ジュニアNISAが2023年に終了、終了後の運用方法と制度変更点を解説

子供向けのNISAであるジュニアNISAは2023年で終了することが決まっています。20歳以上を対象としたNISA制度に比べると利用者が少ないことがありましたが、既に運用している場合や終了前に利用を検討している場合、制度終了後どのように運用していくか課題となります。今回はジュニアNISA制度終了後の運用方法と終了にあたり制度の変更点を解説します。

ジュニアNISAとは?

ジュニアNISAとは、少額投資非課税制度(NISA)の子供向けに提供している非課税制度で、子供の資産形成を目的として年間80万円までの投資で得た運用収益が最長5年間にわたり非課税となる税優遇制度です。

運用対象の投資商品については、国内外の個別株の他、投資信託、上場投資信託(ETF)、上場投資証券(ETN)、不動産投資信託(REIT)、新株予約権付社債となります。

年齢については、0歳から19歳までとなっており、2023年に新規投資する場合は17歳までとなります。運用や管理は子供のお金を預かり保護者が運用を行うことになります。ただし、一旦運用した投資資金については、18歳になるまで原則として引き出すことはできません。

ジュニアNISAは2018年より制度を開始していますが、この度2023年に制度が終了することが決まっています。制度終了後も後述していますが、20歳になるまでは継続して非課税で運用可能になるなどこれまでの制度の恩恵については引き続き受けられます。

ジュニアNISAについての詳細は以下で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

子供が居る家庭では、子供の将来の教育資金を確保するために貯蓄を行っている方は多いかと思いますが、低金利状況の中、多額の教育資金を効率よく貯めなが...



ジュニアNISA終了後も継続して非課税で運用可能!新規投資は2023年まで

ジュニアNISAは、前述の通り2023年に制度が終了しますが、制度終了後もこれまで運用していた投資商品については、ロールオーバーなどを利用することで引き続き非課税で運用が可能です。

2021年にジュニアNISAで運用を始めた場合、非課税期間は2025年までとなりますが、2025年以降は、20歳になるまで「継続管理勘定」に移すことが可能となります。継続管理勘定に移した場合は新規の投資はできませんが、分配金や配当金の受取は引き続き非課税となるほか、売却が可能となり、売却時も課税されません。

子供が20歳になれば、一般のNISA口座に移すことができますので、大人になった後でも引き続き非課税で運用を継続できます。

一方で、2023年にジュニアNISAそのものの制度が終了してしましますので、制度を利用した新規投資については2023年までとなりますので注意が必要です。



引き出し制限が緩和!18歳未満でも2024年以降は非課税で引き出し可能

ジュニアNISAは、新規投資してから現金として引き出す場合、本来の制度設計上では、前述している通り18歳になるまで現金として引き出すことはできませんでした。

しかしながら、今回2023年に制度が終了することに伴い、18歳未満であっても2024年以降は、非課税で引き出すことが出来るようになりました。そのため、2024年以降に運用益が得られた場合、適切なタイミングを見計らって売却し現金化ができるようになります。

注意点としては、2024年以降は非課税で引き出すことはできるようになりますが、運用の一部のみの引き出しはできず、引き出す場合は全額引き出しとなり、引き出しを持ってジュニアNISAを完全に終了することになります。



少額投資非課税制度(NISA)におすすめな証券会社

SBI証券 楽天証券 マネックス証券 松井証券 ライブスター証券
国内上場証券 株式、ETF、ETN、REIT 株式、ETF、ETN、REIT 株式、ETF、ETN、REIT 株式、ETF、ETN、REIT 株式、ETF、ETN、REIT
国内取引手数料 無料 無料 無料 無料 55円~
外国上場証券 9カ国の株式、ETF、ETN、REIT 米国、中国、アセアンの株式、ETF 米国と中国の株式とETF 取り扱い無し 取り扱い無し
外国取引手数料 ETFのみ買付手数料無料 ETFのみ買付手数料を現金還元 買い付け時のみ手数料無料 取り扱い無し 取り扱い無し
NISA対象投資信託 2,600本以上 2,500本以上 1,100本以上 1,200本以上 2本
つみたてNISA対象 169本 170本 150本 155本 1本

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券でNISA口座を開設すると、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。また、投資信託も販売手数料が不要となるノーロードファンドが2,000本以上の取り扱いがあり、NISAの運用に最適な証券会社です。

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、インターネット証券大手のSBI証券の概要と特徴...

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券です。楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!また、ノーロードの投資信託も2,000取り扱っています。楽天サービスをよく利用される方は、ポイントでの投資も可能で合わせて利用検討をおすすめしたい証券会社です。

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、楽天グループの楽天証券の概要と特徴を解説します...

楽天証券公式サイト

マネックス証券

https://info.monex.co.jp/nisa/index.html

マネックス証券は、国内だけではなく、米国の個別株の取扱いが豊富であることから、国内だけではなく米国株式市場にも幅広く投資したいと考えている方におすすめです!NISA口座での買い付けにより国内のみならず海外のの売買手数料が無料で取引可能です。

マネックス証券は、国内の株式や投資信託の他、米国株や中国株といった外国市場に積極的に投資したいと考えている方におすすめできる証券会社です。今回は...

マネックス証券公式サイト

松井証券

https://www.matsui.co.jp/

松井証券は創業100年の歴史と実績を持つ証券会社で顧客中心主義をモットーに顧客のことを第一に考えたサービスを創業以来提供してきました。NISAでの取引手数料が無料で利用できる他、投資信託は松井証券が厳選して選んだ低コストで運用できるものに加え、ブル・ベア型の投資信託を除き556本がノーロードファンドとなっています。

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、100年以上の実績を誇る老舗証券会社の松井証券...

松井証券公式サイト

関連記事

少額投資非課税制度(NISA)を活用した投資で金融機関の選び方を解説

少額投資非課税口座(NISA口座)は解約できる?手続き方法を解説

NISA口座で運用中の株式や投資信託は他の金融機関に移管できる?

少額投資非課税口座(NISA口座)を他の金融機関に変更することはできる?

少額投資非課税制度(NISA)が利用できるネット証券を徹底比較

ウェルスナビのNISAサービス「おまかせNISA」の長所と短所を解説