FOLIO ROBO PROはいくらから売却できる?売却可能額と売却時の注意点

テーマ投資を提供しているFOLIOが新たなロボアドサービス「FOLIO ROBO PRO」を2020年1月より提供を開始しています。運用中に何かしらの理由で現金が必要になった場合に備えて売却可能額を把握しておくことも重要です。今回は売却可能額と売却時の注意点を解説します。

FOLIO RBO PROとは?

FOLIO ROBO PROは、テーマ投資として関心がある分野に対して投資を簡単にできるサービスを提供していたFOLIOが、2020年1月より新たに提供を開始したロボアドによる運用サービスです。

これまでのロボアドは、ウェルスナビTHEOが有名でしたが、FOLIO ROBO PROは、長期投資はもちろん、数年といった短期間においても損失を可能な限り低くし、運用実績を増やすことが期待できるロボアドサービスとなります。

金融機関向けに人口知能(AI)を提供しているAlpacaJapanと提携し、人口知能(AI)技術を活用することで市場データを分析し、市場動向を先読みすることで、損失を最小限に留めるようにする他、短期間でも実力を高めるように設計されています。

運用は、ニューヨーク証券取引所もしくはナスダック市場に上場している、株式や債券、不動産、商品価格に連動する上場投資信託(ETF)に投資を行います。

初期投資額は10万円で運用手数料は運用残高が3,000万円未満は年率1%(税抜)、3,000万円を超える部分は年率0.5%に設定されています。

FOLIO RBO PROについての詳細は以下公式サイト、記事を御覧ください。

FOLIO ROBO PRO公式サイト

テーマ投資を提供しているFOLIOから新たなロボアド「FOLIO ROBO PRO」を提供開始しています。人工知能(AI)を活用することで市場を...

売却は1万円以上1円単位で可能

FOLIO ROBO PROを運用中に換金したい場合は、1万円以上1円単位で売却が可能となっています。

運用を開始する場合は、10万円以上となりますが、売却したい場合は10万円すべてを売却する必要は無く、運用銘柄のうち一部の口数を売却することも可能です。

FOLIO ROBO PROは、他のロボアドサービスとは異なり、短期でも高い実力を求められるロボアドサービスである特徴がありますが、短期で得た利益を確定したい場合や、何かしらの理由で現金が必要になった場合でも少額で換金できます。



時価評価額が1万円未満となった場合は解約の扱いになるので注意

FOLIO ROBO PROは、1万円以上1円単位で売却が可能ですが、注意すべき点として、保有しているETFの時価評価額が1万円未満を下回った場合は、サービスの解約扱いになりますので注意が必要です。

そのため、頻繁にで仕入れして、気づいたら1万円を下回っていたということにならないようにしておくことが重要です。

FOLIO ROBO PROは、短期間でも運用実績が得られる場合もありますが、可能であれば利益が出てすぐに換金するという短期売買ではなく、長期的な運用を視野に、保有している金融資産との割合を考えた上で、一部利益が出ている部分を売却するという使い方がおすすめです。



売却時に出金した場合、手数料として300円が発生する

FOLIO ROBO PROは、売却した資金を銀行口座に出金する場合、手数料として1回につき300円の出金手数料が発生しますので注意が必要です。

そのため、頻繁に出金すると、出金手数料だけでも多くの額を支払うことになりますので、短期間で売却して出金するを繰り返すことはおすすめできません。

より詳しいFOLIO ROBO PROのサービス概要と、口座開設(無料)の申込みは、以下の公式サイトよりご覧もしくはお手続きをお願いします。

FOLIO ROBO PRO公式サイト

関連記事

ウェルスナビはどの様な資産と銘柄で運用しているのか?運用の中身を徹底解析

THEOで資産運用中に株式市場が大きく下落した場合の対処方法

ロボアド検討中の必見!ウェルスナビとTHEOを徹底比較

THEO(テオ)の口座開設から運用までの手順を徹底解説!

おつり投資サービス「マメタス」と「トラノコ」を徹底比較

ロボアド検討中の方必見!THEOと楽ラップを徹底比較