ビットコイン先物ETFが上場!ETF詳細と日本で取引できるか調べてみた

暗号通貨(仮想通貨)であるビットコインの先物価格に連動する上場投資信託(ETF)「ProShares Bitcoin Strategy ETF(BITO)」が米ニューヨーク証券取引所(アーカ)に2021年10月19日に上場しました。これまで米証券取引委員会(SEC)への承認待ち望まれていましたが、これがようやく実現したことで機関投資家などの大口投資家からの資金流入が期待できます。今回はビットコイン先物ETFの詳細と日本で取引できる証券会社を紹介します。

初のビットコイン連動型上場投資信託(ETF)が上場

ビットコイン先物価格に連動する上場投資信託(ETF)である「ProShares Bitcoin Strategy ETF(証券番号:BITO)」がニューヨーク証券取引所(アーカ)に2021年10月19日に上場しました。今回の上場で、ビットコインの価格に連動する初の上場投資信託(ETF)となります。

こちらは、米国の上場投資信託(ETF)運用会社であるProSharesが運用するビットコインの先物価格に連動するETFです。上場投資信託は、株式や債券、商品の指数に連動させる値動きを目指して複数の銘柄を組み入れた運用商品でありますが、これまで暗号通貨(仮想通貨)に対するETFの設定はありませんでした。

ビットコインといった暗号通貨(仮想通貨)は、株式などとは異なり、米証券取引委員会(SEC)の監視下になく投資家保護体制のみ整備などにより、暗号通貨(仮想通貨)に連動するETFの上場承認が認められない状況となっていました。従い、今回の上場は、価格操作への対応策など規制を明確にしたビットコイン先物に限定して認めることになりました。

上場投資信託(ETF)として、証券取引所で取引が可能になることで、既存の証券口座で取引が可能になるほか、機関投資家とった大口投資家の資金流入が期待されます。



ProShares Bitcoin Strategy ETF(BITO)の概要

ProShares Bitcoin Strategy ETF(BITO)の価格推移

ProShares Bitcoin Strategy ETF(BITO)は、前述の通り、米運用会社大手「ProShares」が運用する暗号通貨(仮想通貨)であるビットコインの先物の価格に連動する上場投資信託(ETF)です。

こちらは、ビットコイン現物価格ではなく、先物価格になる点に注意が必要です。ビットコイン先物は、1時間内の主要ビットコイン取引所の取引フローを集計し、グリニッジ標準時間(GMT)の午後4時時点に算出した価格で、米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループと米クリプト・ファシリティーズ社が開発したビットコインのドル建て参考基準レートに基づいて算出が行われています。

ProShares Bitcoin Strategy ETF(BITO)は、2021年10月19日に上場して約4.9%上場し41.94ドルで取引を終えました。その後はやや値を下げており、2021年10月29日最終取引において1口あたり40.39ドルで取引を終了しています。売買代金は約10億ドル近くとなっています。

取引は1口から取引が可能となっており、経費率は0.95%に設定されています。



米国の上場投資信託(ETF)の取引におすすめな証券会社

ビットコイン先物ETF「ProShares Bitcoin Strategy ETF(BITO)」が上場しましたが、日本国内で取引できる証券会社は、2021年11月1日時点でサクソバンク証券のが取り扱いをしていましたが、現在は国内での取り扱いを停止しています。

サクソバンク証券は、外国市場(米国、欧州、香港)に上場しているETFを約2700銘柄以上と日本国内の証券会社では最多な取り扱いな他、米国株が約6,000銘柄以上、中国株、欧州株が約2,000銘柄以上取り扱っています。

取引手数料は、米国市場に上場するETFであれば約定代金に対して0.025%で取引できます。また、米国の個別株も0.20%(最低5ドル、上限15米ドル)で取引できます。その他、欧州株が0.5%、中国株が0.20%で取引できます。

今回のビットコイン先物ETFである「ProShares Bitcoin Strategy ETF(BITO)」についても、売買手数料0.025%で取引が可能で、ビットコイン先物ETFに低コストで取引が可能です。

サクソバンク証券は2021年10月より一般口座に加え、特定口座(源泉徴収有り、無し)に対応しました。サクソバンク証券の詳細や口座開設のお申し込みは以下公式サイトよりお願いいたします。

サクソバンク証券公式サイト

株式投資で外国市場に分散投資するにあたり、国内の証券会社であれば取扱銘柄が少ない問題があります。今回紹介するサクソバンク証券は米国と欧州を始めと...



関連記事

過去10年で株価3倍!長期資産形成が期待できるS&P500に連動する上場投資信託...

ETFとFXの2つが自動売買できる「自動売買セレクト」の魅力を紹介

東証から中国ETFへの投資が可能に!日中ETFコネクティビティの概要を解説

台湾株式市場全体に投資可能な上場投資信託(ETF)を紹介

楽天証券のクレジットカードによる投信積立サービスの概要を解説

ポイント投資サービス「マネーハッチ」の概要を徹底解説