特別買収目的会社(SPAC)とは何か?その概要を詳しく解説

米国株式市場で特別買収目的会社(SPAC)という言葉をよく耳にする機会が増えています。今回は特別買収目的会社(SPAC)とは疑問に思っている方に、その概要を詳しく解説します。

特別買収目的会社(SPAC)とは?

特別買収目的会社(SPAC)とは、Special Purpose Acquisition Companyと呼ばれ、未公開企業を買収する目的で設立された企業のこと言います。

未公開企業を買収することを目的とした企業でありますが、実際に事業を行っているわけではなく、法人登記のみを行っている企業(ペーパーカンパニー)となります。

特別買収目的会社(SPAC)は、証券取引所に上場することで、未公開企業を買収するために必要となる資金を調達した上で、企業を買収します。未公開企業はと特別買収目的会社(SPAC)の支援を受けながら事業活動を行い、将来的に株式市場に上場を目指します。

一方で、日本においては2021年時点で特別買収目的会社(SPAC)の上場は認められていません。特別買収目的会社(SPAC)の多くが米国株式市場を通じて上場しています。



特別買収目的会社(SPAC)の特徴

特別買収目的会社(SPAC)は、買収した未公開企業を短期的に上場させることで利益を得ることができます。また、未公開企業にとっても、自ら上場準備を長期に渡って行う必要がなく、特別買収目的会社(SPAC)の支援を得ることで、IPOに比べて短期で上場にたどり着くことも可能となります。また、IPOに比べると上場する際の審査も簡素化されます。

企業が新規に株式を証券取引所に上場することをIPOと呼びます。IPOは上場前に株式を購入でき、上場後に公開価格より株価が上回れば、利益が得やすい...

投資家にとっても、特別買収目的会社(SPAC)に投資することで、間接的ではありますが、未公開企業に投資することが可能となり、将来的に得られる利益も期待できます。

特別買収目的会社(SPAC)は上場するに当たり、上場後12ヶ月を目安に買収することを発表し、24ヶ月以内に買収を完了させる必要があります。

また、投資家保護規定が存在しており、投資した資金は通常の株式投資に比べると回収できる確率も高くなります。仮に未公開企業への買収に失敗(買収できなかった)場合は、特別買収目的会社(SPAC)より投資家に利息をつけて返還する必要があります。



特別買収目的会社(SPAC)が注目されている背景

特別買収目的会社(SPAC)が2020年以降に注目されるようになった背景としては、上場までの準備に長期間を要し審査が厳しいIPOに比べると、短期間で上場が可能となる特別買収目的会社(SPAC)を利用する企業が増えたことに加え、新型コロナウイルスによる感染症の拡大により、従来のIPOによる上場を諦め、特別買収目的会社(SPAC)を活用する企業が増えていることにあります。

日本では、前述の通り特別買収目的会社(SPAC)の上場は認められていませんが、日本企業においてもソフトバンクグループが米国市場を通じて特別買収目的会社(SPAC)の上場を計画していることが報じられています。



米国株式市場への投資はサクソバンク証券がおすすめ

米国株式市場に上場する特別買収目的会社(SPAC)を含め、米国株への投資を検討している場合、米国株の取り扱いが多く、売買手数料が安いサクソバンク証券がおすすめです。

サクソバンク証券 SBI証券 楽天証券 マネックス証券
売買手数料 0.20% 0.45% 0.45% 0.45%
最低手数料 5米ドル 0米ドル 0米ドル 0米ドル
上限手数料 15米ドル 20米ドル 20米ドル 20米ドル

同社は米国株を約6000銘柄取り扱っており、国内のネット証券の中では取り扱い銘柄数は最多となっております。また、売買手数料についても約定代金に対して0.20%に設定されており、最低5ドル、最高でも15ドルに設定されており、国内のネット証券の平均0.45%の手数料に比べると、お得に取引が可能となっています。

その他、米国株以外にも欧州株が約2400銘柄、中国本土株と香港株合わせて約1,700銘柄取り扱っており、米国だけではなく、欧州や中国などグローバル規模に投資したい方にはおすすめです。

サクソバンク証券についての詳細は以下の記事または同社公式サイトをご覧ください。

サクソバンク証券公式サイト

関連記事

累投(るいとう)とは何か?その概要と特徴をわかりやすく解説

過去10年で4倍に上昇!ナスダック指数に連動する上場投資信託(ETF)を徹底比較

日本国内から米国に投資できる?右肩上がりを続ける米国株式市場の魅力と特徴を解説

一株あたりの純資産(BPS)とは何か?投資前に確認しておきたい用語を解説

外国株式の売却と配当受領時に発生する税金まとめ

自己資本利益率(ROE)とは何か?投資する前に確認したい経営指標を解説