CAPEレシオ(シラーPER)とは何か?米国株に投資する際に確認したい指標概要を解説

株式投資を行う際に割安か割高かの判断材料は様々なものがありますが、国内では株価収益率(PER)が知られている一方で、米国では「CAPEレシオ(シラーPER)」という指標も合わせて用いられています。今回は、米国株に投資するにあたりぜひ知っておきたいCAPEレシオ(シラーPER)の指数について紹介します。

CAPEレシオ(シラーPER)とは?

CAPEレシオ(シラーPER)とは、米国のロバート・シラー氏(ノーベル経済学賞受賞)とジョン・キャンベル氏が考案した株式指標で、現在の株価が割高か割安かを判断する材料として米国を中心に使われています。

同指標は、現在の株価に対して、過去10年間の一株当り純利益の平均値を除算して求めます。

CAPEレシオ(シラーPER)=現在の株価÷過去10年間の一株当り純利益の平均値

株価が割高か割安かを判断する指数として有名なのは株価収益率(PER)ですが、こちらは、過去10年間の一株あたりの純利益の平均値を活用しますので、一時的要因による収益変動や中長期の景気循環が除外できる特徴があります。



CAPEレシオ(シラーPER)が25倍以上になると株価は割高

CAPEレシオ(シラーPER)は、一般的に指標の値が25倍以上になると株価は割高であると言われています。一方で、この指標の値が15倍を下回った場合は、株価が割安であると言われています。

株価の割高割安の判断指数としてよく使われる株価収益率(PER)は、現在の株価に対して、現状の一株あたりの純利益を除算して求めることから、あくまでも、現状に対して割高か割安かを判断することができますが、CAPEレシオ(シラーPER)は過去10年間の平均値を利用しますので、長期的にみて割高割安の判断が行えます。

株式投資で長期的に利益を得るには、現在の株価に対して適正であるかを判断する必要があります。今回は、株式投資を行うにあたり重要な投資尺度である株価...

もちろん、CAPEレシオ(シラーPER)の数値だけで投資判断はできるものでは有りませんが、市場サイクルがどの位置にあるのかを判断する材料として現状の水準を確認しておくことは重要となります。



米国のCAPEレシオ(シラーPER)の推移

一般的に同指標が25倍以上を上回って推移すると、割高であると言われていますが、過去どのような形で推移したのかを確認してみました。

2019年12月13日の時点で米国S&P500(青線)に対するCAPEレシオ(シラーPER)は30倍前後で推移しており、単純に判断するとS&P500は割高であると判断できそうです。

現在においてCAPEレシオ(シラーPER)の平均は約16倍ですが、過去のCAPEレシオ(シラーPER)の最高値は1999年12月の44倍となっています。逆に、最安値は、今回のグラフでは記載されていませんが、1920年12月の4.75倍となっています。



そのため、25倍以上推移していればどこかしらのタイミングで株価が調整していることがわかります。そのため、25倍以上のタイミングにおいては、2019年12月時点において黄色信号が点灯している状況であることが判断できます。

もちろん、これで大きな下落が発生するというわけでは有りませんが、株式投資を行うには市場サイクルを理解することが需要であることをオークツリーキャピタルのハワード・マークス氏は述べています。そのため、市場サイクルがどの位置にあるのかを見分ける材料として活用してみると良いでしょう。

CAPEレシオ(シラーPER)はAsset Allocation Interactive社のホームページを活用すると最新の情報が得られます。また、インターネットでも多くのサイトでデータが公開されていますんので合わせて活用することをおすすめします。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

信用取引とは何か?一般的な株取引との違いを踏まえわかりやすく解説

ネット証券5社の米国株の取扱銘柄数と株式売買手数料を徹底比較!

証券取引所とは何か?株の売買の仕組みをわかりやすく解説

外国株式の売却と配当受領時に発生する税金まとめ

VIX指数とは何か?VIX指数で株を買う適切な時期を知る方法を解説

NYダウとは何か?指数の概要について徹底解説