ストックス欧州600指数(STOXX Europe 600 Index)に連動するETFを紹介

欧州を代表する株価指数としてストックス欧州600指数(STOXX Europe 600 Index)があります。欧州株式市場全体に投資したい場合、同指数に連動する上場投資信託(ETF)を活用することが有効な方法となります。今回は、ストックス欧州600指数(STOXX Europe 600 Index)に連動するETFを紹介します。

ストックス欧州600指数の概要

ストックス欧州600指数(STOXX Europe 600 Index)の株価推移

ストックス欧州600指数(STOXX Europe 600 Index)とは、欧州先進国の証券取引所に上場している流動性が高い上位600銘柄で構成された株価指数です。

欧州で代表する証券取引所として、英国のロンドン証券取引所、ドイツのフランクフルト証券取引所などがありますが、欧州でも多くの証券取引所が稼働しており、同指数で算出対象となる証券取引所は17の取引所が対象となっています。算出対象銘柄が多い証券取引所は英国のロンドン証券取引所でその割合として24%を占めています。

欧州では、医療関連企業で世界的に躍進している企業も多いことから、同指数で構成されている業種は医療・健康関連が17%程度占めています。

構成銘柄の上位としてスイス大手食品会社のネスレ(NESN.SW)、スイス医療大手のロシュ(RO.SW)となっています。

ストックス欧州600指数(STOXX Europe 600 Index)の詳細は以下の記事で詳しく解説します合わせてご覧ください。

欧州株に投資する場合、欧州市場全体的な動向も把握しておく必要があります。今回は、欧州全体の経済動向を知る手がかりとして活用されている株価指数であ...



ストックス欧州600指数(STOXX Europe 600 Index)に連動するETF

iShares STOXX Europe 600 UCITS ETF Xtrackers STOXX Europe 600 UCITS ETF 1C Lyxor Core STOXX Europe 600 (DR) UCITS ETF Acc Invesco STOXX Europe 600 UCITS ETF
証券取引所 XETRA ロンドン・XETRA ロンドン・XETRA ロンドン・XETRA
証券コード EXSA XSX6.L/DX2X.DE MEUD.L/LYP6.DE S600.L/SC0C.DE
基準価格(※1) 44ユーロ 99.69ユーロ 187.81ユーロ 98.51ユーロ
取引単位 1口 1口 1口
信託報酬率 0.20% 0.20% 0.07% 0.19%
分配金利回り(※2) 1.65%
分配金支払い基準日 5月、7月、9月、12月 再投資 再投資 再投資

(※1)1口当たりの基準価格
(※2)2021年5月14日時点

ストックス欧州600指数(STOXX Europe 600 Index)に連動するETFは、日本国内で4銘柄が取引できます。ただし、国内の証券取引所に上場する銘柄はなく、ロンドン証券取引所やドイツのXETRA証券取引所経由で取引することになります。

日本国内、ストックス欧州600指数(STOXX Europe 600 Index)に連動するETFの取り扱いは、欧州投資銀行サクソバンク傘下のサクソバンク証券となります。

iShares STOXX Europe 600 UCITS ETF(EXSA.DE)

iShares STOXX Europe 600 UCITS ETF(証券番号:EXSA.DE)は、米運用会社ブラックロック社が運用しているストックス欧州600指数(STOXX Europe 600 Index)に連動するETFです。

取引単位は1口単位で可能で、2021年5月時点で44ユーロ前後で取引が行われおり、日本円で6,000円前後から投資が可能です。信託報酬率は0.20%に設定されています。

分配金は年4回支払われており、毎年5月、7月、9月、12月です。2020年の支払い実績では合計で0.73ユーロ支払いが行われ、分配金利回りは、2021年5月14日時点で1.65%となります。



Xtrackers STOXX Europe 600 UCITS ETF 1C(XSX6.L/DX2X.DE)

Xtrackers STOXX Europe 600 UCITS ETF 1(証券番号:XSX6.L/DX2X.DE)は、ドイツ銀行傘下の運用会社が運用を行っているストックス欧州600指数(STOXX Europe 600 Index)に連動するETFです。ロンドン証券取引所の他、ドイツのXETRA経由で取引ができます。

取引単位は1口単位で可能で、2021年5月時点で99.69ユーロ前後で取引が行われおり、日本円で1万3,000円前後から投資が可能です。信託報酬率は0.20%に設定されています。

分配金についは直接投資者に支払われず、再投資に充当されます。

Lyxor Core STOXX Europe 600 (DR) UCITS ETF Acc(MEUD.L/LYP6.DE)

Lyxor Core STOXX Europe 600 (DR) UCITS ETF Acc(証券番号:MEUD.L/LYP6.DE)は、フランスの運用会社Lyxor(リクソー)社が運用しているDAX指数連動型のETFです。こちらも、ロンドン証券取引所とドイツのXETRA経由で売買が可能です。

取引単位は1口単位で可能で、2021年5月時点で187.81ユーロ前後で取引が行われおり、日本円で2万3,000円前後から投資が可能です。信託報酬率は0.07%に設定されており、ストックス欧州600指数(STOXX Europe 600 Index)に連動するETFの中では、一番コストを抑えて取引が可能です。

分配金についは直接投資者に支払われず、再投資に充当されます。

Invesco STOXX Europe 600 UCITS ETF(S600.L/SC0C.DE)

Invesco STOXX Europe 600 UCITS ETF(証券番号:S600.L/SC0C.DE)は、米国の運用会社インベスコが運用しているストックス欧州600指数(STOXX Europe 600 Index)連動型ETFです。こちらも、ロンドン証券取引所とドイツのXETRA経由で売買が可能です。

取引単位は1口単位で可能で、2021年5月時点で98.51ユーロ前後で取引が行われおり、日本円で1万3,000円前後から投資が可能です。信託報酬率は0.19%に設定されています。

分配金についは直接投資者に支払われず、再投資に充当されます。



ストック欧州600指数(STOXX Europe 600 Index)連動型ETFの取引が可能な証券会社

ストック欧州600指数(STOXX Europe 600 Index)連動型ETFの取り扱いは、インターネット証券で欧州株を取り扱っているサクソバンク証券のみです。

サクソバンク証券は、ロンドン証券取引所とフランクフルト証券取引所、ユーロネクスト・パリに上場している個別銘柄を約2400銘柄を取り扱っている他、欧州市場に上場するETFは約1,700本取り扱っており、国内の証券会社では最多の取扱数となっています。

売買手数料は欧州の証券取引所であれば、個別株は約定代金に対して0.5%、ETFであれば約定金額に対して0.1%で取引できます。

欧州以外にも、米国や中国市場に投資されたい方もおすすめで、米国であれば約6,000銘柄、中国は2,400銘柄取り扱っており、手数料も安価で米国は約定代金に対して0.2%、中国(香港)は約定代金に対して0.25%で取引できます。

サクソバンク証券についての詳細は以下に記事として詳しくまとめていますので合わせてご覧ください。

サクソバンク証券公式サイト

株式投資で外国市場に分散投資するにあたり、国内の証券会社であれば取扱銘柄が少ない問題があります。今回紹介するサクソバンク証券は米国と欧州を始めと...

関連記事

こんな投資信託には要注意!購入前に避けるべき5つのポイント

ユーロ・ストックス50指数(EURO STOXX 50 Index)とは?指数概...

投資信託とは何か?投資信託の仕組みと特徴を徹底解説

日経平均が丸ごと買える!?日経平均株価連動型の上場投資信託(ETF)を紹介

上場投資証券(ETN)とは何か?概要と特徴について解説

欧州株を売却して利益が得た場合は課税される?売却時の税制度を解説