台湾株式市場全体に投資可能な上場投資信託(ETF)を紹介

株式投資では国や地域を分散した投資も重要ですが、特定の市場や銘柄、資産に1回の投資で分散投資が可能となる上場投資信託(ETF)の活用も一つの方法です。今回は、半導体や電子部品産業を中心に経済成長が期待できる台湾株式市場全体に投資可能な上場投資信託(ETF)を紹介します。

台湾株式市場の概要

台湾加権指数の株価推移

日本の南隣に位置する台湾は、日本からも飛行機で1時間近くと気軽に出かけることができるため、馴染みある地域であります。

近年では、半導体や電子部品産業を中心に経済成長が期待できます。世界でデジタル化が進展していることに加え、2020年から新型コロナウイルスによる感染症拡大により、情報機器の需要が増したこともあり、今後の経済成長を更に加速させることが予想されます。
同地域の国内総生産は6050億米ドルとなり、2021年の予想経済成長率は4.6%としています。

台湾の株式市場は、台湾証券取引所を中心に株式の売買を担っています。同地域を代表する株価指数としては「台湾加権指数」があります。同指数は2021年7月時点で1万7,000円前後で取引が行われています。

日本の南隣に位置し半導体産業が盛んな台湾を代表する株価指数として「台湾加権(かけん)指数」があります。半導体製造の台湾積体電路製造(TSMC)な...

台湾株式市場の概要については以下の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

株式投資において分散投資の方法の一つとして投資先の国を分散する方法があります。日本に加え投資先として検討したい市場として日本の南隣に位置し半導体...



台湾市場全体に投資可能な上場投資信託(ETF)

iShares MSCI 台湾ETF db xトラッカーズ・MSCI台湾インデックス UCITS Lyxor MSCI Taiwan UCITS ETF HSBC MSCI Taiwan Capped UCITS ETF
証券取引所 NYSE Arca/香港/ロンドン/ドイツ 香港/ロンドン/ドイツ ロンドン/ユーロネクスト・パリ ロンドン
証券コード EWT 3036.HK TWND.L/TWN.E HTWN.L
基準価格(※1) 64.14米ドル 444香港ドル 30米ドル 59.35ユーロ
取引単位 1口 1口 1口 1口
信託報酬率 0.59% 0.65% 0.45% 0.50%
分配金利回り(※2) 1.56% 1.51%
分配金支払い基準日 12月 再投資 再投資 1月、7月

(※1)1口当たりの基準価格
(※2)2021年7月9日時点

台湾株式市場全体に投資可能なETFとして、国内から取引可能な上場投資信託(ETF)は、4銘柄存在します。ただし、日本国内の証券取引所から投資可能な上場投資信託(ETF)はありません。そのため、外国株が取引可能な証券会社にて外国口座を開設した上で取引する必要があります。外国株の取引は欧州投資銀行サクソバンク傘下のサクソバンク証券の他、SBI証券楽天証券マネックス証券が低コストで取引可能です。サクソバンク証券は今回紹介する4銘柄すべてを取り扱っています。

iShares MSCI 台湾ETF(EWT)

iShares MSCI 台湾ETF(EWT)の株価推移

iShares MSCI 台湾ETF(EWT)は、米運用会社ブラックロック社が運用している台湾株式市場に上場している株式で構成されている上場投資信託(ETF)です。連動する指数はMSCI社が運用しているMSCI台湾指数(MSCI Taiwan Index)に連動します。

上場している証券取引所は米国のニューヨーク証券取引所アーカ(NYSE Arca)の他、香港証券取引所、ロンドン証券取引所、ドイツ証券取引所に上場しています。今回はニューヨーク証券取引所アーカの上場銘柄にて紹介します。

取引単位は1口単位で売買可能で、2021年7月時点で64.14米ドル前後で取引が行われています。日本円で7,000円前後から投資が可能です。経費率は0.59%に設定されています。

分配金は年1回の毎年12月です。2020年の支払い実績では合計で0.97ドル支払いが行われています。分配金利回りは、2021年5月28時点で1.56%となります。

当ETFは、サクソバンク証券の他、SBI証券楽天証券マネックス証券で取り扱っています。

db xトラッカーズ・MSCI台湾インデックス UCITS(3036.HK)

db xトラッカーズ・MSCI台湾インデックス UCITS(3036.HK)の株価推移

db xトラッカーズ・MSCI台湾インデックス UCITS(3036.HK)は、ドイツ銀行傘下の運用会社が運用しているMSCI台湾指数に連動する上場投資信託(ETF)です。当ETFは香港証券取引所とロンドン証券取引所、ドイツ証券取引所に上場しています。

取引単位は1口単位で取引可能です。2021年7月時点で444香港ドル前後で取引が行われています。日本円で6,200円前後から投資が可能です。経費率は0.65%に設定されています。分配金は支払われておらず、再投資に充当されます。

当ETFは、サクソバンク証券の他、SBI証券楽天証券で取り扱っています。

Lyxor MSCI Taiwan UCITS ETF(TWND.L/TWN.E)

Lyxor MSCI Taiwan UCITS ETF(TWND.L/TWND.E)の株価推移

Lyxor MSCI Taiwan UCITS ETF(TWND.L/TWND.E)は、フランスの運用会社Lyxor(リクソー)社が運用しているMSCI台湾指数(MSCI Taiwan Index)に連動するETFです。当ETFはロンドン証券取引所とユーロネクスト・パリに上場しています。

取引単位は1口単位で可能で、2021年5月時点で30米ドル前後で取引が行われおり、日本円で3,300円前後から投資が可能です。信託報酬率は0.45%に設定されています。

分配金の支払いは行われておらず、再投資に充当されます。

当ETFはサクソバンク証券のみで取り扱っています。

HSBC MSCI Taiwan Capped UCITS ETF(HTWN.L)

HSBC MSCI Taiwan Capped UCITS ETF(HTWN.L)の株価推移

HSBC MSCI Taiwan Capped UCITS ETF(HTWN.L)は、英金融大手のHSBCが運用しているMSCI台湾指数(MSCI Taiwan Index)に連動するETFです。

取引単位は1口単位で可能で、2021年5月時点で59.35ユーロ前後で取引が行われおり、日本円で7,700円前後から投資が可能です。信託報酬率は0.50%に設定されています。

分配金は年2回支払われており、毎年1月、7月です。2020年の支払い実績では合計で0.90ユーロ支払いが行われ、分配金利回りは、2021年5月14日時点で1.51%となります。

当ETFはサクソバンク証券のみで取り扱っています。



台湾株式市場に投資可能な上場投資信託(ETF)におすすめな証券会社

台湾株式市場に投資可能な上場投資信託(ETF)に投資する場合、取引費用が抑えられるネット証券を活用することがおすすめです。

サクソバンク証券 SBI証券 楽天証券 マネックス証券
ETF銘柄数 米国:約1000銘柄
欧州:約1700銘柄
香港:約70銘柄
国内:221銘柄
外国:約300銘柄
国内:221銘柄
外国:約300銘柄
国内:221銘柄
外国:約300銘柄
売買手数料 米国:0.025%
欧州:0.1%
香港:0.25%
国内:55円~
米国:0.495%
中国:0.286%
韓国:0.99%
国内:55円~
米国:0.495%
中国:0.286%
国内:55円~
米国:0.495%
中国:0.286%
無料ETF 9銘柄 9銘柄 27銘柄

ネット証券各社のETF取扱数と売買手数料(税込)

台湾市場に投資している上場投資信託(ETF)を扱っているネット証券として、サクソバンク証券の他、SBI証券楽天証券マネックス証券となります。その中でも、取扱数が多いネット証券としてサクソバンク証券がおすすめです。

サクソバンク証券売買手数料は、米国に上場しているETFは約定代金の0.025%、香港証券取引所に上場しているETFは0.25%、欧州の証券取引所であれば0.1%で取引できます。

米国や中国、欧州の個別株に投資されたい方もおすすめで、米国であれば約6,000銘柄、中国は2,400銘柄、欧州は2,000銘柄取り扱っており、手数料も安価で米国は約定代金に対して0.20%、中国(香港)は約定代金に対して0.20%、欧州は約定代金に対して0.5%で取引できます。

サクソバンク証券についての詳細は以下に記事として詳しくまとめていますので合わせてご覧ください。

サクソバンク証券公式サイト

株式投資で外国市場に分散投資するにあたり、国内の証券会社であれば取扱銘柄が少ない問題があります。今回紹介するサクソバンク証券は米国と欧州を始めと...

 

関連記事

クレジットカードを利用した投信積立運用サービス4社を徹底比較

買い物で貯めたポイントを無駄なく運用に!ポイント投資の概要と特徴を解説

韓国株式市場を代表する「KOSPI指数」の概要を解説

韓国株の取り扱いがある国内の証券会社を紹介

台湾を代表する株価指数「台湾加権指数」の概要を解説

英国を代表する株価指数「FTSE100」に連動する上場投資信託(ETF)を紹介