欧州株の1単元あたりの株式数はいくら?取引に必要な初期投資額も合わせて紹介

外国株に投資する場合においても、銘柄によって日本株同様に売買単位が定められていることもあります。今回は、欧州株へ投資する場合において、売買可能な株式数と初期投資額を解説します。

欧州株式市場の特徴

英国バッキンガム宮殿前の通り(筆者撮影)

欧州株式市場は、世界において米国株式市場に次いで売買規模が大きい株式市場であります。その中心となる証券取引所として、英国の「ロンドン証券取引所」、ドイツの「フランクフルト証券取引所」、フランスの「ユーロネクスト・パリ」を中心に取引の仲介を担っています。

欧州株式市場においても、日本国内でも馴染みがある企業が多く上場しており、日用品のユニリーバ(ULVR.L)、食料品のネスレ(NESN.SW)、自動車のBMW(BMW.F)、ルイヴィトン(MC.F)などがあります。

米国株式市場は最先端の企業が多い特徴がありますが、欧州株式市場の場合は伝統的な企業が多い特徴があります。

欧州株式市場の値動きを知る指数としては、ロンドン証券取引所に上場している売買高上位100銘柄の値動きを示した「FTSE100指数」の他、ドイツの「ドイツ株価指数(DAX指数)」、フランスの「CAC40」があります。

株式投資を行うにあたり投資先の国を分散することも重要です。日本に加え投資先として検討したい市場として欧州市場があります。今回は欧州株式市場の概要...

欧州株は米国株同様1株から取引が可能

日本株の場合、株式投資を行うに当たり1単元あたり100株として株式の購入が求められます。そのため、買いたい銘柄の株価を調べた上で、100株分の購入資金を用意する必要があります。

一方で、欧州株は米国株同様に1単元あたりの株式数の設定はなく、1株単位で売買することができます。

そのため、欧州株に投資する場合は数千円から数万円からと少額で投資できるのも特徴です。



初期投資額は数千円から数万円で取引可能

欧州株を購入する場合は、前述したとおり、1株単位で購入することができますので、株価によって数千円から数万円から取引することが可能となります。欧州株の場合、原則として通貨はユーロになりますが、ロンドン証券取引所に上場している銘柄は英ポンドでの売買になりますので注意が必要です。

例えば、フランクフルト証券取引所に上場している自動車のBMW(BMW.F)の場合、2020年4月24日時点の株価は1株あたり48.66ユーロとなっており、1株あたりの日本円(1ユーロ=約116円)での購入価格は、約5600円から購入できます。

ロンドン証券取引所に上場している通信のボーダフォン(VOD.L)は、2020年4月24日時点で1株あたり109.32ポンドで取引されており、1株あたりの日本円(1ポンド=132.93円)での購入価格は、約14,532円から購入できます。

英蘭ユニリーバ(ULVR.L)の株価推移

一方で、同じくロンドン証券取引所に上場している日用品の英蘭ユニリーバ(ULVR.L)は、、2020年4月24日時点における1株あたりの株価は4092ポンドとなっており、初期投資額としては日本円で54万3950円と、1株単位の購入でもやや高めの初期投資額が必要になります。



欧州株の取引はサクソバンク証券がおすすめ

1株単位で売買が可能な欧州株ですが、国内では欧州株を取り扱っている証券会社が少なく、取り扱っていても割高な手数料など、気軽に投資しづらいのが現状です。

そこで欧州株への投資を検討している方に、おすすめできる証券会社として、デンマーク投資銀行傘下の「サクソバンク証券」です。

ロンドン証券取引所 フランクフルト証券取引所 ユーロネクスト・パリ
銘柄数 約1000銘柄 600銘柄 800銘柄
手数料 0.5%(最低8ポンド) 0.5%(最低12ユーロ) 0.5%(最低12ユーロ)

サクソバンク証券は、イギリスが約1,000銘柄、ドイツが約600銘柄、フランスが約800銘柄と欧州株トータルで約2400銘柄取り扱っています。また、欧州株以外にも米国株が約6,000銘柄、中国株が2,000銘柄程度取り扱っており、世界分散投資を行う上では是非利用したい証券会社です。

欧州株の売買手数料は約定代金の0.5%と安価に設定されています。ロンドン証券取引所に上場している銘柄であれば最低手数料は8ポンド、フランクフルト証券取引所とユーロネクスト・パリであれば12ユーロに設定されています。

欧州市場にも分散して投資したいと考えている場合、手数料などのコストや取り扱い銘柄数などを加味するとサクソバンク証券が取引しやすいと言えます。サクソバンク証券の詳細については以下の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧いただければ幸いです。

サクソバンク証券公式サイト

株式投資で外国市場に分散投資するにあたり、国内の証券会社であれば取扱銘柄が少ない問題があります。今回紹介するサクソバンク証券は米国と欧州を始めと...

関連記事

ストックス欧州600指数(STOXX Europe 600 Index)とは?指...

欧州株に投資する4つの短所とその対処方法を解説

欧州株は配当金再投資制度(DRIP)は利用できる?

欧州株の投資で得た配当金はいくら課税される?配当受領時の税制度を詳しく解説

欧州株の配当はいつ支払われる?支払い回数と配当利回りを紹介

日本でも馴染みがある銘柄も多い?欧州株に投資する利点とは