保有中の現物株を貸せる貸株サービスの特徴を徹底解説

株式投資は売却益と配当金、株主優待といった利益獲得方法がありますが、それ以外にも保有中の現物株を貸し出すことができる「貸株サービス」を提供している証券会社があります。保有しているが、評価損が出て塩漬けになっている、保有中の株式をもっと有効活用したい場合に選択肢として検討できます。今回は貸株サービスの特徴を解説します。

貸株サービスは保有中の現物株を証券会社に貸すサービス

貸株サービスは、現在保有している現物株を証券会社に対して貸し出すことができるサービスです。保有してる現物株を貸すことで、賃借料に該当する金利を証券会社から受け取ることができます。

株式投資では、一般的に株式の売却益の他、配当金、株主優待といった利益獲得方法がありますが、保有している現物株を貸し出すことで、金利を受け取ることが可能になりますので、保有している現物株をより有効に活用することができます。

貸株サービスは、大手のネット証券でも提供しており、SBI証券の他、楽天証券マネックス証券松井証券で提供しています。



貸株サービスの仕組み

証券会社が株を借りる理由としては、信用取引において空売りなどの注文があった際に、在庫として保有するという目的があります。

多くの証券会社では、信用取引サービスとして空売りを提供していますが、空売り注文が発生した場合は、予め保有している該当銘柄の現物株を保有しておく必要がります。

証券会社が別ルートで現物株を調達することもありますが、顧客から保有する現物株を借りることで、在庫を潤沢に保有し、機関投資家といった大口の投資家からの注文が発生した場合においても備えることができます。

信用取引で空売りを利用する場合においても、株を借りる際に金利を支払う必要があります。空売りについての詳細は以下の記事で詳しく紹介していますので合わせてご覧ください。

株式投資では買った後に株価が上昇することで値上がり益を狙うことが一般的に行われている投資方法ですが、空売りを利用することで、株価が下落局面におい...



貸株サービスで得られる金利は年率1%から10%程度

貸株サービスで現物株を貸し出すことで得られる金利は年率1%から高くても10%となっています。低金利が続いている中、現金を銀行預金にあずけているのに比べると金利は高くなりますが、金利の大小は銘柄の需要状況によって左右されます。

金利が高い銘柄は、空売り需要が高い銘柄で、特に東証マザーズなどに上場する新興企業の銘柄が多い特徴がります。新興企業の銘柄は浮動株比率が低く、ちょっとしたニュースで大きく株価が上下することから株式の値動きが激しい特徴があります。そのため、空売りの材料として活用しやすい特徴があります。

実際に受け取れる金額としては、100万円相当の株式を貸し出した場合は、年率1%であれば1万円、年率10%の銘柄であれば10万円の金利を1年間の受け取ることができます。



貸株サービスでは配当金や株主優待は受けられない

貸株サービスの短所としては、現物株を他人に貸し出すため、名義が変わってしまいます。そのため、配当金の受領や株主優待などは受領できなくなってしまします。また、株主総会の出席も同様に権利がなくなってしまいます。

しかしながら、証券会社では配当金や株主優待の権利確定日に合わせて、一時的に株式を返却できるサービスを提供しており、配当や優待を受け取りたい場合はそれらのサービスを利用することになります。

一方で、配当金については、貸株サービスを通じて配当金権利獲得日に貸し出していた場合は配当金相当額を証券会社から支払われます。ただし、税金を考えると配当金相当額は源泉徴収された後の金額で支払われる他、更に雑所得として課税対象になりますので、可能であれば配当金として受け取ることをおすすめします。

権利の設定については、証券会社毎に異なりますので以下紹介している各証券会社のホームページでご確認ください。

貸株サービスを提供している証券会社

貸株サービスは、SBI証券の他、楽天証券マネックス証券松井証券で提供しています。

SBI証券

SBI証券では、同社の証券口座で保有している現物株を貸し出すことができます。加えて、外国株で米国の現物株を保有していれば、米国株を貸し出すことも可能です。SBI証券では最高金利の上限無しで利用可能です。また、株式優待を得たい場合は、優待権利日になると自動的に株式返却が可能となります。

SBI証券公式サイト

楽天証券

楽天証券では、貸株サービスとして高金利な銘柄が多いのが特徴で年率1%以上の銘柄が460銘柄以上取り揃えています。また、株主優待の他、配当金受取時に一時的に返却することも可能です。また、金利優先の場合は貸株を自動で継続することで権利日には通常の5倍の金利を受け取ることができます。

楽天証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券では、ボーナス金利銘柄を多く取り揃えており、年率5%超の銘柄も多くあります。また、株主優待や配当金の受取時に自動的に一時返却することも可能で、金利だけではなく配当や優待も確実に受け取れます。また、マネックス証券では貸出中でも株式の売却が可能です。

マネックス証券公式サイト

松井証券

松井証券の貸株サービスは、最低金利が年率0.2%と他社より高めの金利設定となっているのが特徴です。一方で、対象銘柄がやや絞られていますが、確実に高い金利を得たいと考えている方におすすめです。株主優待や配当金の受取時に自動的に一時返却することも可能な他、株主優待や配当金を両方受け取れる権利獲得優先設定が可能です。

松井証券公式サイト

関連記事

長期投資において評価損が出た場合は損切りすべきか?

自然災害時における投資運用資産のリスク管理方法

日本株は何故上昇しないか?その理由と投資する上での対策

株はどのタイミングで売るべきか?売却で後悔しないための考え方

1株単位での株式売買実現に伴う制度変更の概要を詳しく解説

株式投資を行う上で確認したい6つの経済指標と情報収集のポイント