韓国版ナスダックKOSDAQ市場の概要と組入銘柄を解説

隣国である韓国においても新興のIT関連企業の成長が多く見られます。韓国の株式市場においても新興企業が資金調達する場としてKOSDAQ市場が開設され、事業成長を行う上では欠かせない市場となっています。今回はKOSDAQ市場について詳細を解説します。

KOSDAQ市場は新興企業を対象に設立された証券取引所

韓国のナスダック市場とも呼ばれるKOSDAQ市場は、1996年に新たに設立された証券取引所で、IT関連企業や中小企業など新興企業を対象に米国のナスダック市場に習って設立された証券取引所です。

韓国の証券取引所は、韓国証券取引所が大部分を担っていますが、韓国証券取引所に上場する場合における審査が厳しく、上場するのに敷居が高いという課題がありました。そのため、新興企業にとって上場して資金調達をすることが難しく、成長が期待できる企業においても事業活動の拡大の妨げとなることも懸念されていました。

そのため、既存の韓国証券取引所とは別に新興企業向けに市場を作ることで、より資金調達を容易にし、事業成長を後押しする狙いがあります。

2021年5月時点では1500社以上が上場しています。時価総額は402兆ウォン程度の規模があります。



KOSDAQ市場に上場可能な適用要件

KOSDAQ市場に上場する場合、韓国証券取引所に上場するのと比べると上場要件は低くなっていますが、一定額以上の自己資本が必要なことに加え、純利益の達成など、以下いずれかの要件を満たしている必要があります。

1.上場直前期のROEが10%
2.上場直前期の純利益が20億ウォン
3.上場直前期の売上が100億ウォン
4.上場直前期の売上増加率が20%以上且つ売上高が50億ウォン以上

また、KOSDAQに上場する場合は、韓国企業だけではなく韓国以外の外国企業でも上場することは可能です。日本企業でKOSDAQに上場している企業としてSBIホールディングス傘下の「SBI FinTech Solutions(証券番号:950110)」が上場しています。



KOSDAQ市場の株価指数「KOSDAQ指数」の株価推移

KOSDAQ市場全体の値動きを示す指数として「KOSDAQ指数」があります。KOSDAQ指数は値動きが若干荒い印象がありますが、過去5年間で概ね右肩上がりで推移しています。

2018年1月に900ポイントをつけた後、米中貿易摩擦などで投資家心理が悪化し下落傾向にありましたが、さらに、2020年に入り新型コロナウイルスの感染症拡大が見られる様になった後、世界的な株安で一時400ポイント台まで値を下げています。

その後、巣ごもりなどで恩恵を受けやすいIT関連企業などが買われたことで、KOSDAQ指数は急上昇し、2021年5月時点では1000ポイントから900ポイント前後で推移しています。



KOSDAQ市場に上場している代表的な銘柄

韓国のKOSDAQ市場に上場している代表的な銘柄を10銘柄紹介します。

証券コード 銘柄名 業種
293490 Kakao Games 娯楽
064760 Tokai Carbon Korea 半導体
35900 JYPエンターテイメント 娯楽
41510 SMエンターテイメント 娯楽
54780 キーイースト 娯楽
78020 eBEST証券 金融
122870 YGエンターテイメント 娯楽
173940 FNC エンターテイメント 娯楽
182360 キューブ エンターテイメント 娯楽
950110 SBI FinTech Solutions 金融



韓国株式の投資はSBI証券がおすすめ!

株価の上昇率が高く、日本のみならず世界的に知名度が高い企業が多い韓国株式市場に投資するには、SBI証券がおすすめです。韓国株の取り扱いを行っている国内の証券会社は少ないですが、ネット証券ではSBI証券のみが取り扱いを行っています。

SBI証券の韓国株式の取扱銘柄数は、上場投資信託(ETF)を含めて66銘柄を取り扱っています。売買手数料は約定代金に対して0.9%で取引できます。また、取引時間についても日本ほぼ同様で、朝は9時から午後は15時30分まで取引できます。

今回紹介したKOSPI指数に組み入れられている銘柄に加え、カカオ(35720)といったKOSDAQ市場に上場している銘柄も取引できます。

SBI証券の詳細は以下い公式サイト及び詳細記事を御覧ください。

SBI証券公式サイト

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、インターネット証券大手のSBI証券の概要と特徴...

関連記事

韓国株式市場を代表する「KOSPI指数」の概要を解説

インドを代表する株価指数「SENSEX指数」の概要を解説

インド株式市場に国内から投資する方法を解説

日本国内で取引可能な韓国総合株価指数(KOSPI指数)に連動するETFを紹介

台湾を代表する株価指数「台湾加権指数」の概要を解説

韓国株の取り扱いがある国内の証券会社を紹介