自己資本比率とは何か?財務健全性を判断できる指標を解説

株式投資を始める場合、投資先の企業の財務健全性を知ることが重要です。その指標として活用されるのが「自己資本比率」です。今回は、自己資本比率について詳しく解説します。

自己資本比率は総資産から負債を差し引いた自己資本の割合

企業の財務健全性を把握するには、自己資本(株主資本)の割合がどれくらいあるのかを把握することが重要です。株式会社の場合、自己資本は、純資産であり株主の資本でもありますので、株主資本とも言われます。

企業は、自己資金だけではなく、金融機関からお金を借りて事業を行っています。そのため、総資産に対して負債がどれくらいあるのかを把握した上で、手持ちの資金はどれくらいあるのかを把握できます。

総資産には、現金や有価証券の他、工場や店舗、土地や建物、機械が含まれています。当然、工場や店舗、土地や建物、機械を購入するのに、金融機関からお金を借りている場合もあります。その借入金を負債と呼びます。総資産から負債を差し引いて、残った部分を自己資本と呼びます。

自己資本比率は、総資産から負債を差し引き、残った自己資本の割合が総資産に対してどれくらいあるのかを示したものです。

また、それらを一覧化した書類を賃借対照表と呼び、左側に総資産、右側に負債と自己資本で構成されます。

企業が事業活動を継続するにあたり、キャッシュフローの確保と、万が一の時に備えた現預金が必要になります。2008年の金融危機や2020年の新型コロ...

自己資本比率の計算方法

自己資本比率は、前述したとおり、賃借対照表からその数値を追うことができます。自己資本の額に対して、総資産の額で割り、100を乗算して算出することができます。

自己資本比率=(自己資本÷総資産)×100

例えば、総資産が1,000万円、自己資本が500万円であった場合、自己資本500万円に対して、1,000万円を割り、100を乗算すると、50%となります。そこから自己資本比率は総資産の額に対して、半分の割合であることがわかります。

上場企業は、必ず四半期ごとに決算を発表し、その段階で決算表を公開します。決算表には、賃借対照表も記載されており、そこに記載されている数値を活用して自己資本比率を算出することができます。



自己資本比率の目安は30%~40%程度

自己資本比率の割合が高くなればなるほど、企業が万が一、経営が厳しくなったときに手元資金が豊富なため、事業再生も迅速に行なうことが可能になり、業績回復も期待できます。

一方で、自己資本比率が低い場合は、経営が厳しくなった場合、経営再建のために、更に資金を調達する必要が出てきますが、金融機関からの信用は低くなり、資金調達が難しくなることも考えられます。

自己資本比率は、業種にもよりますが、大まかな目安としては30%~40%程度であるとされています。

日本には製造業や小売業、飲食業といった、固定資産が多く、人件費や設備に多くの費用が発生する業種が多いですが、それらの業種では自己資本比率は低くなる傾向にあり、上場企業において30%程度を保っている企業が多いです。一方で、多くの固定資産が不要となる情報通信業については、自己資本比率は高くなる傾向があり、上場企業において50%以上を保っている企業も多いです。



自己資本比率は高すぎるのも問題

日本企業の内部留保額推移(各種データを元に筆者作成)

自己資本比率は、数値が高ければ高いほど財務健全性は高くなりますが、上場企業の場合、自己資本比率が高すぎるのも問題であります。

もちろん、経営が厳しくなった場合、自己資本で迅速に経営が再建しやすい利点はありますが、自己資本が高い場合、内部留保が多く、株主還元が積極的に行われていない可能性も考えられます。

内部留保が高くなると、株主還元として配当金の支払いが無いもしくは少なく、株主側で受け取る利益が少なくなり、新規投資が行われないことから、将来的に企業が継続的な事業拡大が阻害され、収益向上の機会を逃すことに繋がります。結果として、「自己資本利益率(ROE)」が低下し、長期的に株価が低迷する要因にもなります。

そのため、単純に自己資本比率が高いだけではなく、自己資本の使い道についてもしっかりと調べた上で、自己資本比率の割合を保つことと、将来的な投資、株主還元が両立できる企業に投資することが重要であると言えます。

株式投資を行うに当たり、しっかりと稼ぎを得ている企業に投資することが重要ですが、それを判断できる指数として「自己資本利益率(ROE)」があります...
株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

香港を代表する株価指数「香港ハンセン指数」の概要を解説

投下資本利益率(ROIC)とは何か?投資前に確認しておきたい経営指標を解説

空売りとは何か?その仕組みと概要をわかりやすく解説

フランスを代表する株価指数「CAC40指数」の概要を解説

中国を代表する株価指数「上海総合指数」の概要を解説

IPOとは何か?新規株式公開の仕組みを徹底解説