立会外分売とは何か?その概要と投資上の利点と注意点を解説

株式は証券取引所を通じて取引時間内で取引することが一般的ですが、例外として時間外に取引ができる場合もあります。その一つとして「立会外分売(たちあいがいぶんばい)」があります。今回は立会外分売の概要と、投資上の利点と注意点について解説します。

立会外分売とは大株主が株式を売却する際に利用する取引手法

立会外分売(たちあいがいぶんばい)とは、企業や創業者、経営者など多くの株式を保有している方が、株式を売却する際に利用する取引手法となります。

大株主が株式を売却する場合、証券取引所の時間内に行う場合もありますが、その株数が多くなれば株価への影響も懸念されるため、証券取引所の取引時間外に行うことで株価への影響も最小限にすることができます。

大株主が株式を時間外で売却することで、より多くの投資家に株式を購入してもらうことができる他、市場に出回る株数を増やすことができますので将来的な流動性に期待できます。

立会外分売が実施される場合は、株価は前日の終値を元に決められます。詳細は後述しますが、立会外分売で株式を購入する投資家は、通常の株価に比べると割引価格で株式を入手することが可能です。



立会外分売の投資家側の利点としては無手数料で割引価格で購入可能

立会外分売で株式を購入する場合において、投資家側の利点としては、手数料なしで株式を購入することができるほか、通常の株価より割引価格で株式を入手することができます。

証券取引所を通じて株式を購入する場合は証券会社が定めた手数料を支払う必要がありますが、立会外分売で株式を購入する場合は、手数料無しで購入できます。立会外分売を行う場合の費用負担は売却する側が負担することになるため、投資家側としては手数料無しで利用できます。ただし、その後売却する場合は、利用している証券会社が定める売却手数料を支払う必要があります。

また、立会外分売で株式を購入する場合、前営業日の終値より割引された価格で株式を購入することができます。割引率はそれぞれ異なりますが、概ね3%割引された価格で購入できます。SBI証券におけるこれまでの実績は3%台が多いです。

例えば、前営業日の終値が1株1,000円であった場合、3%割引が適用されると1株あたり970円となります。1単元が100株とすると9万7,000円で購入でき、3,000円割引が適用できます。



立会外分売を利用する際の注意点

立会外分売を利用して投資をする場合における注意点としては、当然ですが、購入後株価が値下がりして損失が発生する場合があることや、常に立会外分売が行われるわけではないこと、申込みまでの期間が短いこと、申込数の上限があることに注意する必要があります。

立会外分売を利用して株式を購入すると無手数料で割引価格で購入できることから、株価が上昇した場合は市場で割高で売却することも可能です。ただし、購入後に株価が下落した場合は損失が生じる可能性があります。

また、立会外分売は大株主が株式を売却する場合に行われるため常に実施されていません。そのため、SBI証券楽天証券マネックス証券松井証券SBIネオトレード証券(旧ライブスター証券)など、立会外分売を取り扱っている証券会社のホームページで常に確認しておく必要があります。実施された場合も申し込み期間が短く、分売実施前営業日の18時から実施日当日の8時20分までの受付となります。

売却される株式数は上限があるため、申込数の上限があることや申し込みが多い場合は抽選となる場合がありますのでその点、留意しておく必要があります。



立会外分売でおすすめな証券会社

立会外分売を利用する場合は、証券会社へ申し込む必要がありますが、おすすめなのは24時間いつでも利用可能なインターネット証券を活用することがおすすめです。国内で立会外分売が利用可能な証券会社は、SBI証券楽天証券マネックス証券松井証券SBIネオトレード証券(旧ライブスター証券)となります。

SBI証券

SBI証券では立会外分売を取り扱っており、購入手数料無料で購入できます。申込期間は分売実施日前営業日の18時から分売実施日の8時20分までとなります。申込みはインターネットで可能です。

更に、独自のサービスとして立会外トレードというサービスを提供しており、売買システムToSTNET-1(トストネット)を活用した売買立会時間外取引が利用できます。こちらも取引時間外に買付が可能な他、無手数料で割引価格で購入可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

楽天証券の立会外分売も購入手数料無料で購入できます。申込期間は分売実施日前営業日の17時15分から分売実施日の8時20分までとなります。申込みはインターネットで可能です。

マネックス証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券の立会外分売も購入手数料無料で利用できます。申込期間は分売実施日前営業日の17時1から分売実施日の8時20分までとなります。ただし、早朝の3時から5時はシステムメンテナンスのため申し込みはできませんので注意が必要です。申込みはインターネットで可能です。

マネックス証券公式サイト

松井証券

松井証券の立会外分売も購入手数料無料で購入できます。申し込み期間は分売実施日前営業日の17時から分売実施日の8時20分までとなります。申込みはインターネットで可能です。

松井証券公式サイト

SBIネオトレード証券(旧ライブスター証券)

SBIネオトレード証券(旧ライブスター証券)の立会外分売も購入手数料無料で購入できます。申込期間は分売実施日前営業日の17時から分売実施日の8時30分までとなります。ただし、早朝の3時30分から5時30分はシステムメンテナンスのため申し込みはできませんので注意が必要です。申込みはインターネットで可能です。

SBIネオトレード証券(旧ライブスター証券)公式サイト

関連記事

単元未満株とは何か?その概要と取引方法を解説

テーパリングとは何か?その概要と株価への影響を解説

浮動株とは何か?その概要と投資する上で確認すべきことを解説

政策保有株式とは何か?企業側のメリットと投資上の問題点

香港を代表する株価指数「香港ハンセン指数」の概要を解説

私設取引システム(PTS)とは何か?その概要と現状、利用可能な証券会社を紹介