VIX指数とは何か?VIX指数で株を買う適切な時期を知る方法を解説

株式投資を行うには、株を買うタイミングが重要です。特に、参考にしたい指数として「VIX指数」があります。VIX指数は「恐怖指数」とも呼ばれ、投資家の心理状況を知る手がかりとなります。今回は、VIX指数の概要とその使い方を解説します。

VIX指数は投資家の心理状況を知ることができる指数

株式投資を行う上で、是非合わせて確認したい指数として「VIX指数」があります。VIX指数は、Volatility Indexの略で、米国の株価指数であるS&P500指数を対象に、米国シカゴにあるシカゴオプション取引所がオプションの価格から推計される予想変動率を元に算出している指数です。

一般的に、VIX指数は、冒頭でも記載していますが、別名「恐怖指数」とも言われており、数値が高くなればなるほど、投資家が先行きに対して不安や恐怖を感じていることがわかります。

株式市場が平常時であれば、10から20程度で推移していますが、何かしらの経済にとって負の影響を与える大きな出来事が発生した場合、VIX指数は一気に跳ね上がり、30以上の値を記録することもあります。

数値が高い状態であれば、当然ながら株価が大きく下落しますので、多くの投資家が先行きに対して不安を感じることになり、VIX指数は大きく上昇します。



VIX指数はリーマンショック時は60台まで上昇

VIX指数推移

過去のVIX指数を見てみると、値が上昇するときは一気に上昇していることがわかります。1990年以降一番高い値として、2008年のリーマンショックが発生したときの60台があります。

その他、1997年のアジア通貨危機において40半ばまで上昇したほか、2000年以降では米国同時多発テロの発生から、これを起因としたイラク戦争、中国南部で発生した重症急性呼吸器症候群(SARS)など経済にとっての負の影響を及ぼす出来事が頻発し2002年に40台まで上昇、その後は、リーマン・ブラザーズが倒産したことをきっかけに、世界の金融市場が壊滅的な打撃を受けたリーマンショック時の60台があります。

また、2011年に南欧諸国財政危機、2015年のチャイナ・ショック、2020年の新型コロナウイルスの感染者拡大によって40台を突破しています。

VIX指数が30以上を記録している状況では米国株は10%以上大きく下落する

VIX指数は投資家の心理を表したものですが、前述したとおり、経済にとって負の影響を及ぼす出来事が発生すると値が一気に上昇する傾向にあります。投資家が安心している状況である10前後の場合に、ちょっとした出来事をきっかけに大きく値の上昇が見られます。

VIX指数が一気に30以上上昇している時期は、米国株は大きく乱高下することとなり、一気に10%を超える下落を記録することも多いです。

2001年に米国の同時多発テロが発生したときは、米国株は12%程度の下落を記録したほか、2008年のリーマンショック時は、高値から50%を超える下げ幅を記録しています。



VIX指数が35以上の時期に米国株を買うと利益はが大きくなりやすい

VIX指数は、投資家が先行きに不安になっているタイミングで値が上昇しやすいことをお伝えしていますが、多くの方は値が上昇したタイミングでは株を買うのは危ないと考えてしまう方が多いかと思います。ただし、株式投資の原則としては、「安く買って高く売る」です。そのため、みんなが売っているタイミングで株価が安くなっているときに購入するのが得策であると言えます。

したがって、VIX指数は逆張りを行うための指数としても有効活用ができます。VIX指数が30を超えると米国株は大きく下落することを記載しましたが、逆に、VIX指数が35を超えたタイミングであれば、株が大きく売られていますで、ここで買うと長期的に大きなリターンが得られやすいといえます。

VIX値毎の年別リターン(各種資料から筆者作成)

当方で各種資料を元にVIXの値別のリターンを調べたところ、値が15以下のときに株を買った場合、1年後の平均リターンは10%、2年後は15%、3年後が35%となりました。一方で、VIX指数が20から25のときに株を買った場合は、1年後の平均リターンは3%、2年後は10%、3年後が20%となりました。また、損失については最大がマイナス20%前後と大きくなります。と続いて、VIX指数が30から35のときに株を買った場合は、1年後の平均リターンは15%、2年後は27%、3年後が35%となりました。損失については、最大でもマイナス10%前後となるなど、損失の影響も少なくできます。

そのため、米国株に投資する場合は、定期的にVIX指数を確認し、値が35を超えたタイミングで買いを入れると、長期的に大きなリターンが期待出来ると言えそうです。

米国株への投資は、サクソバンク証券SBI証券マネックス証券楽天証券がおすすめです。特にサクソバンク証券は米国株6,000銘柄以上取り扱っている他、取引手数料が約定代金の0.2%で最低5ドル、最大でも15ドルと費用を抑えて取引できます。各証券会社の詳細は以下の公式サイトより御覧ください。

外国株の投資におすすめできる証券会社

サクソバンク証券

サクソバンク証券はデンマークを拠点に展開している投資銀行「サクソバンク」傘下の証券会社で、米国株が約6,000銘柄、欧州株が約2,400銘柄、中国本土と香港株合わせて約2,400銘柄と、ネット証券の中で米国株の取り扱いが豊富でかつ、国内の証券会社では取り扱いが少ない欧州株の取り扱いがあるのも特徴です。

売買手数料も米国株であれば約定代金の0.20%で最低手数料が5米ドル、上限が15米ドルと米国株を中心に取引を行う方であれば、大きくコストを抑えることが可能です。欧州株の売買手数料は約定代金の0.50%とこちらも低コストで売買可能となっています。

サクソバンク証券公式サイト

株式投資で外国市場に分散投資するにあたり、国内の証券会社であれば取扱銘柄が少ない問題があります。今回紹介するサクソバンク証券は米国と欧州を始めと...

マネックス証券

マネックス証券は、米国株約3000銘柄を扱っており、ネット証券の中では最多となっています。成長が著しいAppleやMicrosoftなども1株から購入可能で手数料も最低0ドルから最大20ドルと気軽に米国市場へ投資が可能です。

少額投資非課税制度(NISA)でも米国株の購入が可能で、NISA口座であれば買付手数料が無料となります!

マネックス証券公式サイト

マネックス証券は、国内の株式や投資信託の他、米国株や中国株といった外国市場に積極的に投資したいと考えている方におすすめできる証券会社です。今回は...

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

ネット証券で口座開設数が430口座突破したSBI証券でも米国株を取り扱っています。取扱銘柄数は1000銘柄以上で、こちらも手数料は最低0ドルから最高20ドルで購入可能です。また、上場とし信託(ETF)をNISA口座を利用すれば買付手数料が無料となります。

SBIグループの住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、日本円から米ドルに為替手数料が片道たったの4銭で利用できる他、外貨入出金サービスを利用することで同行の外貨預金口座から即時外貨を証券口座に無料で振替できます!

SBI証券公式サイト

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、インターネット証券大手のSBI証券の概要と特徴...

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券では約1000銘柄以上の米国株を取り扱っています。同社でも手数料は最低0ドルから最高20ドルで購入可能です。また、こちらもNISA口座での米国株の購入も可能で、上場投資信託(ETF)の場合、買付手数料が後日キャッシュバックされますので実質手数料は無料となります。

楽天証券公式サイト

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、楽天グループの楽天証券の概要と特徴を解説します...

関連記事

配当金再投資制度(DRIP)とは何か?その概要と日本国内で利用可能な証券会社

ダウ平均株価(NYダウ)に連動する上場投資信託(ETF)を徹底比較

ダウ平均株価(NYダウ)とナスダック総合指数に違いは何か?

過去10年で4倍に上昇!ナスダック指数に連動する上場投資信託(ETF)を徹底比較

米国株を売却して利益が得た場合は譲渡所得として課税されるのか?

ナスダック総合指数とは何か?指数概要を徹底解説