却する場合、そこで利益が確定されてしまうことになります。

また、配当金や株主優待などを受領している場合は、利益確定でその権利もなくなってしまうことになります。

例えば、株価があまり大きく動かず、この状況が今後も続くだろうと判断して売却したものの、その後急騰して、その後の値上がり益が受けられなくなってしまう場合なども該当します。



利益確定後に再び同じ銘柄を買い戻す場合に考えられるリスク

一方で、利益確定の判断が間違ったと思い、再び同じ銘柄を買い戻す場合、前述したとおり、株価が上昇を続ければ良いですが、逆に、大きく下落する場合もあるということです。

例えば、利益確定を行ったが、まだまだ上昇が続いているのを見て、売却後の値上がり益を受益し損ねたと考え、再び同じ銘柄を買い戻した場合、しばらくして急落してしまい、損失が発生してしまうことも考えられます。

一方で、買い戻しをしなければ、その急落の痛手を受けずに済んだことも考えられますし、急落後の底値より低い価格で購入し持ち続けていれば、含み益は減ることは有るものの、マイナスになることはありません。

利益確定後の買い戻しはおすすめしない。ご自身の投資目的と投資手法の確立を

利益確定をした段階で、そのタイミングをなんとなく後悔した場合においても、再び同じ銘柄を買い戻すのは一旦辞めておき、まずは、ご自身の投資目的と投資手法を確立した上で、投資を再度開始することをおすすめします。

利益確定のタイミングを後悔するということは、その投資に対して投資目的や投資手法が確立されていない場合に起きます。

例えば、中小株でなかなか値上がりしない株を見切って売却後、大きく上昇した場合、長期的に我慢ができないのであれば、中短期的な投資手法が最適であると考えられ、流動性が高い大型株などに投資するほうが投資手法として見合っている可能性もあります。

また、我慢できなくて少し値上がりしただけで売却してしまうのであれば、まずは売却する目標株価を定めた上で株を購入することが重要となります。

株主優待目的であれば、市場が急落した場合においてもそれに振り回されずに、持ち続けるという選択肢もできます。

SBI証券楽天証券マネックス証券ライブスター証券松井証券といったネット証券を活用することで、過去の株価の値動きの他、各種レポート、会社情報などの詳細な情報も多く記載されていますので、それらを参考に投資目的と投資手法を考えてみると良いでしょう。

株に売却タイミングについては、以下の記事でも記載していますので合わせてご覧ください。

株式投資では買うのに比べて売るのが一番むずかしいと言われています。株は持っているだけではなく売ることで利益を得るというのも最大の楽しみであります...
株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

円高になると日本株は何故下がる?為替と株価の関係を解説

原油価格の変動における株価への影響とは?

制度信用取引と一般信用取引の違いは何か?信用取引の種類を解説

株主総会の招集通知が来ないときの対処方法をわかりやすく解説

株主優待制度導入企業の収益性は低い?優待の原資は何かを徹底解説

ANAホールディングスと日本航空(JAL)の株主優待制度を徹底比較