株式投資を始める場合、NISA口座と特定口座はどちらを選択して運用すべきか?

株式投資を行う場合、証券会社に口座を開設して運用を始めます。これまでは年間取引報告書の有無で一般口座か特定口座を選ぶ必要がありましたが、2014年より少額投資非課税制度(NISA)が始まったことで、NISA口座を選択することもできるようになりました。

今回は、株式投資を始める場合NISA口座と特定口座はどちらを選択すべきか考えてみます。

NISA口座と特定口座の違い

株式投資を始める場合、年間120万円までの投資に対する運用益が非課税となる少額投資非課税制度(NISA)での運用が可能となっている他、従来の一般口座もしくは特定口座も選択できます。

NISAは、年間120万円までの投資に対して運用益が最長5年間非課税となる税優遇制度です。株式投資で運用益を得た場合、通常であれば20.315%の所得税が発生しますが、NISA口座を利用することでこれが全て非課税となります。

近年では、政府が個人マネーを投資に振り向け経済成長を後押しするためにも、「貯蓄から投資へ」というキーワードの元、様々な制度を整えています。 ...

一方で、従来より利用されていた一般口座と特定口座については、年間の取引情報を記録した年間取引報告書が証券会社より発行されますが、その発行が無い口座が「一般口座」、発行される口座を「特定口座」と読んでいます。

更に、特定口座の中でも、運用益などが得た場合、証券会社側で自動的に源泉徴収が行われる口座を「特定口座(源泉徴収あり)」、源泉徴収を行わない口座を「特定口座(源泉徴収なし)」と呼びます。

そのため、特定口座で株式投資を行った場合、運用益が得られれば20.315%の所得税を支払う必要があります。源泉徴収ありの場合は証券会社側で税金を支払いますので確定申告は不要になりますが、源泉徴収なしの場合は、ご自身で確定申告を行った上で税金を支払う必要があります。

証券会社に口座開設を行うと、一般口座と特定口座(源泉徴収あり・なし)を選択する必要があります。それぞれの口座によって、確定申告を行う際の手続きが...

NISAは税金の支払いは不要だか損益通算ができない

NISA口座を利用して株式投資を行う場合、最大のメリットとしては非課税口座となりますので、運用益が得られた場合でも税金の支払いが不要になる点です。そのため、運用益が多く得られた場合はお得な制度となります。

一方で、損失が発生した場合においては、後述している通り、一般口座もしくは特定口座で利用できる損益通算が利用できません。そのため、損失が出た場合、損失が解消するまで待つか、配当金で相殺するなどしないと非課税の恩恵を受けることができません。



特定口座は所得税が発生するが損益通算などで節税も可能

特定口座を活用する場合、運用益が得られた場合、20.315%の所得税の支払いが求められます。そのため、NISA口座で非課税となることを考えると、その分運用益が減ることにもなります。

一方で、特定口座の場合は、運用益が得られた銘柄と損失を確定した銘柄に対して損益通算が可能で、運用益から損失分を差し引き、差し引いた残りの金額飲みに対して所得税が課税されます。

また、損失額が大きくなった場合においては、その損失分を翌年以降最長3年間に渡って得られた運用益と相殺できる繰越控除も適用可能となっています。

株式投資で思うように株価が上がらず評価損が発生することはよくあります。その場合、損失が出た場合、利益が出ている銘柄を確定し、相殺して確定申告する...

投資額やそのリスク度合いで口座を選択する

株式投資を行うにあたり、NISA口座と特定口座のどちらを選ぶかについて、投資額や投資のリスク度合い、損益通算の実施有無で口座を選択することが良いと考えます。

NISAを選択する場合

NISAの場合は、年間120万円までと投資可能額が決められていますので少額の投資を行いたい場合に選択肢となります。また、前述の通り損益通算ができませんので、損失がでないような運用を行う必要があります。そのため、株式投資においては、景気敏感株などの株価の変動が激しい銘柄を避けるなど、リスクをできるだけ抑えれる銘柄を選ぶ必要があります。

景気変動にさほど大きな影響はなく、長期的に継続して安定して配当金を支払っている銘柄がおすすめです。仮に、多少損失が発生しても、長期的に配当金で相殺できる銘柄を選べば、NISA制度の恩恵を受けることができます。

中には配当金を支払わない銘柄がありますが、NISA口座での運用するのもおすすめできず、後述の特定口座を活用した運用をおすすめします。

NISA口座の開設は、SBI証券楽天証券マネックス証券松井証券 といったネット証券を活用することで株式投資における売買手数料が金額を問わず無料となります。自宅にいながら口座開設から取引までが可能に成るほか、投資に関する情報も豊富に用意されているのも特徴です。

年間120万円の投資に対して最長5年間売却益と配当金が非課税となる少額投資非課税制度(NISA)を活用して投資を行う際、必ず証券会社もしくは銀行...

特定口座を選択する場合

一方で、特定口座では、より大きなお金で運用したい場合や景気敏感株、無配当銘柄などある程度リスクをとった運用を行いたいのであれば特定口座を活用することをおすすめします。

多くの運用益が得た場合、課税はされますが、逆に、リスクを大きく取る場合は損失も大きくなる可能性もあります。そのため、仮に損失が出た場合も、早めに損失確定して、損益通算を利用してこれまでの運用益と相殺することで、支払う税金を節約できます。

その他、証券会社に支払った売買手数料などの経費も差し引くことも可能です。ただし、収益を多くするためにも証券会社に支払う手数料は低ければ低いほどよいと言えます。SBI証券楽天証券ライブスター証券松井証券といったネット証券を活用することで、安く取引ができます。

松井証券では約定代金が10万円未満であれば手数料は0円、ライブスター証券は約定代金が大きくなると手数料は他社と比べて低めとなり、10万円超20万円までであれば97円で利用できる他、50万円取引してもたったの180円で取引できます。

株式投資を行う際に発生するコストとしては証券会社に支払う売買手数料があります。株式投資でできる限り多くの利益を得たい場合は、投資目的に合わせて最...

また、配当金を支払う銘柄の場合は、損益通算を行わない場合は、確定申告を行うことで配当控除を適用することもできます。配当控除についての詳細は以下の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

株式投資を行っている場合、投資先の企業から配当金を受領することがあります。ただ、受領した配当金については課税対象となります。ただし、配当控除を利...
NISAにおすすめな証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が430万口座を誇るネット証券です。NISA口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。また、投資信託のノーロードファンドは2018年10月時点で1335本取り扱っています。

近年では、低金利状況が続いていることや将来に向けた向けた運用の重要性が叫ばれている中、株式や投資信託を活用した運用ニーズが高まっています。株式や...

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券で、楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!また、ノーロードの投資信託は2018年10月時点で1335本取り扱っています。

近年では投資の重要性が叫ばれている中、投資を始めたいと考え証券会社への口座開設を検討している方も多いかと思います。証券会社の中でも楽天グループの...

楽天証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、国内だけではなく、米国の個別株の取扱いが豊富であることから、国内だけではなく米国株式市場にも幅広く投資したいと考えている方におすすめです!NISA口座での買い付けにより国内のみならず海外のの売買手数料が無料で取引可能です!ノーロードの投資信託は2018年10月時点で722本から選べます。

マネックス証券は、インターネットでサービスを展開しているネット証券です。国内の株式や投資信託はもちろん、米国や中国など海外市場に積極的に投資した...

マネックス証券公式サイト

松井証券

https://www.matsui.co.jp/

松井証券は創業100年の歴史と実績を持つ証券会社で顧客中心主義をモットーに顧客のことを第一に考えたサービスを創業以来提供してきました。NISAでの取引手数料が無料で利用できる他、投資信託は松井証券が厳選して選んだ低コストで運用できるものに加え、ブル・ベア型の投資信託を除き556本がノーロードファンドとなっています。

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要になります。今回紹介する「松井証券」は、派手な宣伝はしていませんが実績が100年以上と長く、インターネ...

松井証券公式サイト

関連記事

つみたてNISAのポートフォリオの決め方を徹底解説

証券口座の一般口座と特定口座の違いは何か?口座の違いについて徹底解説

少額投資非課税制度(NISA)で長期投資に不向きな株式銘柄の特徴とは?

少額投資非課税制度(NISA)とは何か?制度概要を徹底解説

少額投資非課税制度(NISA)が一部改定、海外転勤でも出国後5年間まで帰国後も非...

2018年1月よりスタートした「つみたてNISA」とは何か?制度概要を徹底解説