少額投資非課税制度(NISA)が利用できるネット証券を徹底比較

少額投資非課税制度(NISA)を利用すると年間120万円までの投資で得た投資の利益が最長5年間非課税となり、うまく利用することで大幅な節税が可能となります。今回は、NISAが利用できるネット証券を比較してみました。

NISAは年間120万円までの投資で得た利益が非課税になる制度

少額投資非課税制度(NISA)は、年間120万円までの投資で得た売却益や配当金もしくは分配金が最長5年間に渡って非課税になる制度です。株式の他、投資信託、上場投資信託(ETF)などが運用可能です。

5年間運用すると最大600万円までの投資で利益が非課税となります。例えば、600万円の投資で利益が倍の1,200万円となった場合、現行の売却益と配当金の税率は20.315%でありますので、243万7800円の税金が節約できることになります。

近年では、政府が個人マネーを投資に振り向け経済成長を後押しするためにも、「貯蓄から投資へ」というキーワードの元、様々な制度を整えています。 ...

さらに、投資信託の積立に特化したつみたてNISAも2018年1月より提供しています。つみたてNISAは年間40万円(毎月3.3万円)の投資が最長20年間に渡り売却益と分配金が非課税となります。

2018年1月より、投資の税優遇制度として新たに「つみたてNISA」がスタートしました。つみたてNISAでは投資信託や上場投資信託(ETF)の積...

年間120ま万円までの投資が非課税となるNISAと、つみたてNISAは両方利用することはできず、どちらか一方を選択して運用することになります。

ネット証券各社のNISAサービス

ネット証券各社でもNISA向けにサービスを提供しています。NISAは国が国民の資産形成を支援する目的で始めた制度ですが、証券会社によってサービス内容が異なっており、各社をしっかりと比較した上で利用する証券会社を選択することが重要です。

SBI証券

取り扱い商品 手数料
国内上場証券 株式、ETF、ETN、REIT 無料
外国上場証券 米国、中国、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアの9カ国に上場している株式、ETF、ETN、REIT 海外ETFのみ買い付け時手数料無料。それ以外は国別の売買が発生。
投資信託 2,600本以上 販売手数料無料対象2,570本

SBI証券ではNISA口座を利用して国内に上場している株やETF、REIT、ETNを売買する場合、取引手数料は無料で利用できます。また、外国市場に上場しているETFについては買い付け時のみ無料で利用できます。また、外国市場は9カ国に投資可能です。

その他、NISAでの運用に最適な投資信託についても、販売手数料が無料となるノーロード投資信託が2500本以上利用できます。

SBI証券公式サイト

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、インターネット証券大手のSBI証券の概要と特徴...

楽天証券

取り扱い商品 手数料
国内上場証券 株式、ETF 無料
外国上場証券 米国、中国、アセアン諸国の市場に上場している株式とETF 海外ETFのみ買い付け時手数料を現金還元。それ以外は国別の売買手数料が発生。
投資信託 NISA:2,500本以上 つみたてNISA:170本以上 販売手数料無料対象2,500本以上

楽天証券では、NISA口座を利用すると国内に上場している株やETF、REIT、ETNを売買する場合、取引手数料は無料で利用できます。また、海外市場に上場しているETFを購入した場合は、キャッシュバックにより買付手数料を還元します。

投資信託については、NISA口座買付可能本数は2500本以上、つみたてNISA買付可能本数は170本取り揃えています。

楽天証券公式サイト

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、楽天グループの楽天証券の概要と特徴を解説します...

マネックス証券

取り扱い商品 手数料
国内上場証券 株式、ETF、ETN、REIT 無料
外国上場証券 米国と中国市場に上場している株式とETF 買い付け時手数料を現金還元。それ以外は国別の売買手数料が発生。
投資信託 NISA:1,100本以上 つみたてNISA:150本以上 全銘柄が販売手数料無料

マネックス証券では、NISA口座を利用して国内に上場している株やETF、REIT、ETNを売買する場合、取引手数料は無料で利用できます。また、米国株と中国株(ETF含む)についても買い付け時のみ手数料を後日現金還元を行い、実質無料で購入できます。

投資信託については、NISA口座で買付可能な本数は、1100本以上ですべてが販売手数料が無料で利用できます。また、つみたてNISA対象本数は150本以上取り揃えています。

マネックス証券公式サイト

マネックス証券は、国内の株式や投資信託の他、米国株や中国株といった外国市場に積極的に投資したいと考えている方におすすめできる証券会社です。今回は...

松井証券

取り扱い商品 手数料
国内上場証券 株式、ETF、ETN、REIT 無料
外国上場証券 取扱なし
投資信託 NISA:1,200本以上 つみたてNISA:155本以上 全銘柄が販売手数料無料

松井証券では、NISA口座を利用して国内に上場している株やETF、REIT、ETNを売買が可能です。売買手数料は無料で利用可能です。一方で、外国株の取り扱いはありません。

投資信託については、取扱本数は1,200本以上、すべてが販売手数料無料で購入できます。つみたてNISAの取り扱い本数は155本です。

松井証券公式サイト

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、100年以上の実績を誇る老舗証券会社の松井証券...

SBIネオトレード証券(旧ライブスター証券)

取り扱い商品 手数料
国内上場証券 株式、ETF、ETN、REIT 50円~
外国上場証券 取扱なし
投資信託 ひふみプラス、ひふみワールド+ 全銘柄が販売手数料無料

SBIネオトレード証券では、NISA口座を利用して国内に上場している株やETF、REIT、ETNを売買が可能です。売買手数料は約定代金が5万円までが50円、10万円までが88円から利用でき、通常の取引と同じ手数料形態となります。詳しい手数料については、以下公式サイトもしくは紹介記事をご覧ください。一方で、外国株の取り扱いはありません。

投資信託については、同じくSBIホールディングス系列である、レオス・キャピタルワークスのひふみプラスとひふみワールド+が利用できます。販売手数料は無料です。つみたてNISAはひふみプラスが利用できます。

SBIネオトレード証券公式サイト

株式投資を行うにあたり、株式売買手数料が手頃な証券会社を活用することです。今回紹介するSBIネオトレード証券(旧ライブスター証券)は、株式売買手...

ネット証券5社のNISAサービスを比較

ネット証券5社のNISAサービスを表にして比較しました。各社て取り扱い商品や手数料など異なりますので、証券会社選定にお役立てください。

SBI証券 楽天証券 マネックス証券 松井証券 SBIネオトレード証券
国内上場証券 株式、ETF、ETN、REIT 株式、ETF、ETN、REIT 株式、ETF、ETN、REIT 株式、ETF、ETN、REIT 株式、ETF、ETN、REIT
国内取引手数料 無料 無料 無料 無料 55円~
外国上場証券 9カ国の株式、ETF、ETN、REIT 米国、中国、アセアンの株式、ETF 米国と中国の株式とETF 取り扱い無し 取り扱い無し
外国取引手数料 ETFのみ買付手数料無料 ETFのみ買付手数料を現金還元 買い付け時のみ手数料無料 取り扱い無し 取り扱い無し
NISA対象投資信託 2,600本以上 2,500本以上 1,100本以上 1,200本以上 2本
つみたてNISA対象 169本 170本 150本 155本 1本

関連記事

ウェルスナビのNISAサービス「おまかせNISA」の長所と短所を解説

ジュニアNISAを使って資産を構築するためにすべきことと銘柄を選ぶヒント

NISA口座で運用中の株式や投資信託は他の金融機関に移管できる?

NISAなのに非課税にならない!?配当金や分配金の受け取りで必ず確認すべきこと

2018年1月よりスタートした「つみたてNISA」とは何か?制度概要を徹底解説

つみたてNISAのポートフォリオの決め方を徹底解説