政策保有株式とは何か?企業側のメリットと投資上の問題点

近年、日本の株式市場において政策保有株式を削減する動きが目立ちつつあります。また関連して、政策保有株式は問題があるという報道も多く目にします。今回は政策保有株式について解説するとともに、投資する上での問題点について考えてみます。

政策保有株式は株式を持ち合うこと

政策保有株式とは、企業同士が互いの株式を持ち合うことで、安定株主を確保することで、経営の安定化を狙う目的があります。

株式は保有する割合が増えれば増えるほど、企業経営に対する関与度合いが高まります。そのため、多くの割合の株式を互いで保有しあうことで、企業経営を行うに当たり下支えとしての役割を果たすことができます。

しかしながら、近年では政策保有株式の削減が進んでいます。後述していますが、企業統治の向上を目的としており、日本株式市場においても、企業価値を高め、長期的に投資しやすい環境の構築が求められています。

2018年6月に、東京証券取引所が企業統治指針を改定し、その中に政策保有株式の削減が盛り込まれています。

政策保有株を削減することで、市場への株式の流通を活発にし、複数の投資家が経営参加できるようにすることで企業統治の向上に期待できます。



企業側にとっては安定株主確保で経営安定化につながる

政策保有株式は、日本独自の習慣であります。株主が資金を出し合い、その証券として株式を保有する形態の会社である株式会社は欧州で東インド会社が発祥ではありますが、上場企業であれば、本来は誰でも企業の株主になることが可能です。一方で、その弱点として、会社が敵対買収などのリスクも高まります。

日本企業では、敵対買収などのリスクを防ぐために、取引先などで株式を互いに持ち合うことで、経営の安定化を狙います。また、株主総会における議決権を行使する場合においても、持ち合いによる比率が高いと、企業側が提示する経営陣の専任などがしやすくなります。

また、取引における仕入れなどが長期的にできる他、銀行と持ち合うことで、安定的な資金調達も可能となります。



政策保有株式が多いと企業統治の低下で企業価値が損なわれる

企業側にとっては政策保有株式はメリットは高いといえますが、逆に投資する側からすると、政策保有株式が多いと企業統治の能力が弱まり、企業価値が損なわれるリスクがあります。

政策保有株式により、ある株主が大半の議決権を握っている状態となれば、その他の少数株主の意見が通りにくくなるほか、経営の監視機能が低下し、後々大きな不祥事につながるなど、企業価値の低下に繋がる要因となります。

更に、政策保有株式が多ければ、利益還元についても多くの株式を持っている投資家に、その利益が流れてしまうことで、結果として少数の株主への利益還元が少なくなり、自己資本利益率(ROE)の低下に繋がります。

上場企業は、株式公開することで、多くの株主から資金を調達を行い、さらなる成長に向けた事業投資などに振り向け、そこで得た利益を株主に還元することが求められます。日本企業の場合は、株式市場は単なる資金調達の場としての認識しかなく、株主軽視の体質があるのも事実であります。

株式の持ち合いで大半の株主が株を握りしめている状況となれば、本来の株式公開の意味に反しており、企業価値の観点から政策保有株式は減らしていくべきであると考えています。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

投下資本利益率(ROIC)とは何か?投資前に確認しておきたい経営指標を解説

株式投資における議決権とは何か?その権利の詳細と仕組みを詳しく解説

長期金利とは何か?概要と株価との関係性についてわかりやすく解説

オプション取引とは何か?その仕組と特徴をわかりやすく解説

自己資本利益率(ROE)とは何か?投資する前に確認したい経営指標を解説

自己資本比率とは何か?財務健全性を判断できる指標を解説