日本株や米国株の取引手数料が何度でも無料で利用可能!「STREAM(ストリーム)」の4つの特徴を紹介

スマートプラスは、日本株や米国株の取引手数料が無料となる取引サービス「STREAM」を2021年8月よりサービスを開始しました。近年では取引手数料を下げる証券会社が増える中、同社では取引手数料無料で利用可能にすることで他社と差別化し初心者でも安心して資産運用が可能になるサービスを目指します。今回は「STREM」のサービスの特徴と概要を紹介します。

STREAMはBaaSサービスを提供しているスマートプラスが提供

出典:https://smartplus-sec.com/

売買手数料が無料となるSTREAM(ストリーム)は、BaaSサービスを提供している「スマートプラス」が提供しています。

BaaSとは、Bank as a Serviceの略称で金融サービスを他社でも提供できるようにプラットフォームを提供するサービスとなります。通常銀行や証券業に参入する場合、様々な手続きが必要になるなど、参入の敷居は高いのが現状ですが、BaaSを利用することで、すでに確率されたプラットフォームを利用することで簡単に金融業に参入することが可能となります。

ストリームは、冒頭でも記載したとおり、取引手数料が無料で利用できるのが最大の特徴となりますが、手数料を大きく抑えられる理由の一つとして、BaaSによる収益を充てることが可能であるのも理由となります。

スマートプラスのBaaSサービスの事例として、当サイトでも紹介したセゾンカード利用者向けに提供しているクレジットカードによる積み立て投資信託運用サービスである「セゾンポケット」があります。

クレジットカードの決済を利用して毎月定期的に投資信託を積み立て運用ができるサービスが増えています。セゾンカードにおいても同社のクレジットカードを...



日本株と米国株の取引手数料が基本無料!一部SOR注文時と為替手数料のみ負担

STREAMの最大の特徴として日本株と米国株の取引手数料が無料で利用できることにあります。一部、SOR注文時と米国株の場合は為替手数料が必要です。

日本株

日本株の場合は、現物取引と信用取引(空売りは不可)が利用可能で、東京証券取引所(1部、2部、マザーズ、JASDAQ)に上場している銘柄から取引することが可能です。ただし、名古屋証券取引所と札幌証券取引所、福岡証券取引所、TOKYO PRO Marketに上場している銘柄の取り扱いはありませんので注意が必要です。

日本株を取引する場合は、東京証券取引所以外にも私設取引システム(PTS)を利用した注文となります。東京証券取引所と私設取引システム(PTS)の価格を比較し、どちらか有利な価格で注文を行う「Smart Order Routing(SOR)注文」となりあす。私設取引システムPTSで注文が約定した場合は、東京気配値と時差の約定価格の差額相当の50%が手数料となります。

株式を売買する際、証券取引所を通じて売買することが一般的となっていますが、近年では私設取引システム(PTS)の普及に向けた議論が進んでいます。今...

日本株で信用取引を利用する場合も取引手数料は無料ですが、委託保証金として最低30万円(委託保証金率33%)が必要です。それ以外には、金利・貸株料などが必要になり、委託保証金より差し引かれます。

米国株

米国株の場合は、ニューヨーク証券取引所とNASDAQに上場している銘柄の内、スマートプラスが選定した優良企業を取り扱っています。米国株も同様に取引手数料無料で利用できますが、注文時に日本円から米ドルに両替が必要になり、その際に為替手数料として1ドルあたり24銭の手数料が発生します。

米国株の場合は、信用取引はできず、現物取引のみとなります。取り扱い銘柄や米国株についての詳細はSTREAMの公式サイトを御覧ください。

STREAM公式サイト



利用者同士の交流機能を搭載し投資に関する情報交換が可能

株式投資を実施する上で、多くの投資家が頭を悩ませるのが、投資について相談する相手がいないことや情報交換する相手がおらず、多くの場合一人で考え判断する必要性があることです。

STREAMでは、この問題を解決するために、専用アプリに利用者同士の交流機能を搭載することで、投資に関する情報交換を利用者同士で行うことができます。

インターネット上の取引にとどまらず、月に1回程度利用者同士で実際に会場に集まって情報交換を行う交流会も開催しています。開催地は東京と大阪、名古屋で実施しています。



口座開設は最短5分、開設後最短翌日から取引開始可能!

スマートプラスは、専用のスマートフォンアプリ「STREAM」を提供しており、専用アプリを使うことで、口座開設後最短翌日から取引を開始することができます。

口座開設手続きは、専用アプリの公式サイトより可能で、手続きは最短5分で完了できます。専用アプリであれば運転免許証や個人番号カード(マイナンバーカード)を用意すれば、専用アプリダウンロード後、アカウント作成し個人情報などの必要情報を記入後、アプリで本人確認書類を撮影しアップロードするだけです。

その後、IDとパスワードを記載した口座開設書類が郵送されますので、書類を受領後取引が利用できます。

STREAMの口座開設及び詳細については以下のSTREAM公式サイトを御覧ください。

STREAM公式サイト

関連記事

インヴァスト証券が自動売買を作成できるビルダー機能とインヴァストゴールドカードを...

ネット証券5社の米国株の取扱銘柄数と株式売買手数料を徹底比較!

松井証券がポイント投資サービスを開始!ポイントサービスとクレジットカードを導入

ネット証券4社における中国株の取扱銘柄数と売買手数料を徹底比較!

楽天証券は取引手数料が安くポイントも貯まる!サービス概要と特徴を解説

外国株に投資を検討されている方へ、サクソバンク証券の口座開設手順を解説