上場企業が人員削減(リストラ)を行った場合における株価への影響とは?

企業は多くの従業員を抱えることで事業活動を大きく行うことができますが、経営の状況によって人員削減を行うことがあります。今回は上場企業が人員削減を行った場合における株価への影響を考えてみます。

上場企業が人員削減(リストラ)を行う理由

企業は、事業環境が悪化した場合、リストラの一貫として人員削減を行う場合があります。

「リストラ=人員削減」と考えている方もいらっしゃいますが、リストラは人員削減の意味ではなく、英語の「Restructuring(リストラクチャリング)」を簡略化して日本語のカタカナ語として表記しており、企業が事業活動を行う中で、不採算事業の縮小や撤退、統廃合といった、事業内容を整理する意味になります。逆に、利益が出ている事業などに経営資源を集中させていくことになります。

企業は、その一環として人員削減を行うことがあり、今日の日本で考えられているように、従業員を解雇する、希望退職を募るなどして、人員を減らす他、不採算部門の人員を配置転換することも含まれます。

人員削減を行う理由としては、前述したとおり不採算事業を整理する一貫で、人員に余剰が出た場合に削減することで、人件費を減らし、採算がとれる事業を集中させることで、利益確保を行うものです。

欧州や米国では、日本企業とは異なり、利益確保のためによく行われる手法ですが、国内では労働法などの基準で簡単に人員を解雇できないなど積極的に行う企業は少ないですが、2008年の金融危機や2020年の新型コロナウイルス感染症拡大による需要減少などによる経営悪化により、人員削減を行う企業も増えてきています。

上場企業が人員削減を行えば株価は上がる

上場企業が人員削減を行うことを明らかにした場合、基本的に株価は上がります。

前述したとおり、人員削減を行うことで、従業員に支払う給料の支払額が減ることになりますので、これまで以上に利益確保が期待できます。

そのため、利益がより多く確保できることになれば、経営環境の改善につながることが期待されるとともに、株主に支払われる配当金も増えることも期待されます。

そのため、人員削減を行えば、基本的に株価は上がると考えておくと良いでしょう。



日本企業は人員削減を行っても株価は上がらない場合もある

人員削減を行うと、企業側が支払う人件費が削減できますので、利益期待で株価は上がりますが、人員削減を明らかにしたという理由で必ずしも株価が上がるわけではないことにも留意が必要です。

特に、日本企業の場合は、人員削減を行う場合は、最終的な手段として行う場合も多く、経営環境が悪化した場合は、始めに、目先の経費を削減する、設備の削減といった、人件費以外に発生する費用の削減から始めます。

そのため、株式市場においては、経営環境が悪化して、株価が下落するものの、これらの費用削減である程度株価は回復基調となるものの、そこに更に、人員削減が加わったとなれば、予想以上に経営環境が悪化していると懸念されることで、株価が下落するという状況はよくあります。

また、欧州や米国においても、機関投資家の間では、単純な利益だけを追求するのではなく、地球環境や人権などに配慮して社会的な責任も追求する企業を選定するESG投資を重視する傾向も強まっており、人員削減を頻繁に行うと、従業員を大切にしていない企業と判断され、結果として、機関投資家を中心に売却が相次ぎ、結果として株価が下落することも考えられます。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

保有株を他の証券会社に移管できる?手続き方法と注意点を解説!

株価収益率(PER)が高くても上昇する銘柄の見極め方

こんな株主優待に要注意!改悪・廃止される3つパターンとは?

株主優待制度導入企業の収益性は低い?優待の原資は何かを徹底解説

株式投資を行う上で確認したい6つの経済指標と情報収集のポイント

個人株主が多い銘柄は買いか?その利点と注意点を解説