株式分割とは何か?その概要と投資する上での注意点を解説

株式投資を行っていると、時々株式分割という言葉を耳にします。すでに投資をされている方で経験したこともある方もいらっしゃるかと思います。今回は株式分割の概要と、対象銘柄の投資上の注意点を解説します。

株式分割は既に発行された株式を分割すること

株式分割はしばしばピザやケーキを切って小分けにすることに例えられる

株式分割とは、既に発行されている株式を1株を2株、3株、4株などに分割を行なうことです。

例えば、1,000株保有していた場合において、株式分割が1株あたり2株になった場合、分割後の保有数量は2,000株になります。そのため、既存の投資家は保有株式数は増えることになります。

ただし、分割前と後では、株価は分割の割合に応じて現象します。ただし、分割前と後でも総額は変わりません。例えば、1株2,000円の株価に対して、1株2株に分割した場合、1株あたり1,000円となります。先程の1,000株保有していたという前提でお話をすると、1,000株で分割前は2,000,000円であったのが、分割後は2,000株で2,000,000円となります。(株価の変動については考慮しない)

株式分割で1回あたりの投資額が減少し投資しやすくなる

株式分割を行なう目的としては、企業側が投資家層を増やすことを目的としています。株価が上昇すればするほど、1回あたりの投資額は大きくなります。そのため、個人投資家などを中心に小口で投資したいという方にとって、投資しづらい状況となります。

そのため、株式分割を行なうことで、1回あたりの投資額を少なくすることで、個人投資家などが投資しやすくなり、投資家を増やすことが可能となります。そのため、市場においてより流動性が高くなりやすくなります。

近年では、電子機器のApple(AAPL)と電気自動車のTesla(TSLA)が株式分割を行いました。Apple(AAPL)は、2020年8月31日付けで1株あたり4株に分割しました。分割前の株価は1株あたり535.6ドルでしたが、分割後は4株になったことで1株あたり131.4ドルとなり、日本円で数十万円程度と少額で投資が可能となりました。



株式分割を発表すると株価が上昇しやすい、ただし、分割は基準日に効力が発生する

Tesla(TSLA)の分割前と分割後の株価推移。分割前は急上昇している

企業が株式分割を発表すると、投資家層の拡大が期待され流動性が高まることが期待されることから、株が買われ株価が上昇しやすくなる傾向にあります。

ただ、企業が株式分割を発表した時点では、株式は分割は行われません。必ず基準日が設定され、その基準日に株式を保有していた場合に、その効力が発生します。これは、配当金の受け取り権利や株主総会の出席権利などと同様です。

例えば、7月に株式分割を発表し、その基準日が8月31日の場合、効力を受けるには8月31日までに保有しておく必要があります。8月31日を過ぎて株を購入した場合などはその効力は受けられません。



株式分割後は株価変動が大きくなることもある

基準日向かえ株式分割後は対象の銘柄の株価変動が大きくなる傾向にあることは注意が必要です。分割すると保有株式数が増えますが、増えた分、売却も容易になります。そのため、機関投資家などを中心に一気に売却に動くこともしばしば見られます。また、これまで株価が高くて買えなかった層が、分割後に購入に走ることも散見され、株価が乱高下しやすくなります。

Apple(AAPL)の分割前の分割後の株価推移。分割後は大きく下落

例えば、Apple(AAPL)やTesla(TSLA)が株式分割をしたあとは、買われすぎていたため株価水準が高かったことから利益確定売りが出たのこと重なり、分割後は株価が大きく下落し、Apple(AAPL)で一時20%以上、Tesla(TSLA)が一時30%以上下落しました。

そのため、株式分割後は株価が乱高下しやすくなることに留意することが重要です。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

投下資本利益率(ROIC)とは何か?投資前に確認しておきたい経営指標を解説

オプション取引とは何か?その仕組と特徴をわかりやすく解説

株主総会とは何か?株式投資家の視点における総会の概要を解説

株式投資における議決権とは何か?その権利の詳細と仕組みを詳しく解説

一株あたりの純資産(BPS)とは何か?投資前に確認しておきたい用語を解説

米国企業決算で見かけるEBITDA(利払い・税引前、償却前利益)とは何か?