米国株のクラスとは何か?クラスA、B、Cの違いを分かりやすく解説

米国株に投資していると、銘柄によってクラスAやクラスBといった形でクラス分けをしている銘柄を見かけます。日本株ではこのような仕組みが存在しないため分かりづらい印象を受けますが、それぞれ上場する目的に合わせてクラス分けをしています。今回は米国株のクラス分けについて分かりやすく解説します。

米国株のクラスとは株式発行目的に応じて分けられる

米国株に投資する場合、日本株と異なる仕組みとして一部銘柄では同じ企業の株式の中でクラス分けされていることです。日本株ではこのような仕組みが無いため分かりづらい部分になりますが、このクラス分けは議決権の有無など、目的に応じてクラス分けされています。

例えば、有名な銘柄であれば、電子決済のVISA(V)がクラスAとB、Cの3種類を発行しており、証券取引所で自由に売買できるのはクラスAとなっています。

VISAのクラスAは証券取引所で自由に売買が可能ですが、クラスBは譲渡制限付きの株式で証券取引所で上場していないため自由に売買ができません。クラスCはクラスAの発行済株式総数の15%を超えて保有する場合はクラスCへ転換されます。

つまり、クラスAは市場で自由に売買できる株式、クラスBは譲渡制限付き株式、クラスCは大株主向けに発行した株式となります。ちなみにクラスCは日本の三井住友カードが40%程度保有しています。

しかしながら、クラス分けについては銘柄によってその目的は異なりますので、各銘柄の詳細については投資情報のウェブサイトをご覧ください。



米国株の一部銘柄でクラス分けを行う理由

米国株の一部銘柄でクラス分けする理由として以下2つの理由があります。

1.投資家から資金を集めやすくする

クラス分けをする理由として考えられる理由として、多くの投資家から資金調達を容易にするためです。企業が株式を上場する理由は資金調達のためでありますが、まずは投資家から自由に売買する枠を作成することで、多くの投資家から資金を集めます。

2.経営の自由度を維持するため

経営の自由度を維持する目的でクラス分けを行い、市場で自由に売買できる枠と創業者などが保有する枠を分けることで、より多くの投資家から資金を実現しつつ、経営への自由度を維持することが可能になります。

もしクラス分けをしていなかった場合、資金調達は期待できる反面、大型買収をされる懸念があり経営への自由度が損なわれる懸念があります。



米国株の投資におすすめな証券会社

米国株への投資を検討している場合、取り扱い銘柄数が約6,000と多く、売買手数料が安いサクソバンク証券がおすすめです。

サクソバンク証券 SBI証券 楽天証券 マネックス証券
米国株取扱数 約6,000銘柄 約5,000銘柄 約4,600銘柄 約4,500銘柄
売買手数料 0.20% 0.45% 0.45% 0.45%
最低手数料 5米ドル 0米ドル 0米ドル 0米ドル
上限手数料 15米ドル 20米ドル 20米ドル 20米ドル

ネット証券各社の米国株と取引手数料比較

同社は米国株を約6000銘柄取り扱っており、国内のネット証券の中では取り扱い銘柄数は最多となっております。また、売買手数料についても約定代金に対して0.20%に設定されており、最低5ドル、最高でも15ドルに設定されており、国内のネット証券の平均0.45%の手数料に比べると、お得に取引が可能となっています。

米国株以外にも欧州株が約2000銘柄、中国本土株と香港株合わせて約2500銘柄取り扱っており、米国だけではなく、欧州や中国などグローバル規模に投資したい方にはおすすめです。

サクソバンク証券についての詳細は以下の記事または同社公式サイトをご覧ください。

サクソバンク証券公式サイト



関連記事

米国株の信用取引はできる?国内の現状と利用可能な証券会社を紹介

米国株式市場のクリスマスから年末年始における休場日を解説

過去10年で株価3倍!長期資産形成が期待できるS&P500に連動する上場投資信託...

米国株の配当はいつ支払われる?配当支払い回数と利回りを紹介

米大統領就任3年目は株価は上がりやすい?米国大統領選挙と米国株式相場の関係性

マネックス証券が外国株の情報収集が日本語で可能な「銘柄スカウター」をリリース!