外国人投資家の比率が多い銘柄は投資しても大丈夫?投資する上での利点と注意点を解説

日本の株式市場は外国人投資家が約7割と市場における影響力は高いものがあります。個別銘柄において外国人投資家の比率が多いものも散見されますが、外国人投資家が多い銘柄は個人が投資しても大丈夫なのか気になる声も多いです。

今回は外国人投資家が多い銘柄に投資する上での利点と注意点を解説します。

外国人投資家が好む銘柄とは?

2018年度東証1部50社の投資者の割合

日本の株式市場は、現在約7割が外国人投資家によって売買されています。外国人投資家は、主に外国に拠点を構えている機関投資家や個人投資家のことで、年金を運用している年金基金の他、投資信託を受託して運用している金融機関、ヘッジファンドなど様々です。

日本株の変動の多くは外国人投資家の動向が大きく影響しています。一方で、外国人投資家と聞いても、明確に誰のことなのかイメージしづらいのも事実です。...

日本の株式市場において、個人投資家は2割程度しかおらず、個人投資家が日本株に投資する上では外国人投資家の動向をしっかりと把握することが重要となります。

外国人投資家は、大量に売買を行うため、流動性が高い売買高が高い銘柄を好んで売買を行います。そのため、大手企業で個人の間でも知名度が高い銘柄であれば、すでに外国人投資家が多くの株式を保有していることは珍しく有りません。

SBI証券楽天証券マネックス証券松井証券ライブスター証券といった、ネット証券でも口座開設すると四季報といった会社情報を無料で提供しており、各銘柄毎の投資家の比率も確認できます。

BtoB向けの事業を展開している大手企業は外国人投資家の比率が高い傾向に

IT見本市シーテック・ジャパンの村田製作所ブース(筆者撮影)

外国人投資家の比率が高い銘柄の傾向としては、時価総額が大きく企業向けに事業を展開しているBtoB事業を展開している企業となります。

一方で、個人投資家が投資する企業の傾向としては、個人向けにサービスを提供しているBtoC事業を展開している企業が中心となりますが、BtoB事業を展開している企業の場合、個人向けに広告宣伝を行っていないことも多いことから個人からの知名度が低いことが挙げられます。

また、1単元あたりの投資額が大きい銘柄も多く、個人の資力では投資しづらい銘柄が多いこともあります。さらに、株主優待制度が導入されていないなどで疎遠される傾向があります。

例えば、電子部品の村田製作所(6981)の外国人投資家比率は39%である一方で個人投資家の所有比率は15%となっています。ファクトリーオートメーション(FA)機器製造のファナック(6954)の外国人投資家比率は50%で個人投資家は11%となっています。



相場状況を判断し適切なタイミングで投資することが重要

外国人投資家が多い銘柄の場合、個人からすると投資しても大丈夫なのかといった疑問の声が聞かれます。外国人投資家が多い銘柄の場合は、株主還元やガバナンス体制など株主重視の経営が行われていることが多く、銘柄にもよりますが長期的に保有したい場合においても安心して持てるのではないかと考えています。

一方で、外国人投資家が多い銘柄は景気の動向に左右されやすい銘柄も多く、投資の適切なタイミングを判断することが一番重要であると考えています。

景気が悪くなるタイミングでは、外国人投資家は保有比率を下げる傾向にあり、一気に株価が下落することも珍しく有りません。そのため、個人が後から参入して高値掴みをしてしまうことも多いのも事実です。

そのため、相場状況が思わしくなく、外国人投資家が資金を引き下げているタイミングなどで投資を開始し、景気回復の予兆が見え始めた段階で外国人投資家が再度資金を流入するのを待ち、株価が上昇するのを待ちます。(相場が悪いときはしばらくの間、株価が乱高下する場合もありますので注意が必要です)

この方法は、長期投資でも中短期でも有効な方法で、中長期の場合は外国人投資家の資金流入が増えた段階で売却すれば利益がでますし、長期投資の場合は、過去10年程度の業績状況をチェックし景気の良し悪しで業績の影響度と株価への影響を調べ、過去の配当金の支払額の推移を確認し、長期的に投資できるか判断することが重要です。

外国人投資家の動向を知る方法については、以下の記事で詳しくまとめていますので合わせてご覧ください。

日本株の売買は、外国人投資家が7割を超えており、外国人投資家の動向によって日本株のの動向が大きく左右されるといっても過言ではありません。そのため...

SBI証券楽天証券マネックス証券松井証券ライブスター証券といったネット証券を活用することでも、外国人投資家など他の投資家の情報を得ることができます。また、企業情報の他にアナリストの分析など客観的な情報も多く記載されています。こちらの情報も合わせて活用すると良いでしょう。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

自然災害時における投資運用資産のリスク管理方法

日本企業で年4回配当銘柄はあるか?四半期配当実施企業を紹介

株式投資を行う上で確認したい6つの経済指標と情報収集のポイント

米国が利上げすると何故株価は下がるのか?その理由を解説

退職慰労金の議案は承認すべき?投資家の立場として知っておきたい基礎知識

景気後退が来た時に備えて株式投資家が備えておくべきこととは?