米国株式市場のクリスマスから年末年始における休場日を解説

年末年始となると日本市場は30日から翌年3日頃までお正月休みとなり証券取引所が閉まり取引ができなくなります。一方で、米国株の場合、年末年始の休業日は日本とは異なります。今回は米国株を取引するにあたり、予め把握しておきたいクリスマスから正月までの取引可能な日と休業日をお伝えします。

米国株はお正月の連休は無く元旦のみ取引休業

株式投資を行うに当たり、外国市場など国と地域に分散した投資が重要です。ただし、外国市場に分散投資する上で、日本と取引時間が異なることや休業日も異なり、日本でお休みであっても、外国では平日で取引が行われているということもあります。もちろん、その逆もあります。

年末年始においては、日本では12月30日から翌年の1月3日もしくは4日までお正月休みとなり取引は休場となります。一方で、米国ではお正月休みという概念は無く、あくまでも1月1日(元旦)のみ祝日として定められています。そのため、ニューヨーク証券取引所とナスダック市場ともに休業となり米国株の取引は元旦は休場となります。

米国では日本とは異なりお正月休みという概念が無いため、元旦以外は通常通りの取引が可能です。

クリスマスの25日は米国株は休場となる

キリストの誕生日である12月25日のクリスマスでは、米国では祝日となりますので、25日は休場となり、取引はできません。また、クリスマス・イブの24日は半日の取引となり、日本時間では午前3時までの取引となります。

日本でも近年クリスマスを楽しむ習慣が増えていますが、クリスマスはあくまでもキリスト教の行事でありますので、日本では平日扱いであり東京証券取引所は通常通り取引は可能です。逆に、前述したお正月は神道の行事のため、日本ではお休みとなります。



祝日と休日が重なった場合は前の日に振替日となり休場となる

米国では、祝日と土日の休日が重なった場合、振替日として前の日が祝日となります。そのため、ニューヨーク証券取引所とナスダック市場においても、前の日に振替休日となり、休場となります。

2021年では、12月25日が土曜日となり休日となりますので、前日の24日の金曜日が振替日となり休場となります。



米国株の投資はサクソバンク証券がおすすめ

出典:サクソバンク証券

サクソバンク証券 SBI証券 楽天証券 マネックス証券
売買手数料 0.20% 0.45% 0.45% 0.45%
最低手数料 5米ドル 0米ドル 0米ドル 0米ドル
上限手数料 15米ドル 20米ドル 20米ドル 20米ドル

米国株への投資を検討している場合、米国株の取り扱いが多く、売買手数料が安いサクソバンク証券がおすすめです。

同社は米国株を約6000銘柄取り扱っており、国内のネット証券の中では取り扱い銘柄数は最多となっております。また、売買手数料についても約定代金に対して0.20%に設定されており、最低5ドル、最高でも15ドルに設定されており、国内のネット証券の平均0.45%の手数料に比べると、お得に取引が可能となっています。

その他、米国株以外にも欧州株が約2400銘柄、中国本土株と香港株合わせて約1,700銘柄取り扱っており、米国だけではなく、欧州や中国などグローバル規模に投資したい方にはおすすめです。

サクソバンク証券についての詳細は以下の記事または同社公式サイトをご覧ください。

株式投資で外国市場に分散投資するにあたり、国内の証券会社であれば取扱銘柄が少ない問題があります。今回紹介するサクソバンク証券は米国と欧州を始めと...

関連記事

米大統領就任3年目は株価は上がりやすい?米国大統領選挙と米国株式相場の関係性

米国企業決算で見かけるEBITDA(利払い・税引前、償却前利益)とは何か?

特別買収目的会社(SPAC)とは何か?その概要を詳しく解説

米国株に投資するメリットは何か?その4つのポイントを解説

米国株を売却して利益が得た場合は譲渡所得として課税されるのか?

米国株投資で毎月配当金受領も可能?米国上場企業の決算と配当タイミング