中国株に投資する際の1単元あたりの株式数はいくらか?1株から取引する方法も紹介

中国株に投資したいと考えている場合、1単元あたりの株式数はいくらから取引できるのか気になります。今回は、中国株への投資を検討している方に、1単元あたりの株式数を調べてみました。

中国株式市場は本土市場と香港市場に分かれる

中国株式市場は、中国本土市場と香港市場の2つに分けられます。

上海証券取引所 深圳証券取引所
A株 B株 A株 B株
人民元 米ドル 人民元 香港ドル

中国本土市場は、上海証券取引所と深圳証券取引所の2つの証券取引所で売買が行われています。上海証券取引所と深圳証券取引所はそれぞれA株とB株に分かれており、A株は中国人民元建てで株式が発行されており主に本土在住者向けの市場となります。一方で、B株は上海証券取引所は米ドル建て、深圳証券取引所は香港ドル建てで株式が発行されており、外国人投資家向けに開放された市場になります。

取引時間は、前場と、お昼休み挟んで、後場に分けられており、前場は現地時間9時30分から12時まで、後場は現地時間13時から16時までとなります。

現在、日本国内から中国本土市場に接続可能な証券会社は少ないですが、ネット証券ではサクソバンク証券が上海証券取引所と深圳証券取引所の銘柄を取り扱っています。

メインボード GEM
香港H株 レッドチップ その他
中国本土企業 中国企業香港法人 現地企業 新興企業

香港証券取引所は、本土市場とは異なり、中国本土と外国市場の橋渡し役としての位置づけとなる証券取引所です。香港証券取引所は、メインボードと新興企業を集約したGEMに分かれており、メインボードの中でも、中国本土企業が「香港H株」、中国本土企業香港法人が「レッドチップ」、香港企業が「その他」に別れます。

香港証券取引所に上場する銘柄は全て香港ドル建てで発行されており、外国から投資する場合は、多くが香港証券取引所経由となります。取引時間は、中国本土市場と同様です。

香港証券取引所は、外国人に開放している取引所であることから、国内でも取り扱っている証券会社は多く、ネット証券では、サクソバンク証券の他、マネックス証券SBI証券楽天証券でも取り扱いがあります。

中国本土市場の詳細については、以下の記事で詳しくまとめていますので合わせてご覧ください。

株式投資において分散投資を行うことは重要ですが、分散する方法の一つとして投資先の国を分散する方法があります。日本に加え投資先として将来的な人口増...

中国株の1単元あたりの株式数は中国本土は100株、香港は銘柄毎に異なる

中国株に投資する場合、日本株と同様に1単元あたりの銘柄数が決められています。しかしながら、中国株の場合は、上場している市場や銘柄によって1単元あたりの株式数は大きくばらつきがあります。

日本株においても、これまで銘柄によって1単元あたりの株式数は異なっていましたが、概ね1000株と100株の2つに分かれていました、東京証券取引所では、売買がしやすいように1単元あたりの株式数を2018年10月より100株に統一しています。さらに、2021年に向けて1株からでも取引できるように準備を進めていくことを明らかにしています。

東京証券取引所は、これまで1単元あたり100株としていた売買単位を1株から売買可能にできるよう新制度を検討していることを明らかにしています。売買...

中国株の場合は、中国本土市場の場合は1単元あたりの株式数は日本と同様に100株に設定されていることが多いですが、香港市場の場合は銘柄によって、1単元あたりの株式数は異なっており、統一がされていません。ただし、1単元あたりの株式数が多い場合、1株あたりの株価が低いことも多く、投資するのに多額の資金が必要という場合は少ないと得います。

テンセント・ホールディングス(0700.HK)の株価推移

例えば、香港証券取引所に上場している、中国インターネット大手のテンセント・ホールディングス(0700.HK)は、1単元あたりの株式数は100株となっています。2020年4月12日時点の一株あたりの株価は391.400香港ドルとなっており、100株購入するとなれば、日本円にして約54万7000円となります。

中国移動通信(0941. HK)の株価推移

同じく、香港証券取引所に上場している中国携帯電話通信大手の中国移動通信(0941.HK)の1単元あたりの株式数は500株となっています。2020年4月12日時点の一株あたりの株価は61.600香港ドルとなっており、500株購入するとなれば、日本円にして約43万円となります。

中国聯通(0762.HK)の株価推移

同じく、香港証券取引所に上場している中国通信大手の中国聯通(0762.HK)の1単元あたりの株式数は2000株となっています。ただし、1株あたりの株価は2020年4月12日時点で5.260香港ドルとなっており、2000株購入した場合における最低投資額は日本円にして約14万7,000円となっています。



サクソバンク証券では中国株が1株単位で売買可能

出典:サクソバンク証券

中国株に投資する場合、日本株同様に1単元あたりの株式数が多いですが、全体的に見ると、日本円にしても投資額もさほど高額であるわけではありません。ただし、日本株とは異なりますので、はじめは少額で投資を始めてみて、様子を見て投資額を増やしたいと考えている方も多いかと思います。

ネット証券の中でも、サクソバンク証券では、上海証券取引所、深圳証券取引所、香港証券取引所に上場する銘柄が1株から取引可能となっています。

インターネットのテンセント(00700.HK)は、前述した通り、100株単位で、最低投資額は約54万円を超える金額となりますが、サクソバンク証券を利用することで、1株たったの5千円程度で投資が可能となります。

サクソバンク証券 楽天証券 SBI証券 マネックス証券
手数料 0.25% 0.5% 0.26% 0.25%
上海証券取引所 161銘柄 235銘柄 取扱なし 取扱なし
深圳証券取引所 97銘柄 取扱なし 取扱なし 取扱なし
香港証券取引所 1733銘柄 719銘柄 1500銘柄 2058銘柄

中国株取引手数料と取扱銘柄比較

サクソバンク証券は、上海証券取引所に上場している銘柄が161銘柄、深圳証券取引所に上場している銘柄が97銘柄、香港証券取引所に上場している銘柄が1733銘柄と、合計で2400銘柄以上取り扱っています。また、手数料も約定代金に対して0.25%に設定されており、ネット証券の中でも最安値を実現しています。

サクソバンク証券に関する詳しい内容については、以下の公式サイトもしくは記事を合わせてご覧いただければ幸いです。

サクソバンク証券公式サイト

世界一の人口を有しており、今後も世界を牽引する経済成長が期待できる中国市場は長期的に株式投資においても有望な市場です。今回は国内で展開しているネ...
外国株の投資におすすめできる証券会社

サクソバンク証券

サクソバンク証券はデンマークを拠点に展開している投資銀行「サクソバンク」傘下の証券会社で、米国株が約6,000銘柄、欧州株が約2,400銘柄、中国本土と香港株合わせて約2,400銘柄と、ネット証券の中で米国株の取り扱いが豊富でかつ、国内の証券会社では取り扱いが少ない欧州株の取り扱いがあるのも特徴です。

売買手数料も米国株であれば約定代金の0.20%で最低手数料が5米ドル、上限が15米ドルと米国株を中心に取引を行う方であれば、大きくコストを抑えることが可能です。欧州株の売買手数料は約定代金の0.50%とこちらも低コストで売買可能となっています。

サクソバンク証券公式サイト

株式投資で外国市場に分散投資するにあたり、国内の証券会社であれば取扱銘柄が少ない問題があります。今回紹介するサクソバンク証券は米国と欧州を始めと...

マネックス証券

マネックス証券は、米国株約3000銘柄を扱っており、ネット証券の中では最多となっています。成長が著しいAppleやMicrosoftなども1株から購入可能で手数料も最低0ドルから最大20ドルと気軽に米国市場へ投資が可能です。

少額投資非課税制度(NISA)でも米国株の購入が可能で、NISA口座であれば買付手数料が無料となります!

マネックス証券公式サイト

マネックス証券は、国内の株式や投資信託の他、米国株や中国株といった外国市場に積極的に投資したいと考えている方におすすめできる証券会社です。今回は...

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

ネット証券で口座開設数が430口座突破したSBI証券でも米国株を取り扱っています。取扱銘柄数は1000銘柄以上で、こちらも手数料は最低0ドルから最高20ドルで購入可能です。また、上場とし信託(ETF)をNISA口座を利用すれば買付手数料が無料となります。

SBIグループの住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、日本円から米ドルに為替手数料が片道たったの4銭で利用できる他、外貨入出金サービスを利用することで同行の外貨預金口座から即時外貨を証券口座に無料で振替できます!

SBI証券公式サイト

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、インターネット証券大手のSBI証券の概要と特徴...

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券では約1000銘柄以上の米国株を取り扱っています。同社でも手数料は最低0ドルから最高20ドルで購入可能です。また、こちらもNISA口座での米国株の購入も可能で、上場投資信託(ETF)の場合、買付手数料が後日キャッシュバックされますので実質手数料は無料となります。

楽天証券公式サイト

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、楽天グループの楽天証券の概要と特徴を解説します...

関連記事

中国で急速に発展する深圳を代表する株価指数「深圳総合指数」の概要を解説

中国株を売却して利益が得た場合は譲渡所得として課税されるのか?

中国株に投資する際に把握したい長所と短所とは?

中国株の港股通・滬港通・深港通とは何か?3つの制度概要を解説

中国株は空売りできる?その方法と利用可能な証券会社を紹介

アジアの株式市場を牽引する中国株式市場の概要と特徴を解説