通常のNISAからつみたてNISAへ口座種別の変更は可能?

少額投資非課税制度(NISA)は、株式や投資信託に利用できる通常の「NISA」と、投資信託の積立運用に特化した「つみたてNISA」の2種類がありますが、通常のNISAとつみたてNISAを併用して利用することはでず、つみたてNISAを利用したい場合は口座種別変更が必要です。

今回は、NISAの種別変更について詳しく解説します。

通常のNISAとつみたてNISA

少額投資非課税制度(NISA)は、個人の資産形成を後押しする目的で国が用意した投資の利益で非課税となる税優遇制度です。

通常投資で利益を得た場合、20.315%の所得税が課税されますが、NISAで運用することにより、非課税枠の範囲内であれば、本来課税される所得税が非課税となります。

NISAは、株式や投資信託の投資に利用可能な年間120万円までの投資枠が最長5年間非課税となる「NISA」と、投資信託の積立運用に特化し、年間の投資枠が40万円まで最長20年間非課税となる「つみたてNISA」があります。

年齢が日本在住の20歳以上であれば1人1口座で利用することができます。一方で、NISAとつみたてNISAの併用はできませんので注意が必要です。

近年では、政府が個人マネーを投資に振り向け経済成長を後押しするためにも、「貯蓄から投資へ」というキーワードの元、様々な制度を整えています。 ...
2018年1月より、投資の税優遇制度として新たに「つみたてNISA」がスタートしました。つみたてNISAでは投資信託や上場投資信託(ETF)の積...

NISA口座種別の変更は証券会社で手続きが必要

少額投資非課税制度(NISA)は、通常のNISAとつみたてNISAの2種類が用意されていますが、前述しているとおり、2種類を併用して利用することはできません。

何かしらの理由で、種別を変更したい場合は、取引がある証券会社に「勘定変更依頼書」に必要事項を記入して提出する必要があります。

SBI証券マネックス証券松井証券といったネット証券では、インターネットの専用ページより、「勘定変更依頼書」を請求する必要があります。

各インターネット証券における請求方法については、各社のホームページよりご確認ください。



種別変更前に運用していた投資商品はそのまま非課税枠で運用可能

NISA種別を変更する場合、変更手続きを行う前に保有していた株式や投資信託といった投資商品についての扱いは、変更種別後も非課税枠として運用することが可能です。

例えば、通常のNISAからつみたてNISAに変更した場合は、通常のNISAで株式を保有していた場合は、つみたてNISAに変更したあとでも株式は非課税で運用することが可能で、配当金の受領と買い付けて5年以内の売却であれば非課税となります。

一方で、株式を買い付けてから5年間経過したとに、つみたてNISAで設定されていた場合、次の非課税期間に引き継ぐ「ロールオーバー」が利用できませんので注意が必要です。必ず5年の非課税期間が終わる前に売却しておく必要があります。



通常のNISAで運用していた投資商品はつみたてNISAに引き継げない

通常のNISAで投資信託を運用していた場合において、つみたてNISAに種別変更した場合は、これまで運用した投資信託はつみたてNISAに引き継ぐことはできません。

前述している通り、NISA種別を変更した場合においても、買い付けしていたから5年間はそのまま非課税で運用することができます。

また、つみたてNISAは、金融庁が指定した投資信託のみが運用可能となっている制度になりますので、必ずしもこれまで運用していた投資信託がその対象に入っているとは限らず、つみたてNISAに引き継ぎが難しい理由としても考えられます。

つみたてNISAは長期的な資産形成を目的としていますので、それにふさわしい投資信託を中心に以下の基準を満たした銘柄が指定されます。

1.販売手数料が無料であること(ノーロードファンド)
2.信託報酬が一定水準以下であること(インデックスファンドは0.5%以下)
3.顧客(投資者)に対して、年間に支払った信託報酬額を通知すること
4.信託契約期間が無期限もしくは20年以上の期間があること
5.分配金の支払いが毎月でないこと
6.ヘッジ目的の場合などを除き、デリバティブ取引を行わないこと

NISAもしくはつみたてNISAを利用するには、金融機関への口座開設が必要です。ただし、金融機関によってはつみたてNISAに対応していない金融機関も存在するなど、金融機関によって対応内容に相違があるのも現状です。

近年ではインターネットで取引ができるインターネット証券の活用も増えています。SBI証券や、マネックス証券松井証券では通常NISAとつみたてNISAの取引も可能で、インターネットバンキングを利用することで、いつでも入手金が可能になる他、低コストの投資信託も多数取り扱っています。

NISAにおすすめな証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が430万口座を誇るネット証券です。NISA口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。また、投資信託のノーロードファンドは2018年10月時点で1335本取り扱っています。

近年では、低金利状況が続いていることや将来に向けた向けた運用の重要性が叫ばれている中、株式や投資信託を活用した運用ニーズが高まっています。株式や...

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券で、楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!また、ノーロードの投資信託は2018年10月時点で1335本取り扱っています。

近年では投資の重要性が叫ばれている中、投資を始めたいと考え証券会社への口座開設を検討している方も多いかと思います。証券会社の中でも楽天グループの...

楽天証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、国内だけではなく、米国の個別株の取扱いが豊富であることから、国内だけではなく米国株式市場にも幅広く投資したいと考えている方におすすめです!NISA口座での買い付けにより国内のみならず海外のの売買手数料が無料で取引可能です!ノーロードの投資信託は2018年10月時点で722本から選べます。

マネックス証券は、インターネットでサービスを展開しているネット証券です。国内の株式や投資信託はもちろん、米国や中国など海外市場に積極的に投資した...

マネックス証券公式サイト

松井証券

https://www.matsui.co.jp/

松井証券は創業100年の歴史と実績を持つ証券会社で顧客中心主義をモットーに顧客のことを第一に考えたサービスを創業以来提供してきました。NISAでの取引手数料が無料で利用できる他、投資信託は松井証券が厳選して選んだ低コストで運用できるものに加え、ブル・ベア型の投資信託を除き556本がノーロードファンドとなっています。

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要になります。今回紹介する「松井証券」は、派手な宣伝はしていませんが実績が100年以上と長く、インターネ...

松井証券公式サイト

関連記事

ジュニアNISAを使って資産を構築するためにすべきことと銘柄を選ぶヒント

つみたてNISAのポートフォリオの決め方を徹底解説

つみたてNISAいつ始めても非課税20年間に!2019年11月の制度改定詳細

NISAなのに非課税にならない!?配当金や分配金の受け取りで必ず確認すべきこと

少額投資非課税制度(NISA)とは何か?制度概要を徹底解説

少額投資非課税口座(NISA)は証券会社と銀行どちらが良いのか?