一株あたりの当期純利益(EPS)とは何か?株価への影響も合わせて確認

株式投資で利益を得るためには、企業業績に動向も重要になります。その中でも、投資家の間で特に重要視されている項目として一株当たりの当期純利益(EPS)があります。今回は、一株当たりの当期純利益(EPS)について解説するとともに、EPSの動向が株価にどのように影響するのか考えてみます。

一株当たりの当期純利益(EPS)は1株あたりの最終的な純利益のこと

一株当たりの当期純利益(EPS)は、企業が事業活動で稼いた純利益を一株あたりの株式数で割って算出した純利益となります。日本語では一株あたりの純利益、一株あたりの利益言われますが、英語ではEPS(Earnings Per Share)と呼ばれます。

企業は事業活動で売上を得た後、人件費やその他の経費を差し引いた後の営業利益、本業以外で得た収入や支出を加味した経常利益、税金などを支払った後に最終的に手元に残ったお金を純利益として計上します。

株式投資で銘柄を選定するにあたり業績が良好であり、利益を出し続ける企業に投資することが重要です。その手がかりを知るためには上場企業が公開している...

そのため、一株あたりの当期純利益(EPS)の動向は、企業がどれだけ稼いでいるかを示すと同時に、事業活動による企業成長を測る数値としても活用されています。

一株あたりの当期純利益は当期純利益を発行済株式総数で割って求める

一株あたりの当期純利益(EPS)を算出する方法としては、当期純利益を発行済株式総数で割って求めます。

例えば、当期純利益が1,000万円であり、発行済株式総数が1万株の場合、一株あたりの当期純利益は(EPS)は、1,000円となります。

当期純利益1,000万円÷発行済株式総数1万株=一株あたりの当期純利益(EPS)1,000円



一株あたりの当期純利益(EPS)は株価にも影響する

一株あたりの当期純利益(EPS)の動向は株価にも影響するため、株式投資をする上ではその動向を確認することは重要となります。

日頃、欠かさず確認している株価は一般的に、一株あたりの当期純利益(EPS)に株価収益率(PER)を乗算して算出できます。したがって、一株あたりの当期純利益(EPS)の数値が大きくなれば、株価は上昇し、逆に、一株あたりの当期純利益(EPS)が低くなれば、株価が下落します。

ただし、株価は需要と供給で変動しますので、単純に数字が大きくなれば株価が上がるという単純なものではありません。一株あたりの当期純利益(EPS)は、発表済みの数値となります。事前に証券アナリストなどが、一株あたりの当期純利益(EPS)予測を発表されます。

投資家は市況などを総合的に判断した上で、その予想を上回るのか、下回るのかを判断し事前に株を買う、売るを行っています。そのため、現状の一株あたりの当期純利益(EPS)に対して株が大きく買われると株価収益率(PER)の倍率が高くなり、逆に、買われた場合は(PER)は低くなります。

株式投資で長期的に利益を得るには、現在の株価に対して適正であるかを判断する必要があります。今回は、株式投資を行うにあたり重要な投資尺度である株価...

そのため、数値が予想を上回ると多くの投資家が判断した場合は決算前に株価が上昇しやすい傾向にあります。逆に、あまり期待できないときは事前に売られる傾向にあります。決済時にその数値が発表され、予想通り数値が上回っていた場合は、利益確定売りも出やすいのも特徴です。逆に、投資家の予想を遥かに上回った場合や数値が悪くても予想以上に落ち込んでいないなどは株が更に買われ、株価が急上昇することもあります。



投資先は一株あたりの当期純利益(EPS)を重視している企業を選択

投資先の企業を選ぶは判断は様々ですが、その一つとして一株あたりの当期純利益(EPS)を重視している企業を選択するのも一つの方法です。

一株あたりの当期純利益(EPS)は、株主の取り分でもありますので、一株あたりの当期純利益(EPS)を重視して経営している企業は、株主を重視した経営を行っていると判断できます。

各企業の一株あたりの当期純利益(EPS)の推移は、日経会社情報や四季報、SBI証券楽天証券マネックス証券などネット証券でも最新の数値が確認できます。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

東証株価指数(TOPIX)とは何か?指数の概要と日経平均との違いを解説

政策保有株式とは何か?企業側のメリットと投資上の問題点

自己資本比率とは何か?財務健全性を判断できる指標を解説

IPOとは何か?新規株式公開の仕組みを徹底解説

株主総会とは何か?株式投資家の視点における総会の概要を解説

自己資本利益率(ROE)とは何か?投資する前に確認したい経営指標を解説